蜀は天然の要害!具体的にはどんな要害なの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

漢中王になる劉備

 

「蜀」は当時の三国時代の「益州(えきしゅう)」に相当し、劉備(りゅうび)諸葛亮(しょかつりょう)らの助けを得て建国した場所です。

 

祁山、街亭

 

蜀は当時から「天然の要害」と言われていますが、それは具体的にはどのような場所だったのでしょうか?

 

羅憲

 

今回の記事ではその「蜀」について探ってみようと思います。




「天然の要害」の意味と「蜀」の場所

真田丸 真田幸村

 

「天然の要害」とは「地形が険しく、守るのに有利な場所」を指します。日本では真田幸村(さなだゆきむら)らが立てこもった「上田城」などが有名です。そんな天然の要害と言われる「蜀」は当時の行政区分で「益州」になります。今の中国でいうと四川省、湖北省一帯そして雲南省の一部です。

宴会をして劉備をもてなす劉璋

 

この地は後漢時代には劉璋(りゅうしょう)がおさめていましたが、その支配に満足できない配下らが劉備を招きよせ、のちに劉備が劉璋を追い出し、支配することになります。

 

法正、劉璋、劉備

 

益州の地は天然の要害に加え、「天府」(天国)とも言われ、気候も温暖で農業にも適した土地でした。

 

【諸葛亮も口出しできなかった天才軍師・法正の闇】
法正

 




北部には険しい山々が連なる

祁山、街亭

 

蜀の北部には2000メートル級の険しい山々が連なっていました。最高峰の「太白山」は3767メートルで富士山並の高さです。この山々は「秦嶺山脈(しんれいさんみゃく)」といい、ジャイアントパンダなども生息していることで有名です。漢中方面から蜀に攻め入るにはそれらの山々を越えるか、「桟道」を渡らなければなりません。

 

左遷される劉邦

 

「桟道」とは崖に穴をあけ、そこに杭を打ち込み、その杭の上に木の板を敷いた道でとても危険です。これらの道は総称して「蜀道(しょくどう)(けん)」とも言われ、唐の詩人「李白(りはく)」は「蜀道の難は青天に上るより難し」と詩っています。

 

挑発する諸葛亮孔明

 

諸葛亮は「大剣山」と「小剣山」の間に関を築き(剣閣(けんかく))、蜀の防衛の要としました。関の両端には断崖絶壁がそそり立ち、まさに「天然の要害」にふさわしい威容を見せています。魏の蜀への侵攻の際には、ここに姜維が立てこもり、必死の抵抗をしました。

 

関連記事:姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!!

関連記事:危険な道「蜀の桟道」はどうやって作る?どう使った?

 

東部には「三峡の険」が立ちはだかる

三国志の武器 虎戦車 諸葛亮孔明

 

益州東部に位置するのは「荊州(けいしゅう)」ですが、益州から荊州に行くには長江の流れに乗ればいいだけで比較的容易です。しかし、荊州から益州に攻め入るのは簡単なことではありません。荊州から益州に行くには長江をさかのぼらなければならず、その長江には「三峡(さんきょう)の険」と言われる難所がありました。「三峡」とは「瞿塘峡(くとうきょう)」「巫峡(ふきょう)」「西陵峡(せいりょうきょう)」の事を指します。

 

兵糧を運ぶ兵士

 

いずれも沿岸には急峻な崖や山々がそびえたち、大軍を率いて上るのは容易なことではありませんでした。この「三峡の険」は急流、障害物、浅い場所と深い場所が入り組んでいたり大変な難所だったようです。ちなみに現在は「三峡ダム」が建設され、長江の流れは大きく変わっているようです。

 

関連記事:難攻不落の「剣門関(けんもんかん)」はどんな場所なの?剣門関の成り立ち

関連記事:曹真大雨に泣く!蜀を滅ぼす好機を逸した子午の役

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

蜀を攻めるには?魏の蜀征伐

司馬昭から蜀の討伐を命じられる鍾会と鄧艾(トウ艾)

 

三国時代末期、魏は蜀の征伐を決意し、出兵します。蜀の東部は呉の領地ですから、魏は北から攻めるしかありません。魏は「鐘会(しょうかい)」「鄧艾(とうがい)」を派遣します。蜀は姜維が「剣閣」に立てこもり、必死の抵抗をします。

 

三国志 剣閣のお城

 

流石に剣閣は強固で、数か月にわたり攻防戦が繰り広げられましたが、一向に陥落しません。

 

前人未到のルートで蜀にたどり着いた鄧艾(トウ艾)

 

そこで鄧艾は剣閣を迂回し、そびえたつ山々を越えて蜀の首都成都を急襲し、蜀を降伏させることに成功しました。

 

毛布に包まり崖を転げ落ちる鄧艾(トウ艾)

 

このルートは前人未到であり、鄧艾軍は山を削り、桟道を作り、時には崖から転げ落ちながら必死に行軍したようです。

 

【蜀漢平定の功労者 トウ艾】
トウ艾

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>
  • コメント: 0

関連記事

  1. はじめての変

    集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち

    25人もの息子に恵まれた曹操(そうそう)と…

  2. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  3. テレビを見る朱霊
  4. 一騎当千 Animation Art Works Ⅱ 呂蒙 引用

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP