劉備と孔明はカブ仲間?実はとっても実用的だった劉備の家庭菜園




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

土いじりをする劉備

 

三国志演義では母子家庭の貧しいムシロ売りとして登場する劉備。面白い事に正史でも陽平関で劉備が曹操に「沓売(くつう)りの小倅(こせがれ)分際(ぶんざい)で」と罵倒されるシーンがあり劉備の貧乏アイコンとして定着している様子が窺えます。

 

正史三国志_書類

 

そんな劉備、正史で曹操の居候していた頃に曹操の警戒心を逃れようと家庭菜園で汗を流していたと記録されています。この時、劉備が栽培していたのはカブでしたが、なんとカブは中国では諸葛菜(しょかつさい)と呼ばれているのです。

 

今回は偶然とは思えない劉備と孔明のカブについての繋がりを解説してみましょう。




劉備と孔明はカブ仲間?ザックリ

人形劇三国志の語り手風 kawausoさん、おとぼけさん

 

では、最初に今回の記事の内容をザックリと解説します。

 

三国志演義で曹操の所で居候して家庭菜園を手入れしている劉備の描写は

正史三国志先主伝が引く呉歴(ごれき)に登場するエピソードが元ネタ

呉歴では劉備がカブを栽培していた事が記録される。
カブは中国では諸葛菜と呼ばれ、南征で栄養不足に陥った蜀軍の為に

諸葛亮が軍営の近くで栽培したのが始まりとされる

カブは春と秋に栽培でき、生でも煮ても食べられ、根以外にも葉も茎も

食べる事が出来、ビタミンCやカリウム、葉酸(ようさん)、β-カロテン、カルシウム、ビタミンB₂やビタミンC、鉄、

食物繊維等、栄養素が豊富な野菜である。

官渡の戦いの頃、曹操の陣営ではまだ屯田制が軌道に乗っておらず食糧不足が見られていたので、

劉備は自分の兵士を養う名目で家庭菜園を持っていたのではないか?

 

以上がこの記事のザックリとした内容です。

ここからは、もう少し記事の内容を詳しく見て行こうと思います。

 

関連記事:脾肉の嘆とは?劉備激白!「8年で20キロ太りました」

関連記事:劉備はなぜ死んでしまったの?その原因を徹底分析




呉歴のエピソード

魏晋世語(書類)

 

正史三国志先主伝が引く、胡沖(こちゅう)の呉歴によると

 


 

処刑を下す曹操

 

曹操は、しばしば腹心に客将の様子をうかがわせ食事に招待しては理由をつけて殺害していた。劉備が閉門して庭で人と蔓菁(まんせい)(自生のカブ)を植えていると曹操の派遣した人が中の様子を窺った。

 

張飛と劉備

 

人が去ると劉備は関羽と張飛を呼び、「私が野良仕事の真似をしたのは曹操の猜疑心を解くためだったが、それも無駄だったようだ。これ以上ここには居られない」と告げると夜中に後手の柵を開けて逃げ出し、曹操から受け取った宝物は全て使わずに封をして返却し小沛(しょうはい)で兵士を集めた。

 


 

kawauso

 

このようにあり劉備が曹操の猜疑心を解こうと家庭菜園で蕪を栽培していたとします。ただ、これは正史の記述と矛盾していて事実ではなさそうです。しかし、貧しいムシロ売りの劉備が野良仕事をしてカブを栽培した逸話は面白おかしく、三国志演義で採用され、おおむねそのまま使用されました。

 

関連記事:【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介

関連記事:魏の名将、鄧艾と屯田の深い関係とは?

 

【南蛮征伐特を思いっきり楽しむ特集】
南蛮征伐特集

 

 

諸葛孔明が戦場で植えたカブ

孔明君のジャングル探検

 

ところが、劉備が植えたカブの話はここで終わらず諸葛孔明に引き継がれます。劉備の死後に蜀の政治を主導した諸葛孔明は、後顧の憂いを断とうと南征を試みますが、10万の大軍を率いての遠征で兵士は野菜不足になり、バタバタと病気に倒れました。

 

病気になった兵士

 

これはいけない、なんとかしなくてはと思案した孔明が目をつけたのが自生の蔓菁(カブ)です。カブはやせた土地でも早く大きく育ち、葉も茎も根も食べられ生でも煮ても美味しく、また干して漬ければ保存食になる上に栄養価も高かったのです。

 

饅頭を作る孔明

 

諸葛亮は兵舎の周囲でカブを栽培させつつ南征を進めて成功させ、帰国する時にカブを持ち帰り各地で栽培させたそうで、当時の人々は蔓菁を諸葛菜と呼ぶようになったというお話です。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

この話が事実かどうかはさておきますが、カブは中国最古の詩編である詩経(しきょう)にも登場し、確実に2000年以上前から中国人に知られ食べられている野菜ではあります。カブ栽培を始めた最初の人が孔明じゃなくても、孔明が兵舎の周囲でカブを栽培した事実は十分にあり得る話ではないでしょうか?

 

関連記事:孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

 

劉備も食糧不足に備えたのでは?

食客に成り下がる劉備

 

さて、劉備の話に戻りますと、劉備が曹操に居候していたのは官渡決戦の直前の時期であり、屯田は始まっているものの、目に見えた実績は上がっていない時代です。曹操は官渡の戦いでも食糧不足に苦しんでいるので、劉備も部下が飢えないように自宅の庭で野菜を栽培していた可能性はゼロではなさそうです。

 

酒を飲む曹操と劉備

 

実際、劉備は何度も戦場で飢えに苦しんでいて、まずは食べるモノを確保するという意識が染みついていたので普段から野菜栽培をしていて、孔明はそれを見ていて南征でも、カブを栽培して食糧不足に備えたとも考えられないでしょうか?

 

忙しい方にざっくり解答03 kawausoさん

 

三国志演義では、ユーモラスで間の抜けた話に見える劉備の家庭菜園は、曹操の猜疑心を取り払うカモフラージュではなく、乱世で生き残る為、劉備が身につけた強かな作戦だったと考える事も出来そうです。

 

関連記事:【諸葛孔明の発明】伝説肉まんから紙芝居まで?

関連記事:【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった

 

カブの栄養価

ご飯を食べる薩摩藩士

 

カブにはビタミンCやカリウム、食物繊維、でんぷんを分解する消化酵素であるアミラーゼが豊富に含まれています。またカブの94%は水分で栄養価は大根とほぼ同じです。また葉も栄養価が高く、葉酸、β-カロテン、カルシウム、ビタミンB₂やビタミンC、鉄、食物繊維が豊富に含まれます。カブは特に葉っぱに重要な栄養素が含まれているので、葉っぱも捨てずに工夫して食べて栄養分を摂取したいですね。

 

関連記事:孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?

関連記事:北方三国志に登場する張飛の野戦料理!戦いを終えた者たちが食する『漢の料理』

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は劉備も孔明も戦場の食事として注目したカブについて解説してみました。曹操の猜疑心から逃れる為の方便として語られる劉備の家庭菜園ですが、実際には食糧不足が厳しい曹操軍の中で劉備が兵士を養う為に実利面から畑を耕していたと考えると、伊達に何十年も戦場を渡り歩いていない劉備の強かさが見えてきますね。

 

参考文献:正史三国志

 

関連記事:諸葛孔明の遺産はどのくらい残った?

関連記事:劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル

 




関連記事

  1. 食客に成り下がる劉備
  2. 劉琮
  3. 曹操から逃げ続ける劉備
  4. 関羽が大好きすぎる曹操
  5. 漢中王になる劉備
  6. 朝まで三国志 劉備

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 8月 08日

    劉備は名声を上げる努力として清貧をやっていたんじゃないかな。儒者の盧植や鄭玄から教えを受けて、孔融なんかとも交流していたわけだし。
    貧乏を見せる行為はあざといけど見る人が見ればそれなりに評価を高める事ができます。草履の話はその代表だと私は思ってます。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP