夏侯惇将軍の正しい名前の読み方は、かこうとん?かこうじゅん?どっち?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

李邈

 

三国志には色々な人物が出てきますね。そんなたくさんの人物を覚えられないよーってことも良くあることです。また、昔は出てきた人物の名前が読めなかったことも筆者は一度や二度じゃありませんでした。

 

夏侯惇

 

今回はそんな三国志の人物の一人、夏侯惇(かこうとん)の名前の読み方について、一度話してみたいと思います。

 




夏候惇/夏侯惇

曹操と夏侯惇

 

夏侯は性、名は惇、そして字は元譲(げんじょう)曹操(そうそう)の功臣であり、旗揚げ時からの長い付き合いの一人です。

 

曹操と夏侯惇

 

同じく曹操に仕えた夏侯淵(かこうえん)は従兄弟で、曹操自身とも親戚になります。因みに三国志演義では夏侯淵は弟になっており、そのイメージから現代における創作物ではこの従兄弟たちは兄弟のような関係として描かれているものも多く見られますね。

 

関連記事:夏侯淵とはどんな人?猛将の裏の顔は補給の達人

関連記事:惇兄ィじゃない方とか呼ぶな!実は補給と戦争の達人・夏侯淵特集

関連記事:夏侯惇と夏侯淵ってどんな逸話があるの?

 




 

夏侯惇は、かこうとん?かこうじゅん?

実は文官タイプだった夏侯惇

 

さて夏候惇、皆さんはどう読んでいますか?

 

おそらく、多くの方が「かこうとん」と読んでいることでしょう。ですがもしかしたら中には「かこうじゅん」と読んでいる人もいるのでは?これにはそこそこ深い理由があるのです。

 

関連記事:不臣の礼からわかる激動の時代!曹操と夏侯惇の立場

関連記事:夏侯惇の空白の10年を深読み

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

 

吉川三国志から……?

同年小録(書物・書類)

 

まず日本において非常に広く三国志を広めるきっかけとなった吉川三国志(よしかわさんごくし)。この吉川三国志は三国志演義、もしくは通俗三国志がベースとも言われており、日本人向けにしつつもしっかりと吉川先生の三国志に対する思いが伝わってくる珠玉の逸品となっています。

 

あと張コウが何回も死んでおどろく

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

この吉川三国志において夏侯惇の読み方は当時の読み方にならって「かこうじゅん」になっているので、吉川三国志に慣れ親しんだ人は「かこうとん?」と違和感を覚える人もいることでしょう。

 

関連記事:衝撃の魏延焼殺作戦!吉川英治と『通俗三国志』

関連記事:「北方三国志」と「吉川三国志」の違いとは?

関連記事:読者の声『吉川三国志を読みながら並行して利用。場所・人物が膨大でその都度検索して理解するのに役に立つ

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 

横山三国志の読み方

北方謙三 三国志を読む桃園三兄弟 劉備、関羽、張飛

 

因みに横山三国志(よこやまさんごくし)で夏候惇の読み方はどうなっているかと言うと、吉川三国志をベースとしているために序盤は「かこうじゅん」となっています。ただ横山三国志は1971年から1986年までの長い連載期間があったこともあり、途中から「かこうとん」の読み方に変更されています。なのではっきりと中国語読みしている訳ではありませんが、かこうとん、という呼び方の方が本来の読みに近いのです。

 

ではどうしてこんな誤読が起こったのでしょうか?

 

関連記事:魏延と馬岱は被害者!横山光輝『三国志』の魏延排除計画を考察

関連記事:横山三国志は三国志演義とはちょっと違う?序盤の劉備の活躍が多めな点を考察

関連記事:【横山光輝三国志】イリュージョンで世を去る諸葛亮

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP