姜維と陳寿は面識があった?陳寿の姜維への評価が辛辣な理由




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

晋蜀の産まれ 陳寿

 

陳寿(ちんじゅ)は正史「三国志」の著者です。彼は三国志を記すにあたり、各人物の「伝」(伝記)に「評」といって各人の評価を書いています。

 

姜維

 

陳寿はもともと蜀に仕えていた人ですが、その蜀末期の中心人物「姜維(きょうい)」についての評価はとても気になります。今回の記事ではそんな陳寿の姜維評と陳寿という人物にも触れてみます。

 




姜維の生涯

孔明と姜維

 

姜維は現在でも評価が分かれる人物ですが、その生涯を正史「三国志」から探ってみます。彼は涼州(りょうしゅう)の天水地方に生まれ、かの地の豪族の出身でした。始めは魏に仕えていましたが、諸葛亮(しょかつりょう)の北伐の際に蜀に降伏しています。

 

姜維と孔明

 

その後は諸葛亮にその才能を高く評価され、徐々に蜀軍で存在感を増していきます。諸葛亮亡きあとは蔣琬(しょうえん)費禕(ひい)が蜀の実権を握り、内政中心の政治を行います。

 

北伐したい姜維を止める費禕

 

姜維は度々大規模な北伐を計画していましたが、蔣琬、費禕が存命の内は大きな戦をすることはできませんでした。

 

費禕の没後、北伐の準備に取り掛かる姜維

 

しかし彼らが亡くなった後、軍権を握った姜維は度々大規模な北伐を決行。時折戦果を挙げたものの、魏を倒すことは出来ず、蜀の国力を疲弊させていきます。

 

姜維怨嗟の声

 

宮廷では宦官が力を持ち、国内は乱れていきます。そんな中、魏が蜀に侵攻し、蜀は滅亡。

 

殺害される姜維と鍾会

 

姜維は魏に降伏した後、反乱を計画しますが失敗し、殺されてしまいます。

 

関連記事:蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?

関連記事:蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?

 

北伐の真実に迫る

北伐

 




陳寿の姜維の評価は?

正史三国志を執筆する陳寿

 

「三国志姜維伝」の最後に陳寿は姜維をこのように評価しています。「姜維は文武に優れ、志は高かったが、やみくもに軍を動かし、結果的に蜀の滅亡を早めた。

 

老子(ろうし)(紀元前6世紀ころの道教の始祖)は言った。“大きな国を治める時は、小魚を煮る様に無闇にかき回さずじっとしたほうが良い。”(大国を治むるは小鮮(しょうせん)()るが若し)蜀は小さな国だったのに、しばしばかき回すのはいかがなものだろうか?」と、厳しく姜維の事を評価しています。

 

陳寿は「三国志」において、淡々とその人の業績を記しているのですが、最後の「評」では感情的になることもあるようです。

 

関連記事:老子っていつ生まれて何をしていた人なの?

関連記事:【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

 

【THE奇人・変人三国志よりイッてる人々】
春秋左氏伝

 

 

正史「三国志」の作者「陳寿」とは?

晋の陳寿

 

陳寿は「三国志」の著者ですが、三国志には陳寿本人の「伝」はありません。例えば「司馬遷(しばせん)」の「史記」にも本人の伝記がありますし、他の歴史書にも著者の列伝があることが多いので、これは珍しいことと言えます。

 

晋の陳寿

 

陳寿の生涯はのちに編纂(へんさん)された「晋書(しんじょ)」によって知ることが出来ます。陳寿は益州(えきしゅう)の出身で、初めは蜀に仕えていました。しかし、父の喪中に体調を崩し、薬を作らせましたが、これが「親不孝だ」と言われ、あまり出世できませんでした。

 

これは当時の儒教の精神で、「親の喪中に自分の身を労わるなど親不孝である。」という今では理解しがたい価値観があったからでした。

 

羅憲

 

蜀滅亡後もこの評判のせいでなかなか仕官できませんでしたが、かつての同僚「羅憲(らけん)」によって推薦され、司馬炎(しばえん)の「西晋」に仕えることが出来ました。そして数々の歴史書や地方史を編纂しそれが高く評価され、「三国志」の編纂につながりました。

 

関連記事:永安攻防戦とは?姜維とは別の所で蜀を守った羅憲

関連記事:羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる

 

【蜀のマイナー武将列伝】
蜀のマイナー武将列伝

 

 

姜維と陳寿、接点はあったのか?

陳寿(晋)

 

姜維に対して辛辣な評価をした陳寿でしたが、二人の接点はあったのでしょうか?

 

無残な最期を遂げた姜維と鍾会

 

姜維が蜀に仕えたのは228年ころで亡くなったのが蜀滅亡の1年後の264年です。一方陳寿が蜀に仕えたのは正確には不明ですが、陳寿の生まれが233年ですので、250年前後には蜀に仕官し、蜀滅亡まで10年くらいは働いていたと考えられます。

 

北伐したくてたまらない姜維

 

と、いうことは姜維がバリバリ北伐を決行していたころ陳寿はそれを宮廷で見ていたことになりますね。陳寿は蜀で司書のような仕事をしていたそうで、姜維と直接会っていたかどうかは微妙ですが、恐らく彼の評判は大いに聞いていたでしょう。

 

姜維

 

陳寿は宮廷の混乱ぶりや国の荒廃も感じていたでしょうから、それが姜維への辛辣な評価につながったのかもしれませんね。ただ、陳寿は宮廷の宦官と対立し、成都から左遷されていた、という話もあります。

 

関連記事:出自が正反対の鄧艾と鍾会、蜀を滅ぼした功績者の悲しい末路

関連記事:「劉備くらいにはなれる」と豪語した鍾会、本当に身の程知らずの野望だったの?

 

【邪悪なエリート官僚が起こした乱】
鍾会の乱

 

別れる姜維への評価

蜀の姜維

 

陳寿は姜維を辛辣に評価しましたが、他の人の姜維への評価は分かれています。

 

裴松之(歴史作家)

 

例えば三国志に「注」(追加の文章)を付けた「裴松之(はいしょうし)」は三国志本文での姜維の失敗に対して、ことごとくそれを擁護するような文を注釈としてつけています。これらの文章はのちの小説「三国志演義」の基になったと考えられます。

 

関連記事:正史三国志の見どころ?裴松之先生の注釈が面白い!

関連記事:古の軍師、張良に陳寿と裴松之もぞっこんほれ込む?

関連記事:情熱たっぷり?裴松之の注は好き嫌いが良く出ている(笑)

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

陳寿は姜維に対して厳しい目をしていたようですが、それは自分の職場を乱されてしまった姜維に対しての嫌みも若干あったかもしれません。一方自分を推薦してくれた「羅憲」に対しては絶賛しています。「三国志」本文では陳寿の肉声は殆ど感じられませんが、このようなことから陳寿の人柄が少しだけ感じられますね。

 

関連記事:姜維の死因とは?魏兵に切り刻まれ、肝を取り出された姜維の壮絶な最期に迫る!

関連記事:姜維の度重なる北伐!戦果はあったのか?

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル

 




関連記事

  1. 本当は蜀と同名を結びたい孫権

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP