キングダム698話ネタバレ予想「秦王政は桓騎にどんな御仕置きをするの?」




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawausoさんのキングダムがキター!

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。697話では、投降兵を大虐殺した桓騎(かんき)に対して秦王政が昌平君の直属部隊を率いて出発し桓騎の陣営に到着するまでが描かれました。

 

これまでの雰囲気を見ると大虐殺を阻止できなかった事を悔いている様子の秦王政ですが、桓騎に対してどんな処分を降すのでしょうか?

 




 

キングダム698話ネタバレ予想「史実にある政の行動」

水滸伝って何? 書類や本

 

秦王政の今回の行動はフィクションのように思いますが、史記の秦始皇本紀には、以下のような記述があります。

 

始皇十三年、桓齮が趙の平陽を攻め、趙の将軍扈輒(こちょう)を殺し首を斬ること十万。王、河南(かなん)に赴く。正月彗星が東方に見わる。十月桓齮が趙を攻める。

 

このように、秦王政は河南に向かっていていますが、河南とは黄河の南の事であり趙の平陽は河南のエリアに入ります。つまり政が咸陽から移動したのは事実です。(桓騎に会いに行ったかどうかまでは分かりません)

 

そして、秦王政が河南に赴いた後に正月、彗星が東方に出現し、十月には桓騎が趙攻めを再開している事になります。

 

関連記事:キングダム681話ネタバレ飛信隊歩兵ファイト一発「強靭な力」レビュー考察

関連記事:キングダム681ネタバレ予想「桓騎軍逃げる」

 




 

キングダム698話ネタバレ予想「桓騎は更迭される」

嬴政(始皇帝)

 

秦始皇本紀の記述を見ると、正月に越年した上で桓騎が十月に趙を攻めるとあり、かなり期間が空いている事が分かります。そのため、秦王政は一時桓騎を更迭して咸陽に送り返し、別の将軍に現場を任せてしばらく事態を静観したのではないでしょうか?

 

敗北する桓騎

 

虐殺を引き起こした桓騎が攻略を続けた場合、趙国の人々の無用な敵愾心(てきがいしん)を煽るので、一時は侵攻を停止し、趙の出方を見ると同時に桓騎に頭を冷やさせる狙いがあるとも考えられます。

 

関連記事:キングダムネタバレ683話雷土が大失敗!「バカ親子」レビュー考察

関連記事:キングダム682話ネタバレ龍白公の親バカ炸裂!「崖上の攻防」レビュー考察

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム698話ネタバレ予想「秦王政が虐殺者の慰霊をする」

曹操のお墓(曹操高陵)

 

もうひとつ、秦王政の河南行きには、頭だけを集められて無残に焼き捨てられた趙兵の慰霊の名目もありそうです。野ざらしにされた遺骨を集めて慰霊する事で虐殺は本意ではなく、今後、こういう事が二度と起きる事は無いと六ヵ国へPRする狙いがあります。

 

誰でもなく王が慰霊する事で、今回の虐殺が桓騎の上官である自分にある事を内外に示す事で趙の国民感情を緩和する狙いもある事でしょう。

 

 

また、その様子を見た正義まっしぐらの飛信隊も嬴政(えいせい)は他の君主とは違う、立派な君主だと認識を新たにするかも知れません。

 

関連記事:キングダム687話ネタバレ尾平が戦場デビュー「痛み」レビュー考察

関連記事:キングダム684話ネタバレ亜花錦大活躍「奇襲の別動隊」レビュー考察

 

キングダム698話ネタバレ予想「趙攻略を延期する」

李牧

 

もうひとつ考えられるのは、虐殺に対する責任の取り方として一定期間、趙を攻めるのを停止するという事も考えられます。秦では六国を滅ぼすのは時間との戦いと認識していて、趙を滅ぼすのに時間を掛けるのは天下統一を難しくする事ですが、嬴政のケジメの取り方として秦軍全体で虐殺に対して喪に服すとして、あちらから攻めてこない限りは攻撃を控えるかも知れません。

 

漫画としても、こうしておけば大軍を展開しているのに動く様子がない王翦と楊端和の軍勢の動向についても一定の説明をつける事が可能です。

 

関連記事:キングダム689話ネタバレ大仏全然死なず「最大の娯楽」レビュー考察

関連記事:キングダム688話ネタバレ尾平!矛持っといて「動きの勝負」レビュー考察

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム
  2. kawauso
  3. キングダム55巻
  4. キングダム
  5. kawausoさんのキングダムがキター!

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 11月 03日

    青空取調室。。太々しい被疑者桓騎。。取調官セイ。。。激しい取調問答の応酬。。同席弁護士マロンの涙ながらの弁護。。。眼を血せる検察事務官のジジイ
    取調官セイは被疑者からちゃんと調書を取れるのか?
    最後はカツ丼食うか?で〆???




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP