曹操の理解者と言える存在、郭嘉が曹操に愛された理由とは?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

魏王に就任する曹操

 

乱世の勧誘……じゃない、奸雄とも称された曹操(そうそう)

 

曹操が手元に置いておきたかった韓浩

 

彼の元には数多くの名将たちが揃い、魏という大国を作り上げました。しかしその過程でもまた、数多くの名将たちが散っていきました。

 

郭嘉

 

今回はその中でも特別とも言える人物、郭嘉(かくか)と曹操の関係について考えてみましょう。

 




曹操との出会い

郭嘉を曹操に推薦する荀彧

 

さて郭嘉と曹操の出会いまではちょっと色々ありました。元々は戯志才(ぎしさい)という賢人が荀彧(じゅんいくによって曹操に紹介され、曹操は彼を気に入って厚遇するものの、早世します。これを嘆いた曹操は荀彧に

 

郭嘉を推薦する荀彧

 

「策略を十分に相談できる人物がいなくなった。彼のような人物は誰かいないか」と相談して、荀彧が次に推薦したのが郭嘉です。なおこの戯志才、実在しないだの何だの色々言われていますが、それはまた別のお話。

 

関連記事:魏が人材の宝庫なのは荀彧による推挙のおかげ!

関連記事:荀彧の魅力ってなに?人材ネットワークをフル活用し曹操の覇業を支えた軍師

関連記事:敵を味方につける曹操の合理的人材登用

 

【己の信念に殉じた軍師・荀彧の特集】
荀彧特集

 




 

空箱フラグ(※そんなことはなかった)

郭嘉と曹操は意気投合

 

曹操と面会した郭嘉、二人は語り合い、意気投合します。郭嘉をとても気に入った曹操は喜び「わが大業を成就させるのはこの男である」とまで郭嘉を評価しました。

 

曹操と荀彧

 

因みに荀彧が曹操の元に来た時は「わが子房(張良(ちょうりょう))である」と喜んだのがまだ記憶に新しい頃ですね!

 

関連記事:古の軍師、張良に陳寿と裴松之もぞっこんほれ込む?

関連記事:漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!

関連記事:【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 

 

郭嘉の貢献

郭嘉

 

事実、郭嘉は曹操のために良く働きました。曹操の前半生である波乱万丈な日々を乗り越えたのも、ひとえに郭嘉の貢献あってのことでしょう。

 

郭嘉

 

袁紹(えんしょう)呂布(りょふ)との戦いでも郭嘉は多くの進言を曹操に行い、時に未来予知では?というような言葉さえ残しています。しかしそんな郭嘉の偉業は、烏丸討伐で終了しました。

 

曹操と郭嘉

 

郭嘉は帰還した時に病に倒れ、そのまま亡くなりました。38歳という若さで亡くなった郭嘉を、曹操は激しく痛み、惜しんだと言います。

 

関連記事:郭嘉の死因をあえて呪殺であったと仮定する!一番郭嘉を恨んでいた怨霊はだれ?

関連記事:どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる

関連記事:郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

 

曹操と郭嘉の関係

郭嘉が亡くなり悲しむ曹操

 

さて曹操はどうしてここまで郭嘉を寵愛したかと言うと、まずはその出会いにあると思います。

 

郭嘉

 

曹操は荀彧に零したように、自分と十分に語り合える相手が欲しかった。そしてその唯一とも言える存在が、郭嘉だったのでしょう。事実、郭嘉も曹操も機知に富んだ人物であり、才能を秘めた人物であるものの、素行は宜しくないという評価をされているように、才覚だけでなく、その性根の部分までどこか同じ人物であったのかもしれません。

 

郭嘉が亡くなり悲しむ曹操

 

そこまで通じ合った人物と出会えたからこそ、曹操は郭嘉を大事に思っていたのではないかと思います。

 

関連記事:陳羣への対応から分かる、郭嘉への曹操評価がおもしろい

関連記事:郭嘉が語った十勝十敗で曹操ご満悦!その巧みさに刮目せよ

 

【神算鬼謀なる知略で曹操の覇業を支えた郭嘉】
郭嘉特集

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 郭嘉
  2. 郭嘉の素行が悪いとキレる陳羣
  3. 早めに劉備を暗殺しようと曹操に献策する郭嘉
  4. 早めに劉備を暗殺しようと曹操に献策する郭嘉

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 11月 03日

    郭嘉のネタの7割近くが傅子です。傅子を鵜呑みするのはちょっと危険。郭嘉の過大評価を見直すべきかもしれませんよ。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP