曹操の理解者と言える存在、郭嘉が曹操に愛された理由とは?




荀彧の存在

荀彧(はじめての三国志)

 

そしてもう一つ、曹操が郭嘉を重用した理由に、荀彧の存在があると思います。

 

荀彧と曹操

 

曹操は荀彧もまた深く重用しました。荀彧もまた曹操に良く応えました。しかし皆様ご存知の通り、二人には「空箱」の一件があります。

 

空箱を受け取る荀彧

 

曹操と荀彧の間に本当は何があったのかは分かりません。ですが過程として曹操はいずれ漢王朝に反旗を翻すとして、荀彧はあくまで漢王朝の一臣下として、そう考えると、曹操にとって荀彧は、段々と目に付く存在になったのではないでしょうか。

 

関連記事:謎多き荀彧の死!本当に漢の忠臣として死んでいったのか

関連記事:魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】

 

【ぐっすり眠れる!ながら三国志】
ぐっすり眠れる!ながら三国志

 




 

荀彧の推挙

荀彧

 

また、荀彧の曹操への功績の一つに、数多くの名将を推挙したというのがあります。曹操としてもこれはとても嬉しいことでしょう。荀彧が見出した優秀な人物たちが自分の味方になってくれるのですから。

 

荀攸と荀彧

 

しかし、その人物たちはみんな「荀彧が推挙した人たち」なのです。

 

荀攸と荀彧

 

荀彧が推挙した人物たちは、当然ながら荀彧に恩義がある人物たちです。派閥があったとするなら、荀彧派でしょう。優秀で、素行良く、欠点もなく……そんな荀彧の推挙した人物が揃う中でも、郭嘉は曹操から見ても一線を画していたのではないでしょうか。

 

 

要は、郭嘉の荀彧とは違う素行の悪さが、曹操にとって非常に安心するものであったのではないか、と思います。

 

関連記事:【郭嘉】智謀を備え、曹操の理解者だった天才軍師・郭嘉の生涯

関連記事:郭嘉とはどんな人?荀彧以上に曹操に愛された秘密【年表付】

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




 

異端な存在、郭嘉

郭嘉

 

そして郭嘉は、曹操より一回り若いということも相まって、目をかけていたのではないでしょうか。自分の考えを理解して、自分と気が合って、気をおけず話せて、そして後事を託せる存在……曹操にとって、郭嘉とはそういう存在でもあったのではないかと思います。

 

袁術と郭嘉

 

魏の文官たちを少し並べてみると、郭嘉は少し異質、異端な存在です。

 

郭嘉

 

しかし曹操もまた、三国志の時代においてある種、異端であったのかもしれません。そんな状況で曹操にとっての幸運は、郭嘉という理解者を得たことであったのでしょう。そして曹操にとっての不幸とは、その郭嘉が誰よりも早く儚くなったことだったのかもしれませんね。

 

関連記事:郭嘉の性格の悪さは土地柄にあり?性格や品行で訴えられた郭嘉を考察

関連記事:郭嘉の功績とはどんなもの?提案は慌てず、クールに決める!

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

郭嘉の最大のポイントは、曹操より若かったことであったと筆者は思います。時代を託せる人物が自分より若かった、それが曹操にとっての安心だったのではないでしょうか。

 

だからこそ哀しい。

だからこそ痛ましい。

だからこそ……惜しい。

 

センさんのとぷんver1

 

その言葉が曹操の口からこぼれたのだと思わずにはいられません……ちゃぷり。

 

参考文献:魏書武帝記 郭嘉伝

 

関連記事:郭嘉が袁紹の軍師となっていた可能性を探ってみる

関連記事:司馬懿は仮病!もしも郭嘉が赤壁の戦いまで生きていたら?

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 




< 1

2

関連記事

  1. 郭嘉の素行が悪いとキレる陳羣
  2. 早めに劉備を暗殺しようと曹操に献策する郭嘉
  3. 早めに劉備を暗殺しようと曹操に献策する郭嘉
  4. 郭嘉

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 11月 03日

    郭嘉のネタの7割近くが傅子です。傅子を鵜呑みするのはちょっと危険。郭嘉の過大評価を見直すべきかもしれませんよ。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“三国志データベース"




PAGE TOP