【郭嘉】智謀を備え、曹操の理解者だった天才軍師・郭嘉の生涯




袁紹を裏切り兵糧庫の場所を曹操に教える許攸

 

曹操(そうそう)に仕えた軍師と言えば皆さんは誰を思い浮かべるでしょうか?

 

曹操に重宝される賈ク

 

優れた人材を好む曹操の下には綺羅星のごとく名軍師たちが集っていました。曹操を支えた智謀の士としては、荀彧(じゅんいく)荀攸(じゅんゆう)程昱(ていいく賈ク(かくが特に有名です。

 

郭嘉

 

しかし、今回は有名な彼らに比べて影が薄いイメージがある、郭嘉(かくか)に注目してみていきたいと思います。なお、今回の記事は正史三国志をベースに見ていきたいと思っております。




曹操への仕官

郭嘉

 

郭嘉は元々、豫州潁川郡(よしゅうえいせいぐん)の生まれであったと言われています。これは、曹操の第一の腹心と言っても良い荀彧と同郷です。

 

郭嘉を曹操に推薦する荀彧

 

この二人は荀彧の方が年上で、郭嘉はいわば荀彧の後輩と言っても良い存在だったのですね。若き日の曹操に仕えた荀彧は、まず同じ潁川郡出身者として戯志才(ぎしさい)なる人物を推挙します。彼は策略に長けた人物らしく、曹操は戯志才を重用しますが、戯志才は早くに亡くなります。

 

郭嘉を推薦する荀彧

 

そこで荀彧が次に推挙したのが地元の後輩であった郭嘉でした。こうして、郭嘉は曹操の部下となったのです。

 

関連記事:荀彧の魅力ってなに?人材ネットワークをフル活用し曹操の覇業を支えた軍師

関連記事:荀彧は頑固な性格?謎多き漢室への忠義

関連記事:荀彧の弟は袁紹にとっての荀彧?兄に負けない才を持った荀諶

 

【己の信念に殉じた軍師・荀彧の特集】
荀彧特集




曹操の軍師として

呂布にとどめを刺すよう曹操に献策する郭嘉

 

曹操に仕えた郭嘉は、軍師として曹操の戦いを支えていきます。呂布(りょふ)との戦いでは、下邳(かひ)に立て籠もった呂布を攻めるべく荀攸と共に水攻めを提案し、呂布を倒すことに貢献しています。

 

早めに劉備を暗殺しようと曹操に献策する郭嘉

 

また、呂布に追われた劉備(りゅうび)が曹操の下に逃げ込んだ時、程昱(ていいく)は劉備を将来の脅威になると考え、劉備を殺すことを曹操に進言しましたが、郭嘉は劉備を殺すことで曹操に対する世間の評判が下がるとして、劉備の暗殺に反対しています。

 

郭嘉

 

一方、郭嘉は劉備の実力を高く評価しており、呂布を倒した後に曹操が劉備を徐州(じょしゅう)に戻そうことに対しては反対しています。結局、曹操は劉備を徐州に派遣しましたが、郭嘉の予想通り劉備は徐州で自立し、曹操は河北の袁紹(えんしょう)と徐州の劉備に挟撃される不利な情勢となってしまいました。

 

関連記事:呂布の死因は2つの説が存在した!?豪傑呂布の死因を考察

関連記事:呂布が時々敗走している理由は?本当に最強なの?

関連記事:秦朗とはどんな人?呂布の部下の息子としては面目躍如?秦朗の末路

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

郭嘉の孫策評

呉の勢力を率いる孫策

 

曹操が官渡(かんと)の戦いで袁紹と戦っていた時、江南の小覇王・孫策(そんさく)が大軍で曹操の本拠地・許都を襲うという噂が飛び交ったことがありました。

 

孫策が早死すると予見する郭嘉

 

しかし、郭嘉は事態を冷静に分析し、「孫策は新たに江東を平定したばかりですが、孫策に粛清されたのは英雄豪傑で、彼らのためなら死ねるという者がいるような士でありました。

 

結婚を喜ぶ孫策

 

しかし孫策は軽率で備えも無く、百万の兵があろうとも中原を独りで歩いているのと異なりません。もし刺客が伏せていたなら、ただ一人を敵とするだけであります。従って私が思うに、必ずや匹夫の手で死ぬことでしょう」と評しました。

 

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

果たして、孫策は長江を渡ることなく、かつて粛清した許貢(きょこう)の部下に襲われ、その際の傷がもとで急死しています。このように、郭嘉は軍略のみならず人物を見抜くことにも長けていた稀有な天才だともいえるでしょう。

 

関連記事:孫策の許都攻略計画が成功したら三国志はどうなる?if三国志

関連記事:大失敗!孫策の許都襲撃計画と呉を滅亡から救った張紘

関連記事:大喬はどんな性格をしていた?実は性格すら分からない謎が多い孫策の妻

 

【孫策が惚れた漢】
太史慈

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 郭嘉

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 此花
    • 2021年 7月 27日

    袁紹のふりがなが「えんじゅつ」になってるという野暮なツッコミはともかく。郭嘉は具体例は伝えらえていないものの素行に問題があると度々陳羣につるし上げられており、曹操(才能重視・てか本人もやんちゃ)劉備(法正使ってんだからOK)のようなタイプならともかく孫権(生意気なやつ嫌い)とかだとうまくいかなかったような気はしやす。まず郭嘉のお眼鏡にかなわないとボロクソ言われて君臣関係成立しそうにないけども。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP