[三国志]曹仁の戦場:なぜ最強の将軍と称される?

2023年12月9日


張遼 カカロットーーーー!

 

みなさんは()の将軍の中で誰が最強だと思いますか。合肥の戦い(がっぴのたたかい)孫権(そんけん)をボコボコにした張遼(ちょうりょう)でしょうか。それとも軍の移動にかけては曹魏(そうぎ)一の速さを誇った夏侯淵(かこうえん)ですか。はたまた諸葛孔明(しょかつこうめい)劉備(りゅうび)が恐れた歴戦の将軍・張郃(ちょうこう)ですか。上記で上げた将軍達も魏の中でトップクラスの人物と言えます。

 

 

曹仁

 

 

しかしレンは曹仁こそ魏の中で最強の将軍だったと思います。今回は曹仁(そうじん)が最強たる所以をここで紹介していきたいと思います。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



曹仁の最強たる所以はチート級の武勇を示した所!!

曹仁

 

曹仁が最強たる所以は、チート級の武勇を示している所です。一体曹仁がどの戦いでチート級の武勇を示したのでしょうか。

 

それは赤壁の戦いの後に起きた江陵攻防戦(こうりょうこうぼうせん)の時です。赤壁の戦いで大勝利した孫呉は周瑜率いる大軍を荊州の要・江陵城へ攻撃させます。この時江陵城を守っていたのは曹仁でした。曹仁は周瑜率いる孫呉の軍勢が江陵城へ向かってくると配下の牛金(ぎゅう きん)に兵力を与えて迎撃。

 

牛金率いる魏の軍勢は勢いよく出陣していきますが、孫呉の軍勢に包囲されてしまいます。曹仁は牛金が孫呉の軍勢に包囲される様子を城壁から眺めていましたが、牛金を救うべく数十人の配下を率いて出陣。この時、曹仁の配下達はみんなして「将軍が牛金を救いに行くのは無謀です。どうかやめてくだされ。」と必死になって止めます。しかし曹仁は彼らの言葉を無視して城門を開いて、牛金を救うべく孫呉の軍勢へ向けて突撃していくのでした。

 

 

 



チート級の武勇を示す!!

曹仁

 

曹仁は牛金を救うべく孫呉の軍勢へ突撃し、孫呉の軍勢に包囲されている牛金を発見。曹仁はすぐに牛金を助けて退却していきますが、牛金と一緒に出撃していた兵士たちが孫呉の軍勢の中に取り残されている事を知ります。すると曹仁は再び孫呉の軍勢の中に突撃していき、牛金と一緒に出撃していた兵士達を救い出すことに成功し、江陵城へと帰還することに成功。

 

江陵城の城壁から曹仁の戦いぶりを見ていた将兵達は「曹仁将軍の武勇はチート級の強さですわ。マジパねーっすわ!!」などの歓声を上げて彼を迎え入れたそうです。夏侯淵や張郃も曹魏の中でかなりの実力を見せて実績を残していた将軍達ですが、曹仁のこの武勇にはかなわないでしょう。

 

でも合肥の戦いで孫権軍を少数精鋭でボコボコにした張遼も同じような事しているから曹仁と張遼って同じくらいの強さじゃないのと思っている方もいると思います。そのような方の為にもう一つ彼の最強たる所以を曹仁の実績以外から紹介したいと思います。

 

 

 

古代の勇士に匹敵する曹仁

西遊記巻物 書物

 

司馬昭(しばしょう)の側近であった傅玄(ふ げん)司馬炎(しばえん)が天下統一した後、「傅子(ふし)」と呼ばれる書物を残します。

 

この「傅子」と呼ばれる書物は三国志の前期の時代や諸葛亮死後の時代の魏・呉・蜀のことに等について色々と書かれている書物です。この傅玄は自らが書いた「傅子」の中で「曹仁の武勇は古代の孟賁や夏育(古代の勇士)に比肩する強さだ」と賞賛しています。また傅玄は曹仁を魏の将軍の中で最強とし、張遼を二番手としています。ここでは曹仁のエピソード以外の点から彼が最強の将軍たる所以を紹介しましたが、みなさまはどのように思いますか。

 

 

三国志ライター黒田レン独り言

三国志ライター黒田レン

 

上記で曹仁は孟賁や夏育に匹敵するほどの強さを持った将軍だと紹介しましたが、孟賁(もうほん)夏育(かいく)がどれくらいすごい人物だったかわからない人が多いと思いますので、ここでちょっと孟賁・夏育について紹介したいと思います。

 

孟賁(もうほん)

孟賁も中国の戦国時代に登場した人物で、生きた牛の角を引き抜くほどの剛力を持った人物だったそうです。

 

夏育(かいく)

夏育は中国の戦国時代に登場した人物です。彼は千鈞の重さを持ち上げることができた剛勇無双の人物です。ついでに千鈞は現在の重さで言うと約600キロほどだそうです。孟賁と夏育がとんでもない人物だったことがお分かりになったと思います。

 

傅玄は曹仁が彼らに匹敵するほどの人物だったと述べていますが、あながち間違えではないのでしょうか。

 

■参考 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書など

 

 

▼こちらもどうぞ

鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-外部配信
-