関羽を麦城から救い出すための秘策はあったのか?石兵八陣を使ってたら呂蒙はどうなる?

2024年2月10日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

樊城の戦い

 

 

劉備(りゅうび)軍の最盛期は、やはり定軍山(ていぐんざん)の戦いから樊城(はんじょう)の戦いの頃でしょう。

 

 

関羽に降伏する于禁

 

 

漢中方面で起きた定軍山の戦いでは、夏侯淵(かこうえん)を討ち取るという大金星を挙げ、荊州方面で起きた樊城の戦いでは、曹仁(そうじん)于禁(うきん)の軍を壊滅寸前に追い込んでいました。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

 

ところがこの進撃ムードは突然終了し、以降、蜀はどんどん衰退していくことになります。そのターニングポイントが、荊州方面で順調に樊城を攻めていたはずの関羽(かんう)の敗北と、その死でした。

 

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



突如起こった孫権軍の背後奇襲という最悪の展開!

関羽の青銅像

 

関羽の死の背景はなかなか複雑ですが、今回は、物語としてかなり脚色されているとはいえ、整理されていてわかりやすい『三国志演義』に沿っておさらいしましょう。諸葛亮や張飛(ちょうひ)を含んだ劉備軍の主力が漢中方面を攻めていた間、荊州のいわば留守番をしていたのが、関羽でした。

 

 

大きすぎる関羽像

 

しかし関羽のミッションは、留守の荊州を防衛するというだけではありませんでした。荊州方面からもチャンスを見て樊城に向けて北上し、曹操軍に対する二正面作戦の一翼を展開することも期待されていたのです。劉備本隊が漢中を攻めている時に、呼応して関羽たちが樊城を攻めるという、壮大な戦略!

 

関羽に無視される孫権

 

 

こうして起きた、樊城への攻撃!しかし途中まではうまく行っていたこの戦いは、三国志のもう一人の英雄、孫権が、突如、その関羽の背後を攻撃したことで大崩壊するのです。

 

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

 

 

曹操軍と孫権軍との双方に挟撃されるという最悪の事態の中、関羽は麦城という拠点に何とか逃げ延びたものの、結局は孫権軍の呂蒙の追撃に追いつかれ、捕らえられ、処刑されてしまったのです。

 

こちらもCHECK

関羽を油断させる陸遜
荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった?

続きを見る

 

樊城の戦い特集

 

 

 



いささかあっけなさすぎる?今までの劉備軍らしくない関羽の転落

ポイント解説をするYASHIRO様

 

 

ですが、ちょっと考え直してみましょう。この関羽の死は、それまでの劉備軍の「粘り強さ」の戦歴と比較すると、いささかあっけなさすぎます。そもそも、このように、劉備なり関羽なり張飛なりが「やらかして大ピンチ」な時、『三国志演義』の展開でいえば、いつも何とかしてくれるあの人が、この時は機能していないのです。

 

諸葛亮孔明の天下三分の計に感化される劉備

 

 

そうです、劉備軍の軍師、諸葛亮孔明です。いつもだったら、関羽が麦城で孤立している時、「大丈夫です関羽将軍。こういうこともあろうかと、準備していた秘策があります」と颯爽と現れるのが孔明軍師の筈なのに!

 

考える諸葛亮孔明

 

 

おそらく、その理由は単純そうです。諸葛亮が颯爽と荊州に駆けつけるには、益州と荊州の距離が、さすがに長すぎたのでしょう。ですが!待ってください!

 

 

陸遜

 

 

実際にはもっと後の「夷陵(いりょう)の戦い」の時の話になりますが、似たようなシチュエーションで、諸葛亮はしかし、遠地の味方を救出していませんでしたか?そう、諸葛孔明は、同じように、劉備が荊州で孤立無援のピンチになった時は、遠い益州から自分は動かずに、ある秘策で劉備を無事に生還させたではないですか!謎の迷宮、「石兵八陣(せきへいはちじん)」を建築しておくこと!

 

こちらもCHECK

陸遜
石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣

続きを見る

 

夷陵の戦い

 

 

 

こうすれば諸葛亮は関羽を救えた!「石兵八陣」が呂蒙に炸裂!

呉の諸将を論破する諸葛亮孔明(セリフなし)

 

 

そうです!諸葛亮はこうすべきだったのでは?すなわち、万一、関羽が荊州で窮地に陥った場合に備えて、この時代に、すでに、麦城の西に「石兵八陣」を工事してしまうこと!

 

 

馬良って何した人だっけ

 

 

そして関羽の部下で信頼できる参謀、おそらく馬良あたりに、「石兵八陣」の場所と、その脱出方法を事前に教授しておくこと!そうすれば麦城でピンチになった関羽に、馬良がそっと、「孔明軍師はこんな時のために、秘策を準備していたのですよ」と告げることでしょう。荊州を守り切れず自信を失っていた関羽、この話を聞いて、改めて諸葛亮の善意に感謝し、供を連れて石兵八陣方面に向かうでしょう。

 

自分の人形を操る呂蒙

 

 

この時に関羽を追撃していた呉将は呂蒙!優れた軍人とされていますが、後にかの陸遜ですら破れなかった石兵八陣を、呂蒙が突破できるとは思えません!ボロボロのひどい目にあい、もしかすると、この時点で呂蒙は悔しさのあまり憤死してくれるかもしれません!

 

こちらもCHECK

敗れる関羽雲長
関羽の死因、実は劉備の手によるものだった!?

続きを見る

 

呂蒙

 

 

 

まとめ:関羽が生きていれば後は挽回が可能な筈!

陸遜

 

もちろん、こんな声があるでしょう。「しかし、このタイミングで秘策の石兵八陣を見せてしまったら、後の夷陵の戦いで劉備軍は同じ策を使えず、苦戦するはめになるのでは?」

 

青龍偃月刀を持つ関羽

 

 

大丈夫です。関羽が生還すれば、そもそも、関羽の弔い合戦である「夷陵の戦い」が起こらないのです。よって、ここで出し惜しみせず、関羽救出のために石兵八陣を、使っちゃってもよい筈です!

 

赤兎馬を乗り回す関羽

 

 

そもそも関羽さえ生還していれば、その関羽を先頭に、荊州の再奪還を目的にした孫権への逆襲戦をすぐに仕掛けることができます。むしろ関羽が怒り狂って戻ってきた上に、呂蒙が麦城の西で謎の妖術で怪死した衝撃の直後となると、孫権のほうから、「あのときは悪かった!」と再同盟を申し出てくるかもしれません。

 

こちらもCHECK

敗れる関羽雲長
関羽の死因は捕虜となり斬首….味方たちの心が離れていった軍神の最期

続きを見る

 

関羽

 

 

 

三国志ライターYASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

ここで劉備側の持ち出す条件は、ひとつです。「荊州は全部返してもらわなくていい。今後の火種をなくすためにも分割しよう。ただし!荊州の一部をくれてやるから、我々が漢中方面から曹操を攻める間、今度は孫権殿が、荊州から北上して樊城を落としなさい」

 

「ハイ」

 

三国志の武器 木慢 関羽

 

 

おとなしくなった孫権軍に、荊州の一部割譲を条件に、今度こそ、真面目に対曹操戦線に参加してもらえれば、劉備本隊が関羽を加えて漢中を、そしてすっかり言うことをきくようになった孫権軍が樊城を攻めるという、壮大な二正面作戦が発動!劉備軍の負担は減り、孫権軍は真面目に戦い、これで曹操軍は更に窮地に追い込まれます。

 

天下三分の計を唱える諸葛亮孔明

 

つまり、孔明の最初の「天下三分の計」案、「天下を三つに分けた上で、劉備と孫権は手を組み、曹操を追いつめる」というプランは、理想通りに百パーセント稼働します!そのためには、関羽には生還してもらわないといけない。そしてそのためには、石兵八陣を、このタイミングで、対呂蒙で発動すべし!と、私はプランを練りましたが、このシナリオ、いかがでしょう?

 

こちらもCHECK

華佗(華陀)
もし関羽が呉に降伏していたら世界史はどうなった?救われたかもしれない命の数は数億人?

続きを見る

 

if三国志

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
YASHIRO

YASHIRO

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。 好きな歴史人物: タレーラン(ナポレオンの外務大臣) 何か一言: 中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

-if三国志
-, ,