よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

この記事の所要時間: 337

13人の妻達(曹操)

三国志の英雄、曹操(そうそう)には、13人の妻がいました。

その中でも、環(かん)夫人は、産んだ3人の息子がいずれも優秀という点で

光彩を放っている存在だと言えると思います。

 

3人の息子とは、曹沖(そうちゅう)、曹宇(そうう)、曹據(そうきょ)の事で

いずれも曹操の後継者候補だったり、皇帝の父になったり、魏の大将軍に

推挙されたりしています。

 

ところが、そんな華々しい経歴を持つ、息子達に比較して、

環夫人の逸話というのは、殆ど存在しないのです。

 

 

環夫人はどんな人だったの?

東方 光

 

 

息子の曹據(そうきょ)の履歴から推測するに、環夫人は、

西暦180年頃に、徐州の彭(ほう)という土地に生まれたと思われます。

この場所は、現在の山東省南東部と江蘇省の長江以北に相当する地域にあたります。

 

さて、そんな彼女と曹操の馴れ染めは、記載されていないのですが、

彼女の息子である曹沖の生年とされる西暦196年から考えると

とても悲しいものであったのかも知れません。

 

曹操による徐州大虐殺

キレる曹操2

 

西暦193年、曹操は父の曹嵩(そうすう)が徐州の牧、陶謙に殺害された

報復として、以後二度に渡って徐州に侵攻し無差別殺戮を行いました。

いわゆる徐州大虐殺と呼ばれる事件です。

 

徐州牧の陶謙(とうけん)は、この怒涛の侵略に無力であり、結果として

数十万という徐州の人命が犠牲になります。

 

そのような中で環夫人の生家は、虐殺を免れる為に娘である

環夫人を曹操の側室として差し出したのではないか?と思われるのです。

 

当時の曹操は急速に拡大した勢力を維持する為に軍資金を必要としていました。

徐州の大虐殺の裏には、恩賞を与えられない部下への褒美として父の死を口実に

徐州に攻め込んだという背筋が寒くなる話も残されている程です。

 

ともあれ、徐州の名家であった、環夫人の実家の要請を曹操は受け入れ、

ここに環夫人は、曹操の13人の妻の一人になったという事ではないでしょうか?

 

しかし、そんな境遇でも、曹操の環夫人に対する愛は、

決して冷たい儀礼的なものでは、無かったようです。

 

環夫人に対する曹操の愛

環夫人

 

その証拠というのは、環夫人が産んだ息子達の字(あざな)に現れています。

例えば、曹沖の字は倉舒(そうじょ)と言いましたが、

これは、中国伝説上の帝王、黄帝の孫にあたる帝顓頊(ていせんぎょく)

の子供の八子の一人である倉舒から取られています。

 

そして、同じく曹宇の字の彭祖(ほうそ)は帝顓頊の玄孫の名前で、

こちらは、700歳を超えて生きた長寿の人物でした。

 

今風に言うと、キラキラネームのような過去の偉人の名前を

曹操は、環夫人の息子達にはつけたのです。

 

曹沖を愛した曹操

曹沖

 

さらに、環夫人の息子の曹沖は、少年時代から聡明な天才で、

しかも、優しい性格であったので、曹操に溺愛されていて、

一時期は、正妻の卞(べん)夫人の息子、曹丕を差し置いて

曹操の後継者と噂されている程の人物でした。

 

つまり、一時期は、環夫人は皇后の位に最も近い存在であった

と言う事になり、目には見えませんが正妻である卞夫人との

見えないせめぎあいもあった事でしょう。

 

ところが、曹操が最も期待を掛けた曹沖は、僅か13歳で

流行り病に罹り、呆気なく世を去ってしまいます。

 

曹操は、曹沖の生命を救おうとなりふり構わず、

普段は迷信に過ぎないと馬鹿にしていた拝み屋まで総動員して、

病気の快癒を祈ったと言われています。

 

あの合理主義者の曹操が、本当に藁にもすがる気持ちで、

神に息子の回復を願ったのです、切ないですね・・

 

 

環夫人はその後、どうなったの?

東方 お花畑

 

環夫人は、曹操の死後に、曹丕によって環太妃になっているようなので、

卞夫人とライバル関係にあったとはいえ、執念深い曹丕に恨まれるような、

甚だしい横暴な振る舞いは無かったようです。

 

環夫人の息子達は、皆、公平で温情に厚く、権力を積極的に奪うような

野心的な態度が見られないので、恐らく環夫人も、そのような

権力欲とは無縁な良妻賢母として人生を全うしたのでしょう。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

尹夫人 曹操 2

よく読まれてる記事:後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1

 

杜夫人

 

よく読まれてる記事:関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人

 

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■HN:

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

■好きな三国志の人物:

袁術 自分に正直だから、、嘘ゴメン、やっぱ劉備

■幸せを感じる瞬間:

三度のご飯を頂いている時。

■宝くじが当たったら?

自宅を古本屋に改装して嫌な客は追い出す頑固親父になる。

■世界最後の日、あなたは何をしていますか?

明日の朝ごはんの事を考えています。

■出没場所

電脳空間

■何か一言:

実は、kawausoはホログラフで存在しません(嘘)

 

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  2. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  3. キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・…
  4. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  5. 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?
  6. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子…
  7. 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【10/10〜10…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう
  2. 【キングダム好きにもオススメ】歴史大河・マンガ「ビン~孫子異伝~」が面白すぎる!
  3. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】
  4. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち
  5. 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い
  6. 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの? 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!? キングダムの時代に開花した法家の思想 【2018年】はじめての三国志 年頭の御挨拶 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6】 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証してみる

おすすめ記事

  1. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ
  2. 三国志一の策謀家、袁術の伝説
  3. 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将
  4. 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの?
  5. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1
  6. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直
  7. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  8. 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP