広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人

この記事の所要時間: 337

13人の妻達(曹操)

三国志の英雄、曹操(そうそう)には、13人の妻がいました。

その中でも、環(かん)夫人は、産んだ3人の息子がいずれも優秀という点で

光彩を放っている存在だと言えると思います。

 

3人の息子とは、曹沖(そうちゅう)、曹宇(そうう)、曹據(そうきょ)の事で

いずれも曹操の後継者候補だったり、皇帝の父になったり、魏の大将軍に

推挙されたりしています。

 

ところが、そんな華々しい経歴を持つ、息子達に比較して、

環夫人の逸話というのは、殆ど存在しないのです。

 

 

環夫人はどんな人だったの?

東方 光

 

 

息子の曹據(そうきょ)の履歴から推測するに、環夫人は、

西暦180年頃に、徐州の彭(ほう)という土地に生まれたと思われます。

この場所は、現在の山東省南東部と江蘇省の長江以北に相当する地域にあたります。

 

さて、そんな彼女と曹操の馴れ染めは、記載されていないのですが、

彼女の息子である曹沖の生年とされる西暦196年から考えると

とても悲しいものであったのかも知れません。

 

曹操による徐州大虐殺

キレる曹操2

 

西暦193年、曹操は父の曹嵩(そうすう)が徐州の牧、陶謙に殺害された

報復として、以後二度に渡って徐州に侵攻し無差別殺戮を行いました。

いわゆる徐州大虐殺と呼ばれる事件です。

 

徐州牧の陶謙(とうけん)は、この怒涛の侵略に無力であり、結果として

数十万という徐州の人命が犠牲になります。

 

そのような中で環夫人の生家は、虐殺を免れる為に娘である

環夫人を曹操の側室として差し出したのではないか?と思われるのです。

 

当時の曹操は急速に拡大した勢力を維持する為に軍資金を必要としていました。

徐州の大虐殺の裏には、恩賞を与えられない部下への褒美として父の死を口実に

徐州に攻め込んだという背筋が寒くなる話も残されている程です。

 

ともあれ、徐州の名家であった、環夫人の実家の要請を曹操は受け入れ、

ここに環夫人は、曹操の13人の妻の一人になったという事ではないでしょうか?

 

しかし、そんな境遇でも、曹操の環夫人に対する愛は、

決して冷たい儀礼的なものでは、無かったようです。

 

環夫人に対する曹操の愛

環夫人

 

その証拠というのは、環夫人が産んだ息子達の字(あざな)に現れています。

例えば、曹沖の字は倉舒(そうじょ)と言いましたが、

これは、中国伝説上の帝王、黄帝の孫にあたる帝顓頊(ていせんぎょく)

の子供の八子の一人である倉舒から取られています。

 

そして、同じく曹宇の字の彭祖(ほうそ)は帝顓頊の玄孫の名前で、

こちらは、700歳を超えて生きた長寿の人物でした。

 

今風に言うと、キラキラネームのような過去の偉人の名前を

曹操は、環夫人の息子達にはつけたのです。

 

曹沖を愛した曹操

曹沖

 

さらに、環夫人の息子の曹沖は、少年時代から聡明な天才で、

しかも、優しい性格であったので、曹操に溺愛されていて、

一時期は、正妻の卞(べん)夫人の息子、曹丕を差し置いて

曹操の後継者と噂されている程の人物でした。

 

つまり、一時期は、環夫人は皇后の位に最も近い存在であった

と言う事になり、目には見えませんが正妻である卞夫人との

見えないせめぎあいもあった事でしょう。

 

ところが、曹操が最も期待を掛けた曹沖は、僅か13歳で

流行り病に罹り、呆気なく世を去ってしまいます。

 

曹操は、曹沖の生命を救おうとなりふり構わず、

普段は迷信に過ぎないと馬鹿にしていた拝み屋まで総動員して、

病気の快癒を祈ったと言われています。

 

あの合理主義者の曹操が、本当に藁にもすがる気持ちで、

神に息子の回復を願ったのです、切ないですね・・

 

 

環夫人はその後、どうなったの?

東方 お花畑

 

環夫人は、曹操の死後に、曹丕によって環太妃になっているようなので、

卞夫人とライバル関係にあったとはいえ、執念深い曹丕に恨まれるような、

甚だしい横暴な振る舞いは無かったようです。

 

環夫人の息子達は、皆、公平で温情に厚く、権力を積極的に奪うような

野心的な態度が見られないので、恐らく環夫人も、そのような

権力欲とは無縁な良妻賢母として人生を全うしたのでしょう。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

13人の妻達(曹操)

 

よく読まれてる記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

 

尹夫人 曹操 2

よく読まれてる記事:後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1

 

杜夫人

 

よく読まれてる記事:関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人

 

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■HN:

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

■好きな三国志の人物:

袁術 自分に正直だから、、嘘ゴメン、やっぱ劉備

■幸せを感じる瞬間:

三度のご飯を頂いている時。

■宝くじが当たったら?

自宅を古本屋に改装して嫌な客は追い出す頑固親父になる。

■世界最後の日、あなたは何をしていますか?

明日の朝ごはんの事を考えています。

■出没場所

電脳空間

■何か一言:

実は、kawausoはホログラフで存在しません(嘘)

 

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  2. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて…
  3. 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!
  4. 中国四大美女のひとり貂蝉
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/1…
  6. 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く
  7. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  8. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3)
  2. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)
  3. 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?
  4. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  5. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  6. 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】 エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの? 連環の計って、どんな作戦? 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能! 【第8回 幻想少女】難攻不落の第十章攻略が面白い!はまってきました♪ 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの? 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達

おすすめ記事

  1. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  2. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  3. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  4. 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!?
  5. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  6. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟
  7. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  8. 赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP