広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操

この記事の所要時間: 29




現実主義曹操

 

曹操(そうそう)という男は、金持ちの家の生まれにも関わらず、

いわゆる「人を疑わないお坊ちゃん」のような甘さが全くない男でした。

 

そのドライな性格は、役に立つなら仇敵でも配下に入れ、

無能なら身内でも容赦なく殺してしまう非情な決断にも現れています。

 

前回記事:32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示




曹操が油断した時期

曹操 油断

 

が、、この曹操(そうそう)、その生涯に、一度、

度重なる幸運に気を良くしハングリーさを失った時期がありました。

 

それが、兗州を領有し黄巾賊の残党を吸収し、長安から脱出した

献帝(けんてい)を本拠地の許昌に迎えた頃です。

 

しかも、この頃、曹操(そうそう)は呂布(りょふ)の裏切りで

徐州を失った劉備(りゅうび)も客人として受け入れていたのです。

 

それまでの曹操(そうそう)は、菫卓討伐軍を事実上結成するような、

大仕事を成し遂げながら袁紹(えんしょう)のような

強固な地盤を持たない為に袁紹(えんしょう)の客分に甘んじるなど不遇の連続でした。

 

それがうってかわり、兗州を手に入れ、30万人という

黄巾賊の残党を吸収し、流民も100万人を得て、

ついには献帝(けんてい)まで手に入れたのです。

 

いかに用心深い曹操(そうそう)でも、

これほど幸運が続くと気持ちが緩み

 

「俺には天運が味方についている恐れる事何もない、、」

という自惚れが生まれるのも仕方がありません。

 

人間、何か大きな存在に守られていると思うと、気が緩み

他人に対しても優しくなれるものです。




曹操が油断している時に劉備を受け入れる

劉備と曹操の対談

 

曹操(そうそう)がその生涯で例外的に優しくなれているその時に、

劉備(りゅうび)は、敗北した将軍としてその客分になったのです。

 

曹操(そうそう)の参謀であった荀彧(じゅんいく)は、

「劉備(りゅうび)は、見た目は温和だが、いつまでも人の下に甘んじる男ではない

後日、力を蓄えて立ち塞がる前に、今殺してしまいましょう」

 

と曹操(そうそう)に的確なアドバイスをしています。

荀彧(じゅんいく)のアドバイスは、まるで予言で、

正にこの時に劉備を殺していれば後の蜀の建国は無かったのです。

 

 

荀彧(じゅんいく)の助言を拒否した曹操

笑う曹操

 

しかし、完璧に油断してしまっている曹操(そうそう)は

そのアドバイスを一蹴します。

 

「何を言うのかね荀彧(じゅんいく)君、劉備(りゅうび)と言えば、

天下に聞えた英雄それを殺してしまえば、世間の人は何というだろう?」

 

そう言って、どこに行くにも劉備(りゅうび)を連れて歩き、

馬車に乗る時でも、自分の横に乗せて移動するなど、

最大限の友情を示したのです。

 

曹操の最大の友情を受け取った劉備の心境は?

劉備 曹操

 

ところが劉備(りゅうび)は、曹操(そうそう)の中に

漢王室を利用しようという逆心を

感じ取り、曹操(そうそう)とは逆に

「こいつは排除しないといけない」という気持ちを持ちます。

 

曹操暗殺計画に劉備も加担、曹操はブチキレる

裏切りは許さぬ 曹操

 

結局、劉備(りゅうび)は献帝(けんてい)から密命を受けた菫承(とうしょう)

から、曹操(そうそう)暗殺の計画を持ちかけられて、これに参加してしまうのです。

 

暗殺は失敗し、劉備(りゅうび)は寸前の所で皇帝を名乗って独立した袁術を

討伐する為に曹操(そうそう)の元を離れていたので捕まらずに済みました。

 

これで初めて曹操(そうそう)も自分の馬鹿さ加減に気が付き、

元の油断のないリアリストに戻ります。

 

まあ、誰でも生涯に一度くらいは、ツキにツキまくる時期がありますが、

曹操(そうそう)にとっては、この時に劉備(りゅうび)を殺さなかった事が

後に天下統一の最大の障害になるのですね、、

 

関連記事:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

関連記事:曹操軍を支えた最強の青州兵

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  2. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  3. 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る
  4. 中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった!
  5. 呂布、ナイスシュート!
  6. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 
  7. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!
  8. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン
  2. 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人
  3. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  4. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後
  5. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  6. 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る! 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた! 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武将 こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

おすすめ記事

  1. 【映画関ヶ原を100倍楽しむ】関ヶ原の戦い…実は寧々と淀の争いが原因だった!?
  2. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介
  4. 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?
  5. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖
  6. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発
  7. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  8. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP