架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操

この記事の所要時間: 29




現実主義曹操

 

曹操(そうそう)という男は、金持ちの家の生まれにも関わらず、

いわゆる「人を疑わないお坊ちゃん」のような甘さが全くない男でした。

 

そのドライな性格は、役に立つなら仇敵でも配下に入れ、

無能なら身内でも容赦なく殺してしまう非情な決断にも現れています。

 

前回記事:32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示




曹操が油断した時期

曹操 油断

 

が、、この曹操(そうそう)、その生涯に、一度、

度重なる幸運に気を良くしハングリーさを失った時期がありました。

 

それが、兗州を領有し黄巾賊の残党を吸収し、長安から脱出した

献帝(けんてい)を本拠地の許昌に迎えた頃です。

 

しかも、この頃、曹操(そうそう)は呂布(りょふ)の裏切りで

徐州を失った劉備(りゅうび)も客人として受け入れていたのです。

 

それまでの曹操(そうそう)は、菫卓討伐軍を事実上結成するような、

大仕事を成し遂げながら袁紹(えんしょう)のような

強固な地盤を持たない為に袁紹(えんしょう)の客分に甘んじるなど不遇の連続でした。

 

それがうってかわり、兗州を手に入れ、30万人という

黄巾賊の残党を吸収し、流民も100万人を得て、

ついには献帝(けんてい)まで手に入れたのです。

 

いかに用心深い曹操(そうそう)でも、

これほど幸運が続くと気持ちが緩み

 

「俺には天運が味方についている恐れる事何もない、、」

という自惚れが生まれるのも仕方がありません。

 

人間、何か大きな存在に守られていると思うと、気が緩み

他人に対しても優しくなれるものです。




曹操が油断している時に劉備を受け入れる

劉備と曹操の対談

 

曹操(そうそう)がその生涯で例外的に優しくなれているその時に、

劉備(りゅうび)は、敗北した将軍としてその客分になったのです。

 

曹操(そうそう)の参謀であった荀彧(じゅんいく)は、

「劉備(りゅうび)は、見た目は温和だが、いつまでも人の下に甘んじる男ではない

後日、力を蓄えて立ち塞がる前に、今殺してしまいましょう」

 

と曹操(そうそう)に的確なアドバイスをしています。

荀彧(じゅんいく)のアドバイスは、まるで予言で、

正にこの時に劉備を殺していれば後の蜀の建国は無かったのです。

 

 

荀彧(じゅんいく)の助言を拒否した曹操

笑う曹操

 

しかし、完璧に油断してしまっている曹操(そうそう)は

そのアドバイスを一蹴します。

 

「何を言うのかね荀彧(じゅんいく)君、劉備(りゅうび)と言えば、

天下に聞えた英雄それを殺してしまえば、世間の人は何というだろう?」

 

そう言って、どこに行くにも劉備(りゅうび)を連れて歩き、

馬車に乗る時でも、自分の横に乗せて移動するなど、

最大限の友情を示したのです。

 

曹操の最大の友情を受け取った劉備の心境は?

劉備 曹操

 

ところが劉備(りゅうび)は、曹操(そうそう)の中に

漢王室を利用しようという逆心を

感じ取り、曹操(そうそう)とは逆に

「こいつは排除しないといけない」という気持ちを持ちます。

 

曹操暗殺計画に劉備も加担、曹操はブチキレる

裏切りは許さぬ 曹操

 

結局、劉備(りゅうび)は献帝(けんてい)から密命を受けた菫承(とうしょう)

から、曹操(そうそう)暗殺の計画を持ちかけられて、これに参加してしまうのです。

 

暗殺は失敗し、劉備(りゅうび)は寸前の所で皇帝を名乗って独立した袁術を

討伐する為に曹操(そうそう)の元を離れていたので捕まらずに済みました。

 

これで初めて曹操(そうそう)も自分の馬鹿さ加減に気が付き、

元の油断のないリアリストに戻ります。

 

まあ、誰でも生涯に一度くらいは、ツキにツキまくる時期がありますが、

曹操(そうそう)にとっては、この時に劉備(りゅうび)を殺さなかった事が

後に天下統一の最大の障害になるのですね、、

 

関連記事:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

関連記事:曹操軍を支えた最強の青州兵

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!
  2. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  3. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  5. 116話:劉備、失意の中白帝城に没す!
  6. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選…
  7. 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!…
  8. みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備
  2. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯
  3. 三国志初心者の為の諸葛亮孔明ってどんな人
  4. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  5. 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う」なのか!?
  6. 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【3分で分かる】王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦

おすすめ記事

  1. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  2. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん)
  3. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密!
  4. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた
  5. 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか
  6. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見事に統治した名政治家
  7. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱
  8. 103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP