編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

93話:名将 張任、遂に堕ちる

この記事の所要時間: 219

孔明 司馬懿 役職

 

張任(ちょうじん)の立て籠る雒城は名城であり張任が守る限りは陥落しない、、

そのような情報は、先の戦いで劉備(りゅうび)軍の捕虜になった武将達も、

口ぐちに言っている事でした。

 

そこで、孔明(こうめい)は、張任を戦場におびき出し、

二度と、雒城に戻さない計略を考案します。

孔明は雒城の近くに架かる金雁(きんがん)橋に目をつけます。

 

前回記事:92話:劉備を徹底的に追い詰める張任

 

孔明 対 張任

諸葛孔明

 

翌日、孔明は極く少数の手勢で、雒城を攻めさせました。

城内から、これを見ていた張任は、これを侮ります。

 

張任:「ふん、この程度、蹴散らすのはわけもないわ」

 

張任は雒城を飛び出し、劉備軍を蹴散らします。

 

蹴散らされた劉備軍は、金雁橋を通過して、逃げていきます。

 

張任もそれを追いかけると、橋の先には、孔明が車に載って座っています。

 

孔明:「張任とやら、私は諸葛亮孔明だ、、聞いた所では、お前は

少しばかりの武勇と知略を鼻にかけて自惚れているそうだが、、

とんだ井の中の蛙というものだ、、

あの曹操100万の大軍でさえ、私を恐れて逃げる程であるのに

お前ごときのちっぽけな知略では、この孔明には歯が立つものか

無駄な抵抗はやめて降伏するがいい」

 

孔明の挑発にも動揺しない名将 張任

張任

 

孔明の挑発ですが、流石に張任は、軽率には飛び付きません。

しかし、張任の見た所、孔明の周辺は老人兵ばかり、

隊列もバラバラでちっとも戦えそうではありませんでした。

 

(孔明は、神算鬼謀と聞いていたが、どうやら買いかぶりらしい

この程度の弱兵しか扱えぬようでは、ろくな戦は出来ん、、

今の内にひっ捕らえて、劉備の戦意を挫いてやろう)

張任は、馬に鞭をあてると兵と共に、金雁橋を渡ります。

 

それを見た、孔明は、急いでその場を離れました。

 

孔明の策略が張任に通用するのか?

東方 三国志

 

張任:「はっは!逃げるか腰抜けめ!天才軍師が聞いて呆れ、、」

 

張任が言いかけたその時、橋の左から劉備、

右から厳顔(げんがん)の軍勢がこちらに向かってくるのが見えました。

 

張任:「しまった、謀られたのか!」

 

張任は、金雁橋を渡って逃げようとしますが、すでに、

橋は、趙雲(ちょううん)によって落され、

北は趙雲の軍勢に包囲されています。

 

「うぬぬ、、止むをえん!!」

 

張任は、ならばと残された南の道を逃げますが、

そこへ、魏延(ぎえん)の部隊が襲い掛かり、

さらに黄忠(こうちゅう)の部隊が、

襲い掛かり、張任の兵力を減少させました。

 

張任 対 張飛

炎 s

 

張任は、たった一人で逃げに逃げますが、

そこは、行き止まりで、張飛(ちょうひ)の伏兵が待っていました。

 

張飛:「どうする?張任、、俺と一騎打ちするか?」

 

余裕で蛇矛を振り回す張飛に張任は、挑みかかりますが、

所詮、歯が立つものではなく、馬から突き落とされて、

もがいている所を縄で縛られてしまいます。

 

張任は、こうして、劉備の軍門に引き立てられていきました。

 

張任を劉備軍に加えたい劉備

三国志 華 写真

 

劉備は、自分を計略で散々悩ました張任の力を気に入り、

是非、配下に加えたいとスカウトします。

 

しかし、張任は、、

 

張任:「忠臣は二君に仕えぬものだ、、これまで多くの部下を失いながら、

わしだけがおめおめ、敵の家来になるなど、それで男が立つものか

さっさと首を刎ねてくれ!」

 

と言い続けるばかりで、説得には耳を貸しませんでした。

 

劉備は、その潔さと勇気を心の底から惜しみましたが、

軍規を守る為に、張任の処刑命令を降しました。

 

張任の勇気に惹かれた劉備

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_m

 

劉備は、張任の亡きがらを、金雁橋の橋の側に埋めて、

ここに張任の忠義を称える碑を建てたという事です。

 

人物を大事にし、惚れこんだ武将には、敵も味方もなく

手厚く遇するという劉備らしさが見える逸話ですね。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

 

次回記事:94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱…
  2. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  3. 孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?
  4. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  5. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だ…
  6. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前…
  7. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜
  8. 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選
  2. 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった?
  3. 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説
  4. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  5. 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」
  6. 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは? 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった? はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!

おすすめ記事

  1. 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/22〜8/28】
  3. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?
  4. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  5. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事
  6. 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!
  7. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー
  8. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP