策士・張飛 (ちょうひ)が繰り出す瞞天過海の計&暗渡陳倉計ってどんな計略?

張飛 参上

 

全国の張飛ファンのみなさま、お待たせいたしました!

 

ときには上司が気に喰わないからといってブン殴って逃走し、

あるときには留守番を頼まれたのに深酒をして城を乗っ取られ、

さらには気にくわないことがあれば部下を半殺しにする、

 

我らが愛すべき弟、張飛翼徳(ちょうひ よくとく)

名誉挽回の日がついにやってきました。

 

 

[adsense]
 

瞞天過海の計

 

それは、218年、蜀軍による漢中攻略戦のさなかでした。

 

巴西を守っている魏の張郃(ちょうこう)に対し、

張飛は「あざけりの計」を使って城の外へおびき出そうとしますが、

張郃は、なかなか出てきません。

 

そこで、張飛は計略をしかけます。

それが「瞞天過海(まんてんかかい)の計」です。

 

瞞天過海の計とは、空を見上げてのんびりと海を渡ること、

つまり、わざとのんきなふりをしてみせることです。

 

張飛は、戦場で酒盛りを始めました。

 

孔明もノリノリで張飛の計略に乗りだす

蒟蒻問答 孔明と張飛

ここへ、孔明もその計略に乗っかります。

「どうぞ、どうぞ、どんどん飲んでください」

と、張飛のもとへ美酒を贈りつけます。

 

張郃はこれを見て、しめしめと思いました。

夜襲をしかけるのですが、これは張飛の罠。

 

張郃軍は待ち伏せしていた張飛軍にさんざんに打ちのめされてしまいました。

 

関連記事:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る

関連記事:馬超と張飛の一騎打ち

 

 

 

暗渡陳倉の計

photo credit: Saddle via photopin (license)

photo credit: Saddle via photopin (license)

 

張飛の計略は続きます。

 

巴西を逃げ延びた張郃は、今度は瓦口関(がこうかん)に

陣を構えました。

 

瓦口関は背後が山の天然の要塞となっていました。

ここに引きこもって援軍を待たれては、

せっかくの勝機が失われてしまいます。

 

張飛はそこで、後ろの山に登って、上からの攻撃をしかけたのです。

 

これを、ひそかに陳倉(ちんそう・地名です)に渡る、

すなわち、こっそりと相手の思わぬところに移動して、攻撃することを

暗渡陳倉(あんとちんそう)の計」といいます。

 

張郃は、またしても張飛の計略の前に敗れたのです。

 

関連記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

関連記事:まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

関連記事:はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

張飛 文武両道

 

よく読まれてる記事:張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?

 

張飛のヨメ

 

 

よく読まれてる記事:夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?

 

劉備読書

 

よく読まれてる記事:何で日本人は三国志が好きなの?

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. ドジっ子で周辺国を怒らせる平原君(へいげんくん)
  2. ホウ徳
  3. 劉備
  4. 野望が膨らむ鍾会

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP