呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

95話:馬超と張飛の一騎打ち

張飛VS馬超




劉彰

 

綿竹関(めんちくかん)が落ちたと知った劉璋(りゅうしょう)は、

もう生きた心地がしませんでした。

 

しかも、自分が送りだした二将の李厳(りげん)と費観(ひかん)は、

劉備(りゅうび)に寝返ったという最悪の情報がおまけでついています。

 

 

劉璋:「もう、家来など信用できん、張魯だ、張魯に援軍を要請せよ」

 

前回記事:94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍

 

 

劉璋は家来を信用出来ず敵国・張魯に援軍要請

劉璋は家来を信用出来ず敵国・張魯に援軍要請

 

劉璋は、益州の領土を荒らす、張魯(ちょうろ)に援軍を要請します。

 

この間まで、劉備に、この張魯を討伐させようと思っていたのですから

劉璋の慌てぶりが分かります。

 

漢中に五斗米道という新興宗教を興した張陵(ちょうりょう)の孫である、

張魯は、この頃、馬超(ばちょう)という武将を抱えていました。

 

 

え?何で馬超が張魯の元にいるの?

馬超021

 

馬超は、潼関(どうかん)の戦いで曹操(そうそう)軍に敗北して、

拠点を失い今は、張魯の客将に落ちぶれていたのです。

 

張魯も都合の良すぎる劉璋の要請にイラッ

 

張魯は、劉璋の手紙を見て、

「いまさら、どの顔を下げて、、、」と思いました。

 

張魯は、母を劉璋に殺されており、強い恨みを持っていたのです。

 

 

しかし、今劉璋を見捨てれば、蜀はやがて劉璋の100倍は手強い劉備のモノになります。

 

 

それだけならまだしも、劉備が今度は、漢中を欲して、

自分を攻めてきたら、大変な事です。

 

張魯は馬超を劉備軍に当てる事を考えつく

張魯は馬超を劉備軍に当てる事を考えつく

 

そこで、張魯は、自分を頼ってきた馬超に、劉璋の援軍に

向かうように命じました。

 

 

これなら、自分は、一兵も損なわず、負けた所で、

ダメージはないからです。

 

馬超も仕方なく劉備軍と戦う事に

馬超も仕方なく劉備軍と戦う事に

 

馬超は世話になっている負い目があるので、これに逆らえず

漢中と益州の国境にある葭萌関(かぼうかん)に進軍します。

 

その頃、葭萌関を守っていた孟達(もうたつ)と霍俊(かくしゅん)は、

馬超が来たと知って驚き急いで綿竹関の劉備に援軍を要請しました。

 

知らせを受けた劉備は、事態を重く受け止めます。

 

馬超が進軍したとの情報に戦慄が走る劉備軍

馬超が進軍したとの情報に戦慄が走る劉備軍

 

馬超は、勇者馬騰(ばとう)の息子であり、潼関の戦いでは、

曹操を追い詰めた程の天下無双の武将、ここで葭萌関を破られては一大事です。

 

 

劉備は、早速、援軍の人選に入るのですが、

この時に我先に手を上げたのが張飛(ちょうひ)でした。

 

張飛:「はい!はい!はい! 俺が行く、兄者!俺に行かせてくれ」

 

関羽:「張飛、人選は軍師殿の仕事だ、自分勝手は慎め!」

劉備「張飛、人選は軍師の仕事だ、自分勝手は慎め!」

 

関羽(かんう)が窘めても、張飛は聞きません。

劉備が諫めても張飛は聞きません。

 

※追記:この頃、関羽は荊州で留守番していて、葭萌関には来ていません。

ここに訂正してお詫び致します。2018年1月26日

 

張飛:「えーーーっ!いいじゃねいか!俺様で!

俺様以外に誰が馬超を討ち獲れるってんだよーっ!」

 

張飛は、馬超が潼関の戦い曹操を追い詰めた事を知っていて、

是非、一騎討ちをして雌雄を決したいと思っていたのです。

 

張飛の熱意に劉備も折れる

張飛 文武両道

 

 

劉備は、張飛の熱意に押し切られ、結局、

先鋒を張飛、次峰を魏延、後詰めを劉備が務める事になり

葭萌関へと急ぎます。

 

 

葭萌関は、馬超軍の攻撃をよくしのいでいました。

 

張飛と馬超、遂に対峙する

張飛VS馬超

 

劉備の援軍が到着すると、早速、張飛が城門から飛び出します。

 

 

張飛:「燕人(えんじん)、張飛見参!! 馬超、俺様の名を知ってるか!」

 

 

張飛が大声で怒鳴ると、馬超も馬を飛ばしてきました。

 

 

馬超:「はああああーん?猿人張飛?知らんなあ、、

我が家門は、代々公、候を出した家柄、貴様のような下郎に

知りあいなどおらぬわ!!」

 

馬超の軍勢は、ドッと笑って、鎧を叩き、槍を鳴らして囃したてます。

 

 

張飛:「おーーーーーっそうかい!(笑) そんなら身体に分からせてやるぜ!」

 

 

張飛は蛇矛を振りまわし、突進します。

 

 

馬超:「ふん、猿人風情が吠えおるわ、、、

よかろう、この錦の馬超が槍の錆びにしてくれよう

有り難く思えい!!」

 

 

馬超も槍を振りかざして、突進します。

 

 

二人の腕前は互角、槍と矛がぶつかりあう音が、

何度も何度も繰り返されます。

 

 

馬超:「なかなかやるな!猿人風情があ!!!」

 

 

張飛:「おめえこそ!!曹操を追い詰めたってのは嘘じゃねいな!」

 

 

張飛が討たれる事を心配した劉備

張飛が討たれる事を心配した劉備

 

 

二人は打ち合う事、数百回、流石に、張飛を心配した劉備は、

銅鑼を鳴らして、張飛を帰還させました。

 

 

張飛:「兄者!なんで止める、あと一歩で馬超は討ち取れたぞ!」

 

 

張飛は、大声で怒鳴ると、そこにあった甕から大酒を飲んで、

喉を潤しました。

 

 

張飛:「さあて、、もう一回、行くかあああ!!」

 

 

張飛は劉備が止めるのを振りきり、再び戦場に出ます。

すると、馬超も、それに応えるように飛び出してきました。

 

 

張飛:「さっすが、、馬超、、怖じ気づいて逃げたらどうしようかと思ったぜ!」

 

張飛が不敵に馬超を睨みつけると、、、

 

 

馬超:「はっはっは!こんな面白い事がやめられようか!!」

 

馬超も応じて、再び、槍と矛を打ち合わせます。

 

張飛と互角に渡り合う馬超に感心した劉備

張飛と互角に渡り合う馬超に感心した劉備

 

 

劉備:「張飛がむこう見ずなのは、今始まった事ではないが、、

馬超の武者ぶりの見事な事よ、、

民が錦の馬超と持て囃すのも無理はない、、」

 

 

劉備は、張飛と互角に渡り合う馬超に感心しました。

 

 

馬超と張飛、二人の一騎打ちは、その後も複数回続き、

陽が暮れてからも、火を焚いてまで打ち合いますが、

とうとう決着がつかず、時間切れの引き分けになってしまいました。

 

 

さて、この勝負、結果はどうなるのか、後は次回のお楽しみ

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 関羽 男だち 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる
  2. 官渡の戦い 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介
  3. 太平道 黄巾賊 6話:三国志は黄巾の乱から始まった
  4. 後継者を決めるのに困っている劉表 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備
  5. 殷の大様002 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?
  6. 荀彧 怒る 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  7. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ
  8. 張松 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. 渋沢栄一
  3. 秦の始皇帝
  4. 西郷従道 幕末
  5. 楊奉
  6. 病気になった兵士
  7. 鎌倉時代 服装 男女
  8. 承諾する曹操

おすすめ記事

  1. 論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは? 孔子と儒教
  2. 董卓の武勇はすごかった!短命とはいえトップに上り詰めた男の手腕を再考 君主論 董卓
  3. 張飛の武器は蛇矛じゃなかった?蛇矛は三国志の時代の武器だった? 張飛が使う蛇矛
  4. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 項羽
  5. 天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何? 竹中半兵衛(軍師
  6. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの? 曹操の元から離れる関羽

三國志雑学

  1. 蒼天航路
  2. 陸遜
  3. 魏曹操と魏軍と呉軍
  4. 董卓
  5. 宴会マナーと酒(古代中国)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹丕
  2. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  3. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  4. 皇帝になった徳川慶喜
  5. 立花宗茂

おすすめ記事

孔子と儒教 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの? kawauso編集長のぼやきVol.32「本格レストラン」 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!! 卑弥呼 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」 貂蝉と呂布 呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ よかミカンさん はじめての三国志ライター 三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい 呉の小覇王・孫策 彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP