朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

95話:馬超と張飛の一騎打ち

この記事の所要時間: 358

劉彰

 

綿竹関(めんちくかん)が落ちたと知った劉璋(りゅうしょう)は、

もう生きた心地がしませんでした。

 

しかも、自分が送りだした二将の李厳(りげん)と費観(ひかん)は、

劉備(りゅうび)に寝返ったという最悪の情報がおまけでついています。

 

 

劉璋:「もう、家来など信用できん、張魯だ、張魯に援軍を要請せよ」

 

前回記事:94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍

 

劉璋は家来を信用出来ず敵国・張魯に援軍要請

三国志 歴史 老いには勝てず

 

劉璋は、益州の領土を荒らす、張魯(ちょうろ)に援軍を要請します。

 

この間まで、劉備に、この張魯を討伐させようと思っていたのですから

劉璋の慌てぶりが分かります。

 

漢中に五斗米道という新興宗教を興した張陵(ちょうりょう)の孫である、

張魯は、この頃、馬超(ばちょう)という武将を抱えていました。

 

え?何で馬超が張魯の元にいるの?

馬超021

 

馬超は、潼関(どうかん)の戦いで曹操(そうそう)軍に敗北して、

拠点を失い今は、張魯の客将に落ちぶれていたのです。

 

張魯も都合の良すぎる劉璋の要請にイラッ

三国志 裏事情 闇

 

張魯は、劉璋の手紙を見て、

「いまさら、どの顔を下げて、、、」と思いました。

 

張魯は、母を劉璋に殺されており、強い恨みを持っていたのです。

 

 

しかし、今劉璋を見捨てれば、蜀はやがて劉璋の100倍は手強い劉備のモノになります。

 

 

それだけならまだしも、劉備が今度は、漢中を欲して、

自分を攻めてきたら、大変な事です。

 

張魯は馬超を劉備軍に当てる事を考えつく

張良 貴族 復讐
そこで、張魯は、自分を頼ってきた馬超に、劉璋の援軍に

向かうように命じました。

 

 

これなら、自分は、一兵も損なわず、負けた所で、

ダメージはないからです。

 

馬超も仕方なく劉備軍と戦う事に

霊帝 墓

 

馬超は世話になっている負い目があるので、これに逆らえず

漢中と益州の国境にある葭萌関(かぼうかん)に進軍します。

 

その頃、葭萌関を守っていた孟達(もうたつ)と霍俊(かくしゅん)は、

馬超が来たと知って驚き急いで綿竹関の劉備に援軍を要請しました。

 

知らせを受けた劉備は、事態を重く受け止めます。

 

馬超が進軍したとの情報に戦慄が走る劉備軍

dd8bbcaa1d3c2de8acba3c13dbff7ff6_m

 

馬超は、勇者馬騰(ばとう)の息子であり、潼関の戦いでは、

曹操を追い詰めた程の天下無双の武将、ここで葭萌関を破られては一大事です。

 

 

劉備は、早速、援軍の人選に入るのですが、

この時に我先に手を上げたのが張飛(ちょうひ)でした。

 

 

張飛:「はい!はい!はい! 俺が行く、兄者!俺に行かせてくれ」

 

 

関羽:「張飛、人選は軍師殿の仕事だ、自分勝手は慎め!」

 

 

関羽(かんう)が窘めても、張飛は聞きません。

 

 

張飛:「えーーーっ!いいじゃねいか!俺様で!

俺様以外に誰が馬超を討ち獲れるってんだよーっ!」

 

 

張飛は、馬超が潼関の戦いで曹操を追い詰めた事を知っていて、

是非、一騎討ちをして雌雄を決したいと思っていたのです。

 

張飛の熱意に劉備も折れる

張飛 文武両道

 

 

劉備は、張飛の熱意に押し切られ、結局、

先鋒を張飛、次峰を魏延、後詰めを劉備が務める事になり

葭萌関へと急ぎます。

 

 

葭萌関は、馬超軍の攻撃をよくしのいでいました。

 

張飛と馬超、遂に対峙する

張飛VS馬超

 

劉備の援軍が到着すると、早速、張飛が城門から飛び出します。

 

 

張飛:「燕人(えんじん)、張飛見参!! 馬超、俺様の名を知ってるか!」

 

 

張飛が大声で怒鳴ると、馬超も馬を飛ばしてきました。

 

 

馬超:「はああああーん?猿人張飛?知らんなあ、、

我が家門は、代々公、候を出した家柄、貴様のような下郎に

知りあいなどおらぬわ!!」

 

馬超の軍勢は、ドッと笑って、鎧を叩き、槍を鳴らして囃したてます。

 

 

張飛:「おーーーーーっそうかい!(笑) そんなら身体に分からせてやるぜ!」

 

 

張飛は蛇矛を振りまわし、突進します。

 

 

馬超:「ふん、猿人風情が吠えおるわ、、、

よかろう、この錦の馬超が槍の錆びにしてくれよう

有り難く思えい!!」

 

 

馬超も槍を振りかざして、突進します。

 

 

二人の腕前は互角、槍と矛がぶつかりあう音が、

何度も何度も繰り返されます。

 

 

馬超:「なかなかやるな!猿人風情があ!!!」

 

 

張飛:「おめえこそ!!曹操を追い詰めたってのは嘘じゃねいな!」

 

 

張飛が討たれる事を心配した劉備

夜 s

 

 

二人は打ち合う事、数百回、流石に、張飛を心配した劉備は、

銅鑼を鳴らして、張飛を帰還させました。

 

 

張飛:「兄者!なんで止める、あと一歩で馬超は討ち取れたぞ!」

 

 

張飛は、大声で怒鳴ると、そこにあった甕から大酒を飲んで、

喉を潤しました。

 

 

張飛:「さあて、、もう一回、行くかあああ!!」

 

 

張飛は劉備が止めるのを振りきり、再び戦場に出ます。

すると、馬超も、それに応えるように飛び出してきました。

 

 

張飛:「さっすが、、馬超、、怖じ気づいて逃げたらどうしようかと思ったぜ!」

 

張飛が不敵に馬超を睨みつけると、、、

 

 

馬超:「はっはっは!こんな面白い事がやめられようか!!」

 

馬超も応じて、再び、槍と矛を打ち合わせます。

 

張飛と互角に渡り合う馬超に感心した劉備

三国志 月

 

 

劉備:「張飛がむこう見ずなのは、今始まった事ではないが、、

馬超の武者ぶりの見事な事よ、、

民が錦の馬超と持て囃すのも無理はない、、」

 

 

劉備は、張飛と互角に渡り合う馬超に感心しました。

 

 

馬超と張飛、二人の一騎打ちは、その後も複数回続き、

陽が暮れてからも、火を焚いてまで打ち合いますが、

とうとう決着がつかず、時間切れの引き分けになってしまいました。

 

 

さて、この勝負、結果はどうなるのか、後は次回のお楽しみ

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  2. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  3. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄…
  4. 宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾
  5. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  6. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…
  7. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  8. 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征
  2. 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家
  3. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵
  4. 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!?
  5. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  6. 【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは? 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう) 劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持しながら、華々しい活躍をしないで終わった荊州牧 はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!

おすすめ記事

  1. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~
  2. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  3. 忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10
  4. 世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い!
  5. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  6. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  7. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  8. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP