よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る

長坂の戦い 張飛

 

張飛(ちょうひ)と言えば、大酒飲みで短気な脳筋(脳味噌きんにくんの意)

或いは、単細胞生物として、愛されて(?)いましたが、、

それも過去の話であり、益州に入ってからは勉強もしたらしく、

知力も70位(当社比)には上がったかのような成長ぶりを見せます。

 

前回記事:101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す

 

張郃と張飛は遂に対峙する

張飛VS張郃

 

張郃(ちょうこう)は、3万の兵をもって陣取り、

丘に3つの砦を築いて張飛と雷銅(らいどう)の軍勢に対峙しますが、

ここで張飛は偽兵の計を使い、それにハマった張郃は出陣して、

張飛と雷銅に破られ、砦に逃げ帰ります。

 

張郃:「なんだ、なんだ、張飛め以前とは大分違うではないか?これは用心せねば、、」

 

張郃はこうして、砦に籠り、両軍は酒を飲みながら相手を罵ると言う

極めて非生産的な作戦に出て行きます。

 

先に動き出したのは張郃陣

梅雨 s

 

それは50日にも上りましたが、痺れを切らした張郃は、

そろそろ攻めようと酒を絶って準備をしました。

 

偵察をやると、何と張飛は今でも酒を飲んで騒いでいるという報告、、

 

張郃:「くっくっく、、多少知恵がついても酒好きは治らんらしい」

 

張郃は嘲笑い、明け方奇襲を掛ける準備をしました、、

 

翌朝、張郃がひっそりと砦の外に兵を出すと、薄明かりの下で、

張飛の軍勢が酔い潰れて野営しているのが見えました。

 

張郃:「それ、総攻撃して皆殺しだ!!!」

 

ところが、張郃は張飛の軍勢に近づいてビックリ仰天しました。

 

それは、酔い潰れているように見せかけた藁人形だったのです。

 

張飛は再び張郃を撃破するが雷銅は戦死

炎 s

 

そこへ、お約束のジャーンジャーンジャーン!!

 

銅鑼が打ち鳴らされ、張飛と雷銅の軍勢が張郃に襲いかかります。

 

張郃は、再び破られ、命からがら逃げのびます。

 

蜀将の雷銅は、張郃を討ち取ろうとして、これを深追いしますが、

張郃は、万が一の為に、途中に伏兵を忍ばせていました。

 

これに襲われて雷銅は戦死、張郃は砦に逃げ帰ります。

 

張郃は、雷銅を伏兵で仕留めた事に気を良くし、

張飛をおびき寄せて、伏兵で討ち取ろうと画策します。

 

張飛と張郃の心理戦は続く

ビー玉 s

 

翌日、張郃は張飛に挑みかかり、少し戦うと逃げ出します。

 

張飛は、昨日の張郃の動きから何か仕掛けてくると察知していたので、

気づかれないように、軍を二手にわけて張郃の背後に回り込ませていました。

 

そうとは知らない張郃は、張飛が追ってきたのを見て、大喜びし

「それっ!」とばかりに伏兵を飛びださせますが、その伏兵の背後には、

張飛の伏兵がいて、一斉に背後から矢を射かけてきます。

 

張郃:「馬鹿な、、また張飛に謀られたのか!!!」

 

張郃の軍勢は、前にも後にも行けず瓦口関(がこうかん)という砦に逃げ込みました。

 

瓦口関は、小さい砦ですが堅城でしたので、張郃はここに閉じこもり

味方の援軍が来るのを待つ事にしたのです。

 

ですが、最初から最期まで負けっぱなしで士気も低下しています。

砦の正面では張飛が「腰抜け張郃!」と挑発してくるので

逃げ回ってばかりもいられません。

 

張飛の戦術がドンピシャにハマる

秦 王騎

 

張郃は、少しだけ砦から出て戦い直ぐに戻るつもりで、

瓦口関を打って出ました。

 

しかし、張飛と戦って幾らも経たない間に、瓦口関の裏手から

火があがるのを発見して張郃はビックリします。

 

張飛:「があっはっは! 張郃、俺様にブルって大人しく引っ込んでおればいいものを!

これで、てめえもお仕舞いだ!!」

 

張飛は、瓦口関の周辺を調査し、その裏手に回りこめる間道がある

という事を突きとめていました。

 

そこで、知らない顔で兵力を割き間道を通らせて伏兵し、

張郃が撃って出るのに合わせて火を掛けさせたのです。

 

張飛によって大損害を受ける張郃軍

三国志 月

 

張郃は、またも挟まれてしまい、もう、逃げ込める砦もありません。

張郃は、危険な崖を蔓を伝って駆け下り命からがら、漢中に逃げ帰ります。

 

最初に3万人いた張郃の軍は、この時10名前後になっていました。

 

それまでの単細胞のおバカキャラを返上する、張飛の鮮やかな作戦勝ちでした。

 

 

次回記事:103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を…
  2. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの…
  3. 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!
  4. ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった!
  5. 【ざっくり解説】開国と攘夷って一体どういう思想なの?
  6. 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「…
  7. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  8. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

  1. 大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る!
  2. 呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生
  3. 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染みキャラが死ぬの?」
  4. 劉備は本当に景帝の末裔なの?
  5. 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  6. 曹洪の手紙が美文のお手本『文選』に載っていた!しかしその実態は…!

三國志雑学

  1. 周瑜はナルシスト
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【告知】伝説の企画「袁術祭り」電子書籍を発売するよ 【9月の見どころ】9/29公開予定:【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説 王元姫 王元姫(おうげんき)とはどんな人?司馬昭の妻となる道理を重んじる女性 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!? 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか? 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた? 鎌倉時代の侍 鎌倉時代が始まったのは1192年?それとも1185年?

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。
  2. 土持政照とはどんな人?西郷どんの命の恩人に迫る
  3. 【三顧の礼】劉備を確保しろ!水鏡先生の野望
  4. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  5. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  6. 月刊はじめての三国志2018年10月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  7. 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実
  8. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP