張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

すぐに戦争したがる姜維

 

三国志は、メジャーな武将、知将達ばかりで構成されているのではありません。そこには、?と思う、変な武将達、知将、人物が含まれています。知らなくても、全然三国志演義を読むのに支障がない、そんな愛すべき、武将達をここで紹介致します。


恐らく最弱、張飛(ちょうひ)に怒鳴られて落馬して死んだ武将

最弱武将

 

夏候桀(かこうけつ)は、三国志演義にのみ登場する武将で夏候淵(かこうえん)や夏候惇(かこうとん)とは親戚、しかし、その武勇は全くゼロに等しく、長坂の戦いで張飛に一喝されて、肝を潰して落馬、打ちどころが悪く、そのまま死亡しました。

 

関連記事:張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?

関連記事:夏候惇と言えば独眼竜?

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い


葬式で曹丕以下、魏将全員がロバの鳴き真似で送った文官

王粲

 

王粲(おうさん)は、元々は、荊州の劉表(りゅうひょう)に仕えていたのですが、容貌が醜い為に嫌われ、後に荊州の支配者になった曹操(そうそう)に仕えて法律のスペシャリストとして活躍します。この王粲は、何よりもロバの鳴き声を愛していて、自分も、ロバの鳴き声を好んで真似していました。


皇帝・曹丕の粋な計らい

曹丕 残忍

 

王粲の死後、皇帝だった曹丕(そうひ)は、その事を思い出して、

「王粲を偲んで、参列者全員でロバの鳴き声をモノマネして、冥福を祈ろうではないか?」

 

と提案、、皇帝の命令に逆らえる筈もなく、厳めしい武官も文官もそれぞれ、一度づつロバの鳴き真似をして送りました。

 

関連記事:三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

関連記事:貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇


怒らせて血を吐かせて病を直した名医 華佗

華陀 麻沸散

 

関羽の肘を外科手術で直し、曹操の原因不明の頭痛を頭部を切開して直すと言った為に、曹操に疑われて殺された伝説の名外科医華陀(かだ)は、ある所で、郡長官の病気を診ていました。

 

華陀の見立てでは、郡長官は怒らせれば治ると出ました。

※どういう病気なんだよ、、、

すると華陀は、報酬を貰ってもろくに治療もせず、診療をすっぽかしたばかりか、郡長官の悪口を書いた文書をわざわざ送りつけました。それを見た郡長官は、あまりの無礼に激怒して、大量の血を吐きます(またか、、)

 

ですが、それっきり、郡長官の病は治癒したそうです。いかがでしょうか?いずれも知らなくても困らない人々の逸話ですが、何だか面白いと思いませんか、、

 

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

関連記事:世界初の外科手術を行った? 華佗とはどういう人物だったか

 

関連記事

  1. 陸遜
  2. 親バカな諸葛孔明
  3. 曹丕に喧嘩を売る曹植と楊脩
  4. 犬とネズミ
  5. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP