編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

この記事の所要時間: 139




劉備 呂布 裏切り

 

三国志は、メジャーな武将、知将達ばかりで構成されているのではありません。

そこには、?と思う、変な武将達、知将、人物が含まれています。

 

知らなくても、全然三国志演義を読むのに支障がない、

そんな愛すべき、武将達をここで紹介致します。




恐らく最弱、張飛(ちょうひ)に怒鳴られて落馬して死んだ武将

最弱武将

 

夏候桀(かこうけつ)は、三国志演義にのみ登場する武将で

夏候淵(かこうえん)や夏候惇(かこうとん)とは親戚、

しかし、その武勇は全くゼロに等しく、長坂の戦いで張飛に

一喝されて、肝を潰して落馬、打ちどころが悪く、そのまま死亡しました。

 

関連記事:張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?

関連記事:夏候惇と言えば独眼竜?

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い




葬式で曹丕以下、魏将全員がロバの鳴き真似で送った文官

ロバ

 

王粲(おうさん)は、元々は、荊州の劉表(りゅうひょう)に仕えていたのですが、

容貌が醜い為に嫌われ、後に荊州の支配者になった曹操(そうそう)に仕えて

法律のスペシャリストとして活躍します。

 

この王粲は、何よりもロバの鳴き声を愛していて、

自分も、ロバの鳴き声を好んで真似していました。

 

皇帝・曹丕の粋な計らい

曹丕 残忍

 

王粲の死後、皇帝だった曹丕(そうひ)は、その事を思い出して、

「王粲を偲んで、参列者全員でロバの鳴き声をモノマネして、

冥福を祈ろうではないか?」

 

と提案、、皇帝の命令に逆らえる筈もなく、厳めしい武官も

文官もそれぞれ、一度づつロバの鳴き真似をして送りました。

 

関連記事:三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

関連記事:貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇

 

怒らせて血を吐かせて病を直した名医 華佗

華陀 麻沸散

 

関羽の肘を外科手術で直し、

曹操の原因不明の頭痛を頭部を切開して直すと言った為に、

曹操に疑われて殺された伝説の名外科医華陀(かだ)は、

ある所で、郡長官の病気を診ていました。

 

華陀の見立てでは、郡長官は怒らせれば治ると出ました。

※どういう病気なんだよ、、、

 

すると華陀は、報酬を貰ってもろくに治療もせず、

診療をすっぽかしたばかりか、郡長官の悪口を書いた

文書をわざわざ送りつけました。

 

それを見た郡長官は、あまりの無礼に激怒して、

大量の血を吐きます(またか、、)

 

ですが、それっきり、郡長官の病は治癒したそうです。

 

 

いかがでしょうか?いずれも知らなくても困らない

人々の逸話ですが、何だか面白いと思いませんか、、

 

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

関連記事:世界初の外科手術を行った? 華佗とはどういう人物だったか




こちらの記事もよく読まれています

張角 茶

 

よく読まれてる記事:劉備も茶を求めた?中国茶の歴史

 

三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操

 

よく読まれてる記事:三国志演義に登場する兵器

 

かぼちゃ 孫権

 

よく読まれてる記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

 

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  2. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  3. 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察…
  4. 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析
  5. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリー…
  6. 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介
  7. 21話:汜水関の戦いの功労者
  8. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  3. 74話:孔明に嫉妬する周瑜
  4. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  5. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ
  6. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!! 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しました! 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相 集まれ曹操の25人の息子たち・その3 インスタグラムはじめました。 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ! 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?

おすすめ記事

  1. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  2. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.2
  3. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  4. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】
  5. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」
  6. 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  7. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  8. 董卓は実は名将軍であるという根拠

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP