よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編

この記事の所要時間: 622

度重なる暗殺未遂、猜疑心の塊になる始皇帝

 

始皇帝は皇帝に即位して以来、少なくとも三度、暗殺の危機に直面します。

最初は、暗殺者荊軻(けいか)の友で筑の名手だった高漸離(こうぜんり)

二回目は後に漢の高祖劉邦の軍師となる張良(ちょうりょう)に雇われた

力士に巡遊中に30キロの鉄のハンマーを投げられ車を大破された事もあります。

この時、始皇帝は別の車に乗っていて助かりました。

 

三度目は始皇帝がお忍びで4人の共だけを連れて夜間外出を行った時に

襲撃を受けますが、武人達によって賊は取り押さえられます。

 

いずれも未遂でしたが、始皇帝は度重なる暗殺に怯え、

次第に自分に近づける人間を制限するようになります。

その結果、趙高(ちょうこう)のようなお気に入りの宦官だけが、

常に始皇帝の側にいるという状態になり他の家臣は、

始皇帝と接触すら出来なくなったのです。

 

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

 

始皇帝死す

始皇帝 キングダム

 

始皇帝の最晩年になると、始皇帝の死を予言する隕石に刻まれた文字や、

秦が近々滅びるという噂が人民に広まり咸陽にも届くようになります。

始皇帝は、巡遊しながらも、海神と戦う夢を見ては、海で弩を放って、

大鮫を仕留めたり、金陵(南京)で500年後に天子が現れるという予言を聞くと

山を削って丘を切り、天子の運気を払おうとします。

 

それは本人は大真面目でも周囲からは滑稽そのものでした。

残り少ない寿命を燃やして、秦と自分の永遠の命を求めた始皇帝ですが、

紀元前、210年、五回目の巡遊の最中に沙丘で死にます。

49歳、不老不死でも若死にでもない当時の人間の平均寿命を全うしての最後でした。

 

三国志ライターkawausoの独り言 始皇帝の性格とは?

kawauso 三国志

 

始皇帝の性格は、非常に猜疑心が強く一度人を疑うと、それを解く事がない、と

執念深い半面で、自分に利益をもたらす人間には、それが奴隷でも頭を下げて

へりくだり助けを請うという強かさを持ち合わせています。

 

一方で、恩義などというものを感じる事はなく、どんな功臣でも不要になると

あっさり殺すという極めて酷薄非情な面があります。

また違う面では、誰も及ばない程に仕事熱心でもあり、重要案件は、

全て自分で決済して、70名もいた学者は無用の長物であったとも言われます。

 

子供の頃の誰も信じられない苛酷な経験が、始皇帝の特徴である

強い猜疑心を産んだとも言えますが、始皇帝の乱行については、

彼が不老不死の霊薬として水銀を服用していた為という説もあります。

 

水銀を服用すると、性格の起伏が激しくなり、大笑いしていたかと思うと、

次の瞬間には激怒するというような事が起きるようです。

 

人民を虐げ、思うがままに生きた始皇帝の悪行を考えると、手放しで褒める事は

出来ないのですが、一方で、始皇帝のような我と個性が強い人でないなら、

中央集権制をはじめとする斬新で大胆な改革は出来なかったでしょう。

 

やはり、始皇帝は時代の要請で産まれるべくして生まれた英雄なんでしょうね。

 

関連記事:始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

胡亥

 

よく読まれてる記事:始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?

 

王政君お怒り!玉磁なげる

 

よく読まれてる記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

不老不死 始皇帝

 

関連記事:始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

ページ:
1 2

3

関連記事

  1. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたす…
  2. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  3. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を…
  4. 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!
  5. 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!
  6. 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!
  7. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格
  8. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの?
  2. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す
  3. 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀
  4. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  5. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  6. 【朝まで三国志2017】告知参加メンバーが判明したよ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは? 井伊直弼は井伊直虎の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず! 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられた忠義を尽くした武将

おすすめ記事

  1. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君
  2. 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性
  3. 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解説
  4. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国志演義で紹介!
  5. 【はじめての孫子】第2回:どうして『孫子』はビジネスマン必携の書と言われるの?
  6. 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉
  7. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?
  8. キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・・

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP