編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編

この記事の所要時間: 622

キングダム 始皇帝

 

身分にこだわらず、多くの人材を集めた事で秦王政の中華統一の事業は完成します。

しかし、始皇帝と名乗った政(せい)は、自身を神に等しいと錯覚し、

人民を虐げ、家臣の諫言を反逆と考えるようになります。

 

人民を守る木陰になるべき大木は、より自分を大きくしようと

中華のエネルギーを吸いあげ、中国人民は飢えと労役に苦しむのです。

 

 

天下を統一した政、始皇帝と名乗る

始皇帝 キングダム

 

紀元前221年、六国を滅ぼして中華を統一した秦王政は、新しい支配者に

相応しい称号を制定するように命じました。

今までの王は、六国が名乗っていた事もあり唯一絶対の存在ではありえない

そのように始皇帝は考えていたのです。

 

そこで採用されたのが古の世界の神である三皇とそれより後代の人間の

名君である五帝を合わせた、三皇五帝から一字づつを抜き出した皇帝でした。

 

これは政が、これらの三皇五帝を合わせた業績を上げたという意味で付けられ、

秦王政は自ら最初の皇帝、始皇帝(しこうてい)と名乗ります。

 

始皇帝は、王の没後に臣下がつける王の謚(おくりな:文王や武王、幽王など)を

家来が主君を評価する無礼な行為であるとして、以後許さず、

自分以後の皇帝は2世皇帝、3世皇帝とすると宣言します。

 

ここにも、絶対者として他者の批判を許さない始皇帝の性格が見え隠れします。

 

始皇帝、封建制を廃止し、中央集権制を敷く

李斯

 

始皇帝は、重臣の李斯(りし)の提案で新時代に相応しい統治システムを採用します。

それは、今まで、各地に置いていた王や公を廃止して、新たに郡県制を

敷いて中央から派遣した役人に政治を行わせる方法です。

 

周の時代までは、諸候や王族に各地に土地を与えて、そこを支配させて

いたのですが、それでは、数世代経過すると、王族や諸候が土地に土着して

中央の命令よりも土地の利害を優先するようになる欠点がありました。

 

そこで始皇帝は、全国を36の郡に分け、その下に県、郷、里と

次第に小さな行政区域を設置しました。

中央からの役人は大小問わず、数年の任期で異動になり、

軍権も与えられていないので土着して権力を奮う事もありません。

こうして、全ての権力が皇帝に集中する事になり皇帝の力は極大になりました。

 

これにより、周以来の封建国は消滅し、各国の民は秦人民になりました。

今でも中国をChinaと呼ぶのは、この時の秦(chin)が訛ったものだと言われます。

 

ここに中国人という概念が誕生し中国は一つであるという考えが共有され、

以後の中国は分裂しても統一するという過程を取るようになります。

 

 

始皇帝の経済政策

 

中国が七雄に分かれていた頃は、貨幣も度量衡も、馬車の車輪の幅も、

計算方法も全てバラバラでした。

 

中国が秦により統一されて流通が飛躍的に活発化すると、

そのマチマチな社会システムが大きな問題になるようになります。

そこで始皇帝は、貨幣を統一して、度量衡、(長さ、体積、質量の計算法)の

標準を決め、馬車の車輪の幅を統一していきました。

さらに、道路も拡張・伸長し、霊渠(れいきょ)と呼ばれる中国大陸の南北を繋ぐ

運河を掘削するなど、咸陽を中心に中国が一つになるように整備がされます。

 

そればかりでなく、始皇帝は各地で少しずつ違っていた

文字の書体も篆(てん)書体で統一します。

これにより、中国のどこにいても決まった文字で決まった内容が

伝えられるようになり、情報の共有化が容易になりました。

 

始皇帝の経済や文化政策は皇帝が中国を治めやすくする為でしたが、

その恩恵は始皇帝個人を超え、その後、二千年、無数の人々に

膨大な利益をもたらす大事業として歴史にプラスの評価をされます。

 

人民を酷使する大土木工事

photo credit: Incense 2 via photopin (license)

photo credit: Incense 2 via photopin (license)

 

始皇帝は太陽のような人物です、その人物が遠くに見える時には、

威風堂々として見え、畏敬の念さえ持ちますが、近づいてくると、

多くのものを燃やし尽くして、何も残さない暴君に過ぎなくなります。

 

道路を拡張したり、運河を掘ったり、人民の益になる仕事をした反面で、

始皇帝は、驪山陵(りざんりょう)という巨大な墳墓や、阿房(あぼう)宮という大宮殿、

そして、匈奴(きょうど)の襲来に備えるという理由で万里の長城の建設を始めます。

 

それらは概ね、自分の欲望の為であり、動員された人民も百万名を

越えるという空前絶後の大事業でした。

 

ようやく戦争が終わり、泰平の世を楽しめると信じた人々は、

重税と強制労働に追いまわされ、疲れ果て激しい不満を持っていきます。

 

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  2. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  3. 【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特…
  4. 呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!?
  5. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した…
  6. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  7. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  8. 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】
  2. 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する?
  3. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  4. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  5. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将
  6. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは? 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者

おすすめ記事

  1. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント?
  2. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶
  3. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?
  4. 夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族
  5. 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化
  6. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】
  7. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない
  8. 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP