北伐
朝まで三国志軍師




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!

この記事の所要時間: 320




匈奴中郎将の役目を果たした臧旻(ぞうこう)を太原太守に任じたのが、

当時、三公の太尉を務めていた袁逢(えんほう)です。

臧旻は今回の主役、臧洪(ぞうこう)、字は子源の父親です。

袁逢は袁術(えんじゅつ)の父親になります。

臧旻は喜んで息子の臧洪を連れて袁逢に礼を云いに行ったといわれています。

臧洪は袁逢のお陰で孝廉に選出されて郎中という仕事につきます。

役所勤めの人たちの世話係です。

コネで公務員になれたんですね。羨ましい。




袁術の屋敷に行くがニアミス

袁術と臧洪

 

袁逢に直接お礼を云いにいことしたらちょうど亡くなったときでした。

袁術袁紹の住む屋敷に弔問に行きますがあまりの人の多さに入れません。

友人の陳琳には会うことができましたが、袁術には残念ながら会えていないようです。

うーん、ニアミス。




他の期待の新人たちとともに県令にしたのはあの●●

 

183年に臧洪は司徒府に呼ばれ、地方活性化のために選ばれた他の若手三人とともに県令となります。

ちなみに年収は郎中の倍です。

厳密には三百石が六百石の禄高となりました。

凄い出世ですね。

この時の司徒が袁隗(えんかい)です。

袁隗についても以前にお伝えしていますが、袁逢の弟、つまり袁術の叔父にあたります。

期待の新人は臧洪の他に、以前お伝えしたスター劉繇(りゅうよう)、あとは王朗と趙昱です。

皇族の領地である「国」の県令となります。

国を治めるのは太守や刺史とは呼ばず「国相」と呼びます。

臧洪は徐州瑯邪国即丘県の県令となります。当時の国相は陳遵、徐州刺史は陶謙(とうけん)です。

184年の黄巾の乱に対して、兵を集める仕事を嫌がり退職しちゃいます。

実は結局、期待の四人ともすぐに県令をやめちゃうんです。

高給取りの公務員なのにもったいない・・・。

 

関連記事:実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

関連記事:エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?

関連記事:【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話

関連記事:スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ

 

またも袁術とニアミス

反董卓軍010

 

故郷徐州広陵郡射陽県に帰ると、189年には広陵郡太守である張超から呼び出しがかかり功曹として働くことになります。

勝手に辞めてまた復職できるあたり、臧洪はやはり有能だったし、評判も良かったのでしょう。

190年には曹操(そうそう)の反董卓連合の回状が回ってきて、

張超(ちょうちょう)とともに兗州陳留郡の太守である張邈のところに兵一万を率いて向かいます。

張邈は張超の兄です。

このとき曹操に兵を五千ほど貸しています。

曹操徐栄に敗れたのは、この兵が弱かったからなのか・・・。

臧洪は広陵郡の太守代行に友人の趙昱を推薦し、その通り意見が通りました。

この時、臧洪は陳留の酸棗の陣にいましたし、

袁術は荊州の魯陽に陣を張っていたので、同じ連合軍ですが、ニアミスしてます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  2. 合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?
  3. 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の…
  4. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  5. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編
  6. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  7. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝より…
  8. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったか…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【正史と政治】張巡は歴史書で英雄に祀り上げられた
  2. 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君
  3. 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別
  4. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  5. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  6. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【保存版】キングダム、あの名将の悲惨な最期ワースト8選 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし) 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの? 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!? 謎多き登場人物、関索って何者?

おすすめ記事

  1. 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入
  2. 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説
  3. 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  5. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  6. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家
  7. 【第5回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】総括します!愛着の湧く三国志ゲームでした
  8. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“邪馬台国"
PAGE TOP