架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑馬、短豆を恋う」

この記事の所要時間: 422




司馬懿

 

彼は重病であった魏の二代目皇帝である明帝から曹爽(そうそう)と共に

幼い皇帝を補佐するよう後を託されます。

司馬懿(しばい)は曹爽と共に三代目皇帝を補佐しますが、次第に両者の仲は

冷え切っていきます。

そして一触触発の対立にまで発展してしまいます。

両陣営は注意深く相手のスキを伺っている緊張した毎日が続いている中、

司馬懿の陣営から一人の大臣が曹爽に寝返ります。

司馬懿に報告した大臣はうろたえます。

しかし司馬懿は落ち着いており報告してきた大臣に

「駑馬、短豆を恋う(どば、たんとうをしたう)」

一言漏らします。

今回は司馬懿が漏らした名言と曹爽との権力争いを分かりやすく

紹介していきたいと思います。




魏の明帝死す

photo credit: Purple haze via photopin (license)

photo credit: Purple haze via photopin (license)

 

司馬懿は公孫淵討伐から帰還している最中、一人の使者がやってきます

その使者は明帝の側近でありました。

明帝の側近は「司馬懿殿。明帝が危篤状態で明日をもしれぬ状態です。

早く洛陽へお戻りくだされ。」と伝えます。

司馬懿は軍勢を置き去りにして洛陽へ急ぎ、洛陽へ着くと

明帝の寝室へ入ります。

明帝は司馬懿が来た事を知らされると「司馬懿、よく来た。朕の命はもう長くない。

次の皇帝は幼い皇帝であるため、そちと曹爽。二人が力を合わせて補佐してくれ。」

と遺言を託します。

司馬懿は明帝の言葉に頷き、遼東討伐の報告を簡単に行い、

その場を後にします。

そして239年魏の二代目皇帝曹叡(そうえい)は静かに息を引き取ります。

 

関連記事:曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?




政権の中枢から外される

司馬懿

 

司馬懿は明帝の遺言を守るため曹爽と共に幼い皇帝を補佐します。

二人はお互いに協力して幼い皇帝を補佐し、

魏の政権が乱れ無いように細心の注意を払いながら

政治を行っていきます。

こうして数か月が過ぎた頃、曹爽の側近である何晏らは

司馬懿を要職から落とし、曹爽を魏の政権の中心に据えようと画策。

そのため何晏ら側近は曹爽に「司馬懿を太傅にし、

政権から遠ざけ彼の権力を押さえましょう。」と進言。

曹爽は何晏らの進言を受け入れ、司馬懿を太傅へ任命させます。

こうして司馬懿は政権から遠ざけられる事になります。

なぜ司馬懿は反発せず、

名誉職である太傅にすんなりと収まったのでしょうか。

 

関連記事:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活

関連記事:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

関連記事:【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿

 

司馬懿が反発しなかった理由

司馬懿

 

司馬懿は知略や軍略、謀略にも優れている彼が、

なぜ大人しく曹爽のいう事を聞いたのでしょうか。

そこにはしっかりとした理由がありました。

司馬懿は政権から遠ざけられても、

魏国の中でずば抜けた軍事的功績を持っており、

政権から離れても軍権は未だに彼の手中にあります。

そのため政権の中枢から遠ざけられても

軍事は司馬懿、内政は曹爽という分担制になっただけなので、

反発せず大人しくいう事を聞きます。

 

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

軍事的実績を積むため蜀へ侵攻

孔明 司馬懿 役職

 

曹爽は曹家一門の一人という事もあり、高い名声を持っておりました。

だが軍事的実績が無いため、未だに司馬懿が魏の軍権を保有しております。

そこで彼は軍事的実績を群臣に示し、司馬懿から軍権を奪い取り、

魏の政治と軍事両方の権力を握るため蜀侵攻を考え、会議の席で発言。

司馬懿は曹爽の提案である蜀侵攻は必ず失敗すると判断し、

猛反対します。

しかし魏の群臣は曹爽の意見を支持した事で、

蜀侵攻が決まります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』
  2. 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  3. クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?
  4. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系…
  5. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  6. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  7. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  8. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?
  2. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介
  3. 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】
  4. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。
  5. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人
  6. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!? 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから? キングダム 519話 ネタバレ予想:閼与に飛信隊が投入される! 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介 はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大いに活躍【晋の謀臣列伝】 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家

おすすめ記事

  1. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  2. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  3. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  4. 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】
  6. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  7. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より
  8. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP