架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての漢

魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)

この記事の所要時間: 257




梁興

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

梁興(りょうこう)は、字(あざな)も生まれた年も定かではありません。

個人の伝もなく、その活躍の記録は、三国志蜀志、「馬超(ばちょう)伝」や

魏志「夏侯淵(かこうえん)伝」「徐晃(じょこう)伝」「張郃(ちょうこう)伝」

「鄭渾(ていこん)伝」などで見る事が出来ます。

彼の人生には生まれ落ちた涼州の特徴が大きく影響しています。

それは、容易に支配者の権威には服さない遊牧民としてのプライドでした。




中華十三州でも特異な土地である涼州

%e9%87%8e%e6%9c%9b%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be%e3%81%ab%e8%87%aa%e7%94%b1%e3%81%ab%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%81%9f%e6%a2%81%e8%88%8802-%e6%a2%81%e8%88%88

 

涼州は、他の州とは違う大きく際立った特徴があります。

それは土地が痩せていて、農作物が獲れない代わりに、

牧草が生い茂り家畜の生育に適しているという事です。

 

その為に、この土地には農耕をしないか或いは半農半牧の

遊牧民が大勢暮らし漢民族は少数派でした。

人口も四十万に満たないのに、領域は西域への玄関口である敦煌(とんこう)までと

広く広大な土地に人がまばらに住むという状態、当然のように多くの住民は騎馬民族であり

漢の統治が弱ると度々反乱を起こしました。




後漢の末に大暴れした関中十部の一人 梁興(りょうこう)

梁興

 

梁興が登場したのは、そんな漢族の支配力が弱った後漢の末でした。

どうやら梁興は、涼州の軍閥、関中十部(せきちゅう・じゅうぶ)の一人として割拠し

漢王朝のコントロールから抜け出し、各地で略奪を繰り返していた人物のようです。

 

この涼州には、韓遂(かんすい)という三十年もの間、後漢にも

曹操(そうそう)にも抗い続けた軍閥の親玉がいました。

そして、韓遂と双璧の関係で馬騰(ばとう)も広く涼州に根城を持ちます。

関中十部は、この韓遂と馬騰に同盟、或いは臣従する形で、

独立を維持し漢族の支配から抜けようとしていました。

 

関中十部の錚々たる面子とは?

梁興 馬騰

 

関中十部には、最もメジャーな韓遂と馬騰以外に、

侯選(こうせん)、張横(ちょうおう)、程銀(ていぎん)、成宜(せいぎ)、

李堪(りかん)、 馬玩(ばがん)、梁興、楊秋(ようしゅう)の八名がいます。

まあ、多くの読者が「誰それ?」という感じでしょうが仕方ありません。

 

三国志演義では、この八名が「手下八部」と呼ばれ纏めて、

韓遂の家来、旗本のような扱いですが、実際には、この八名も軍閥として、

涼州にそれぞれ、数千家程度の私民を持っていた事でしょう。

 

韓遂と馬超は手を組んで曹操を追いつめるが離間の計で敗れる

馬騰 曹操

 

韓遂と馬騰は、やがて仲違いし関係は修復不可能になり、

馬騰の方は、曹操の軍門に降っていきました。

 

しかし、涼州には御曹司の馬超が残留していて、

この馬超が父とは敵同士の韓遂と手を組んで曹操に反旗を翻します。

 

これが、西暦211年の潼関(どうかん)の戦いで東の長安を落とそうと狙う、

韓遂・馬超コンビの10万の精兵に曹操は大苦戦し、

今更ながらに厄介な騎馬民族の力を思い知る事になります。

 

ここで梁興は5000の騎兵を率いて、黄河を渡河して陣地を造ろうとしていた

朱霊(しゅれい)と徐晃の歩騎、4000人に襲い掛かって阻止しようとしますが、

あっさり撃退されて陣地を構築されました。

 

戦線は圧倒的な馬超の騎兵の前に曹操の防戦一方で推移しますが、

たかが曹操、されど曹操で、軍師賈詡(かく)の進言を入れて、

手紙を用いて韓遂と馬超の仲を疑心暗鬼にさせると、

一枚岩だった韓遂と馬超の連合軍は脆くも崩壊し、戦争は、

曹操軍の圧勝に終わってしまいます。

 

俺の仕事はここからよォ!それでも暴れまわる梁興

梁興

 

ですが、韓遂と馬超が仲違いし、関中十部の軍閥が一部曹操に降伏しても

梁興は負けずに諸県を荒らしては略奪を続けます。

大ボスが消えても暴れ回る辺りに、梁興の蛮勇が透けてみえます。

ただの韓遂や馬超の腰巾着では無かったのです。

 

その猛威に、涼州の守備軍は対抗できず、険しい土地に遷都して

砦に籠って我が身を守ろうという意見が大勢を占める程でした。

 

左馮翊、鄭渾、梁興の暴力に対峙する

梁興

 

ところが左馮翊(さひょうよく)に任命されていた鄭渾(ていこん)は、

それでは梁興を勢いづかせるだけで問題の解決にはならない」と強く反対、

住民を励まして砦を修理させ「梁興の暴力には屈しない」という

力強いメッセージを送ります。

 

そして、涼州の民を集めて梁興の討伐軍を編成して、周辺の賊を退治します。

その時、鄭渾は、「賊から戦利品を得た者は、その7割を与える」としたので、

民兵のやる気は増幅し戦利品欲しさに各地で賊を打ち破りました。

 

sp_title01

 

 

魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう)

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてし…
  2. これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)
  3. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  4. 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?
  5. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  6. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた?
  7. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  8. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しが…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介
  3. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  4. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  5. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  6. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

45話:象対蟻か?袁紹vs曹操 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操? 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの? 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ! 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?

おすすめ記事

  1. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  2. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  3. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  4. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  5. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!
  6. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  7. 87話:劉備、蜀への侵攻を決意
  8. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP