法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦

劉邦をなだめる陳平と張良




曹操

 

三国志英雄と言われた曹操も官渡の戦いや青州黄巾賊討伐戦などで何度も死地に陥る

苦しい戦いを行っております。

曹操のような苦しい戦いを乗り切ってきた英雄は三国志の時代だけではありません。

漢帝国を樹立した初代皇帝劉邦も苦しい戦いを何度も乗り越えて、

天下統一を行います。

彼の戦いの中で苦しい状況に陥った戦いはいくつかありますが、

その中でも一番苦しいであろう戦いである滎陽城(けいようじょう)籠城戦を今回は紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?




滎陽城に籠城する

劉邦

 

劉邦(りゅうほう)項羽(こうう)の本境地である

彭城(ほうじょう)を空前絶後の大軍で一度は陥落させますが、

項羽率いる三万の軍勢に撃破され、彭城は陥落。

 

陳平

 

劉邦は命からがら彭城から脱出することになります。

その後彭城の戦いで散った敗残兵を結集させて滎陽城へ入城。

ここで項羽軍を迎撃するべく、防御工事をしっかりと行い籠城準備を行います。

 

関連記事:三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!

関連記事:驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能!




項羽軍の猛攻を受けきる

張良 劉邦

 

項羽は彭城奪還に成功すると劉邦が滎陽城に籠城していることを知ります。

彼は軍勢をいくつかに分けていたため、全軍で滎陽城攻撃を行うことができませんでしたが、

手持ちの兵力で自ら滎陽城を攻撃するため出陣。

滎陽城に到着した項羽軍はすぐに攻撃を開始します。

しかし劉邦が手塩にかけて防御工事を行った滎陽城は項羽軍の攻撃を見事に跳ね返します。

項羽は一度攻撃を中止して、再度火を噴くような勢いで滎陽城を攻撃するも、

再びはじき返されてしまいます。

 

関連記事:劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

項羽軍が滎陽城を攻略できないわけ

張良㈬ 鴻門の会編05 項羽

 

戦に関しては無敵に近い項羽ですが、なぜ彼は滎陽城を一撃で攻略できなかったのでしょうか。

一つ目の原因として項羽軍の味方をしていた諸侯が裏切ったためです。

裏切った諸侯の中でも最大の勢力を持っていたのは九江王(きゅうこうおう)黥布(げいふ)でした。

彼は楚の懐王殺害を命じられて以降、項羽との仲がぎくしゃくしてしまいます。

この点に目を付けた劉邦は彼に使者を送って「項羽とうまくいってないなら、

俺と手を組んであいつ倒そうぜ」と裏切るように誘います。

黥布は劉邦の誘いに乗って項羽に反旗を翻すことになります。

項羽は黥布反乱の報告を知ると彼を討伐するため、兵を割いて討伐軍を出撃させます。

このため項羽軍は諸侯の討伐を行わなければならなかったことから、

兵力を滎陽城に集中させることはできませんでした。

二つ目の理由は滎陽城の位置にあります。

この城は劉邦の本拠地である関中に近い場所にあり、関中は名宰相とうたわれた簫何(しょうか)

おり、彼が漢軍がこもっている滎陽城に兵力や食料などの物資を運んでおりました。

そのため項羽軍の攻撃を受けて損害を出しても、

簫何の才腕によってすぐに兵力や物資が補給されるため、

項羽軍は滎陽城を攻略することができなかったのです。

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

 

危機に陥る滎陽城

項羽

 

劉邦は上記の理由から滎陽城攻防戦を優位に進めておりました。

しかし項羽軍が諸方の反乱を鎮圧し、兵力を滎陽城に集中させ始めます。

そのため滎陽城の攻撃が日に日に苛烈になっていき、劉邦軍の損害は大きくなっていきます。

また簫何(しょうか)からの補給物資も項羽軍の補給路切断作戦によって補給物資が少なくなっていき、

食料や武器、兵士の補給が少しづつ少なくなっていきます。

こうしたことから劉邦軍の優位が日に日に亡くなっていくことになり、

滎陽城は危機的状況に立たされていくことになります。

 

 

陳平(ちんぺい)の謀略

陳平 劉邦

 

劉邦軍には二人の軍師がおりました。

一人はみんな知っている張子房。

もう一人は陳平(ちんぺい)です。

今回はこの陳平の謀略が活躍します。

 

范増

 

彼は劉邦に「項羽は血族以外はあまり信用しておりません。

そこで彼の軍師である范増(はんぞう)

を項羽から引き離すために項羽軍の軍中に流言を放った項羽と范増を引き離そうと思います。」と

進言します。

この進言を受け入れた劉邦は陳平に軍資金をふんだんに与えます。

陳平は劉邦からもらった軍資金を使って項羽軍の軍中に范増の悪口を言いふらします。

また項羽軍の使者がやってきた時に豪華な食事を出して接待しようとしますが、

使者が項羽からの使者だと分かると豪華な食事を下げて、粗末な食事を出して接待。

このようにあの手この手を使って項羽と范増を引き離そうと試みます。

陳平の作戦は成功し、項羽は范増を疑い彼を軍中から追い出してしまいます。

 

関連記事:陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人

関連記事:張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)

 

金蝉脱殻の計

陳平

 

陳平の謀略によって軍師范増を項羽軍から追い出すことに成功しますが、

項羽軍の滎陽城攻撃の激しさは変わりませんでした。

そのためいつ滎陽城が陥落してもおかしくない状況でした。

そこで陳平は再び劉邦に策を献策します。

彼は「このままでは滎陽城が陥落し、大王は項羽につかまってしまうでしょう。

そこでこの城に残留部隊を残して、大王は関中に戻って態勢を立て直すのがいいと思います。」

と進言します。

さすがに劉邦はこの作戦を実行することをためらいますが、張良もこの作戦に賛成しており、

残留部隊を選抜している状態でした。

劉邦はこの作戦を採用して関中へ退却することを決意します。

この陳平が提案した作戦は孫子の兵法書に書かれており「金蝉脱殻(きんせんだっこく)の計」と

呼ばれることになります。

 

残留部隊の諸将は全員討ち死に

項羽

 

劉邦は関中へ向かって滎陽城を脱出します。

その後滎陽城へ残った残留部隊の諸将は劉邦がいなくなった後も戦いを続けますが、

項羽軍の猛攻に耐え切れず城は陥落。

そして諸将はみな討ち死を遂げることになります。

 

楚漢時代ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

さて劉邦は滎陽城から逃げ出した後どうしたのでしょうか。

滎陽城を撤退した劉邦は関中へ向かおうと考えますが、

彼は方向を変えて韓信の元へ向かいます。

そして彼は韓信が苦労して集めていた精鋭をかっぱらって、

自らの兵力として項羽軍へ反抗作戦を開始していくことになるのです。

「今回の楚漢戦争時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃ~またなにゃ~」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!

関連記事:【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黒田官兵衛 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる
  2. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨…
  3. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相…
  4. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法…
  5. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘っ…
  6. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体…
  7. 夏侯玄 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名…
  8. 項羽 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 岳飛(南宋の軍人)
  2. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  3. 桃園の誓012
  4. 君たちはどう生きるか?劉禅
  5. 鄧禹と兵士
  6. 五代友厚 幕末

おすすめ記事

  1. キングダム 本ネタバレ536話「大将軍の景色」
  2. 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった?
  3. 馮氏(ふうし)とはどんな人?三国志演義では出番が少ないが正史三国志では重要人物
  4. 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10 羅憲
  5. 王昭儀、曹操に愛され曹丕に大事にされた世渡り上手な女性 王昭儀
  6. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

三國志雑学

  1. 周瑜の魅力
  2. 土いじりをする劉備
  3. 幕末 魏呉蜀 書物
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉備
  2. お酒が強い篤姫
  3. 陸遜と孫権
  4. 始皇帝
  5. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操

おすすめ記事

ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る キングダム 524話 ネタバレ予想:秦右翼軍動き岳嬰が討死?王翦が信頼する亜光が活躍 現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!! スーパーDr華佗 三国時代は荒療治が日常茶飯事だった? 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの? 苦笑いするしかなかった公孫サン(公孫瓚) 公孫瓚は朝鮮を支配した公孫度と仲が良かったの? 耶律突欲 【謎の国】東丹国と悲劇の国王・耶律突欲はどんな生涯を送ったの? 丁奉(ていほう) 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP