法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)




孫晧

 

三国の一角である呉は、孫権(そんけん)の晩年からおかしくなっていきます。

特に、最後の呉の皇帝、孫皓(そんこう)は暴虐非道で、気に入らない家臣は、

顔の皮を剥いだり、目玉をくりぬくなど、最後の暴君に相応しい、

めちゃくちゃな事をしていきます、そして、そんな孫皓の時代に、

デマで殺された孫奉(そんほう)が登場しました。




小覇王、孫策の孫、その名は孫奉

孫策

 

孫奉(そんほう)の父は、孫紹(そんしょう)といい、

あの小覇王、孫策(そんさく)の実の子供です。

本来なら、呉の統一の覇業は、彼が継ぐ筈でしたか、あまりにも幼すぎました。

彼は、生まれたばかりの赤ん坊だったのです。

 

孫権

 

そこで、呉の継承者は、孫策の弟の孫権(そんけん)に移り、後に成長した孫紹は、

叔父の孫権から、呉侯に封じられ、後には上虞(じょうぐ)侯になりました。

この、孫紹の子が孫奉でした、彼は正しく小覇王の血脈を継いでいるのです。




暴君、孫皓、左夫人を失い、しばらく政治を見なくなる

 

暴君、孫皓には、左夫人という、寵愛している妃がいたようですが、

その人が病死してしまいました。

家臣の目は平気でくりぬく孫皓にも、人の心はあるようで、

左夫人を失った傷心から、しばらく政務を放棄して自室に引きこもります。

それは、数か月という長期に及びました。

 

デマ発生、孫皓死亡説!!

 

さて、どこから、どうやったのか、しばらく姿を見せない孫皓に、

巷では、死亡説が流れはじめます。

現代日本でも、志村けん死亡説など、根も葉もないデマが時折流れて

いますが、当時の呉でも同じだったのでしょう。

 

そうでなくても、暴君の孫皓ですから、そのまま死ねばいいのに・・

という家臣たちの本音に尾ひれがついたのかも知れません。

 

孫奉、孫奮に次の、皇帝の噂が立つ・・

photo credit: Purple Tongue via photopin (license)

photo credit: Purple Tongue via photopin (license)

 

孫皓死亡説は、かなり広がり、事実だと思い込む人まで出ました。

 

「孫皓が死んだなら、次の帝は、年齢からいって、孫奉様か、

孫奮様じゃね?」

 

そんな噂が広まるようになり、孫奉はともかく、素行が悪く、

皇帝への野心もありありの孫奮(そんふん)は、まんざらでも無かったようです。

 

しかし、幾ら広がろうが、デマはデマです。

ある日、ひょっこりと朝廷に出てきた孫皓は、噂を知って激怒します。

 

関連記事:マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・

関連記事:皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

関連記事:みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

 

何もしてないのに・・孫奉と孫奮、誅殺される

孫奉 孫奮

 

「なんだとぉ!! 朕の死亡説が流れて、後継には、孫奉と、

孫奮の名が出ているだと!怪しからん、二人とも皆殺しだ!!」

 

孫奉・孫奮「えええええ!!俺達、何もしてないのに・・・」

 

ただ、名前が出ただけで、皇帝即位の動きを見せなかった、

孫奉と孫奮ですが、暴君の孫皓には、そんなものは通じません。

こうして、二人は孫皓死亡説というデマのせいで殺されます。

 

呉国最高のおっちょこちょい、豫章太守、張俊も誅殺される

孔明イラスト0007 kiki

 

実は、この孫皓死亡説に乗った、おっちょこちょいの太守もいます。

それが豫章(よしょう)の太守、張俊(ちょうしゅん)でした。

 

張俊「次の皇帝は、孫奮様に間違いない。

よし、豫章には、孫奮様の母上の仲姫様の墓があるから、

ここを清めておこう。

そうすれば、孫奮様の皇帝即位の暁には、きっと褒められるぞ・・

おお、張俊よ、朕の母の墓を清めたそうだな、

見上げたヤツじゃ、丞相にしてやろうぞ、、なんちて、ウヒョ♪」

 

こうして、せっせと墓掃除をした、張俊も密告されて、

孫皓の逆鱗に触れて誅殺されてしまいました。

 

確かに、張俊に下心があったのは事実でしょうが、

墓を掃除しただけで処刑とは、あまりに理不尽過ぎて、逆に笑えます。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

結果的に、反孫皓の立場を取ったなら、殺されるのも仕方ないですが、

ただのデマで名前が上がっただけで処刑は理不尽過ぎます。

じゃあ、どうすりゃ良かったというのでしょうか?

 

まあ、張俊は、デマの真偽を確認しないで乗っかってしまった、

自業自得もありますが、特に孫奉は、何もしてないのに可哀そうです。

 

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

関連記事:思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 怒る曹操 曹操が洛陽北部尉時代にやった売名行為とは?
  2. 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕…
  3. 黄権 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  4. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘…
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第8部
  6. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?
  7. 司馬懿 クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件
  8. キレる劉備になだめる黄権 夷陵の戦いの最大の敗因はどこにあった?もう一度夷陵の戦いを振り返…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 病気になった兵士
  3. 劉邦
  4. 西郷従道 幕末
  5. 張飛のヨメ
  6. おんな城主 直虎
  7. 劉備とサンタクロース

おすすめ記事

  1. 手作り賈詡のお面を作っていただきました。
  2. 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性 鬼道を使う卑弥呼
  3. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について
  4. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  5. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇
  6. 金栗四三と結婚した春野スヤはどんな人?大河ドラマの春野スヤと実際の春野スヤを比較 金栗四三 いだてん

三國志雑学

  1. 張飛が使う蛇矛
  2. 山頂に陣を敷いた馬謖
  3. 雷怖くない 能ある劉備
  4. 負けた魏延
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張松 李厳(りげん)とはどんな人?自分の出世の為に孔明の足を引っ張った蜀の将軍 金栗四三 いだてん 金栗四三と春野スヤはどんな結婚生活を送っていたの? 韓信vs孔明 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術 司馬懿仲達 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ? 孔明 【荊州獲ったどー!】諸葛亮&愉快な仲間の州乗っ取り計画 5/2 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定 馬に乗って戦う若き織田信長 明智光秀は悪人だったのか? 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP