広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察

この記事の所要時間: 349




劉備

 

劉備(りゅうび)関羽(かんう)を呉の裏切りによって失います。

その後、劉備は呉に対して復讐戦を計画しますが、趙雲(ちょううん)などの重臣たちが猛反対します。

劉備はこれらの反対意見を押し切って、呉を討伐すべく出陣します。

劉備軍は呉の領地に侵攻すると無人の野を行くがごとく連戦連勝でした。

しかし三国志好きなら知っている通り、

夷陵の地で陸遜(りくそん)軍の火計を受けて劉備軍は壊滅的な被害を受けて大敗北します。

劉備軍はなぜ連戦連勝していたのに大敗北をすることになったのでしょうか。




夷陵の戦いとは

関羽 激怒

 

そもそも夷陵の戦いはなぜ行われたのでしょうか。

その原因は呉の裏切りが原因です。

呉は蜀を裏切り、関羽がいなくなった荊州方面の攻略を開始。

その後関羽を討伐し、荊州を自らの物にします。

 

朝まで三国志 劉備

 

劉備は呉の裏切りによって自分の義兄弟であった関羽が殺された事に激怒します。

そして呉に復讐をするため出陣を決意しますが、配下達の猛反対を受けます。

しかし劉備は家臣達の猛反対を押し切って呉へ侵攻を開始したことがきっかけで、

夷陵の戦いが勃発することになります。




夷陵の戦いの敗因その1【呉の領地に深く侵入しすぎた】

陸遜 劉備

 

劉備軍は呉の領土に向けて侵攻を開始します。

呉の領土に侵入すると荊州南部にいた異民族などが劉備軍の味方になり、

どんどん兵力は膨れ上がっていきます。

そして呉の城を次々と陥落させていきます。

この時、呉の城は兵数が少なく、荊州方面からの援軍もほとんど来ない状態でした。

そのため劉備軍は無人の野を行くがごとく、

次々と呉の領土内の城を陥落させていき、

知らず知らずの内に呉の領土の奥深くに侵攻していくことになります。

 

陸遜

 

 

その後陸遜(りくそん)が火計を用いて劉備軍の陣地を焼き払った事で、

劉備軍は大混乱をきたし、壊滅的な損害を受け、退却していくことになります。

もしこの時、劉備が自軍の領地の近くでとどまって陸遜の動きを観察していれば、

このような大損害を受けずに、退却できたかもしれません。

呉の領地の奥深くに侵入したことが、

夷陵の戦いの大敗北を起こした原因の一つとして数えられるのではないでしょうか。

 

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

関連記事:え?劉備は意外にも経済に明るい人物だった?孔明の北伐が継続できたのは劉備のおかげ!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

夷陵の戦いで大敗北した原因その2【呉軍の水軍の侵入を許した】

三国時代の船 楼船

 

劉備が夷陵の戦いで大敗北した原因のその2は呉の水軍の侵入を許した点です。

呉軍は劉備の退却路を塞ぐ為、長江上流へ水軍を進めた後、

劉備軍の背後にある陣地に火計を行います。

この背後からの攻撃により、劉備軍は大混乱を起こし、

退却がスムーズに行われませんでした。

劉備が呉の領地へ侵攻する前に、配下である黄権(こうけん)は劉備に対して

「長江は流れに任せて下るときは進みやすいですが、退却する時は非常に難しくなります。

そのため私に先鋒を任せていただき、陛下にはあとから進んでいただけませんか。」と

進言しております。しかし劉備はこの進言を取り上げず、

黄権を魏の備えに充ててしまいます。

この時黄権の進言が取り上げられていれば、

ここまでの大敗北を喫することはなかったのではないでしょうか。

 

関連記事:三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた

関連記事:黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物

 

夷陵の戦いで大敗北した原因その3【大軍を動かす経験が少なかった】

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

劉備は蜀の皇帝となる前までは各地で戦の日々に明け暮れており、

戦の経験は豊富でした。

その証拠に夷陵の戦いに出陣する前には、兵士を訓練させ、

補給路も準備周到に用意した後に呉へ出陣をしています。

しかし劉備の欠点は大軍を率いて戦った事があまりの少ない事でした。

劉備は数々の戦に出ていた為、戦の経験は豊富でしたが、

大軍を率いての戦いは数えるほどしかありません。

そのため少数の軍勢を率いての戦いであったら、普通の将軍よりも強かったのですが、

大軍の戦いとなると、能力を発揮できなかったのではないでしょうか。

 

夷陵の戦いで大敗北した原因その4【陸遜の戦術】

陸遜

 

夷陵の戦いの時の呉軍の総大将は陸遜でした。

彼は劉備軍を領内に引き込むため、

わざと蜀との国境にある城へ援軍を送ることはしませんでした。

そのため劉備軍は怒涛の如く呉の領土の奥深くに侵攻を行います。

そして呉が領有している荊州の領地は後方の江陵だけとなってしまいます。

陸遜は劉備軍の陣が伸びきっている事を確認するため、

一度だけ呉軍の主力を率いて攻撃を行います。

この攻撃で劉備軍の陣地が伸びきっている事を確認し、

さらに劉備軍の陣地が火計に弱い事まで見抜きます。

その後陸遜は水軍をひそかに出陣させて、劉備軍の後方に移動させた後、

火計を用いて劉備軍に大勝利を果たします。

このように色々と戦術面において、

陸遜が劉備に勝っていた事が敗北した原因の一つに挙げられるのではないかと思います。

 

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

関連記事:やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?

関連記事:三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

このように色々な原因が折り重なって劉備軍は夷陵の戦いで大敗北することになります。

この敗因のどれか一つでも取り除くことが出来たのであれば、

劉備軍が陸遜に勝つことができないまでも、

あのような大敗北を喫することが無かったのではないでしょうか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

関連記事:現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

関連記事:孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

 

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  2. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  3. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  4. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯…
  5. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  6. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキング…
  7. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  8. 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!
  2. はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏
  3. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  4. 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!
  5. 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓
  6. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる! 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに! 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2

おすすめ記事

  1. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる!
  2. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?
  3. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。
  4. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2
  5. 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場
  6. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  7. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  8. もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP