やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?




陸雲02

 

蒼天航路以来、曹操の魅力に取りつかれた人々を曹操孟徳(そうそうもうとく)オタク、

略してモーオタと言います。

しかし、4000年の歴史を持つ中国ではモーオタは遥か昔から存在していました。

そして、元祖モーオタは、陸遜(りくそん)の孫だったのです。




元祖曹操オタク、陸雲とは何者か?

陸雲01

 

最初のモーオタ、陸雲(りくうん:262~302年)は、字を士龍(しりゅう)

といいます。父は、呉の名将、陸抗(りくこう)、祖父は蜀キラー陸遜という名門の出です。

6歳で文を能くしたという程の秀才であり、呉随一の文学者でした。

 

277年16歳で呉に仕官しますが、すでに呉は滅亡寸前、

3年後には、呉帝、孫晧(そんこう)は晋の司馬炎(しばえん)の前に降伏してしまいます。

 

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将

関連記事:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙



呉の滅亡にショックを受けた陸雲と陸機は故郷に引きこもる

陸雲03

 

呉の滅亡は、19歳の少年には、ショックが大きい事でした。

そこで晋にはすぐに仕える事なく、兄の陸機(りくき)と共に故郷に引きこもり、

晴耕雨読の日々を送る事10年の長きに及びました。

 

 

陸雲、陸機、晋の官僚に仕官する

司馬炎 はじめての三国志

 

二人にとっては、幸いなことというべきか、晋の武帝司馬炎(しばえん)は

融和的な方針で蜀や呉の旧臣にも仕官の門戸を開いていました。

その縁で陸雲も陸機も、10年の後に晋に仕官する事になります。

二人は、長江を上って洛陽に入りますが、その都のスケールのデカさに

度肝を抜かれてしまう事になります。

 

「な、なんだべ、このデカイ建物は、、こんな凄い国の基礎は、

いったい、誰が造り出したんだべか!!」

 

二人は、統一国家、晋の偉大さにすっかり魅了されてしまいました。

 

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

 

陸雲、晋の母体になった魏の曹操の偉大さに触れて、モーオタになる

陸雲04

 

陸雲は、晋の官僚として仕事をしている間に、晋の母体になった魏、

そして、その魏を建国した曹操について知る事になります。

 

曹操は、陸雲が産まれるよりも42年前に死没した人ではありましたが、

その事績を調べるにつけて、陸雲は曹操を激しくリスペクトするようになり、

次第にモーオタの本性をあらわすようになります。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校

関連記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

関連記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹植
  2. 張飛の男気人生
  3. 昌豨
  4. 曹植は軟弱ではなかった

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック

PAGE TOP