架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

はじめての呉

留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄

この記事の所要時間: 519




廖化 四龍将

 

 

留賛 (りゅうさん)は、字(あざな)は正明(せいめい)で三国志の呉の武将です。

中国の後漢時代から三国時代(183~255年)の長き戦の時代を戦い抜いた老将です。

三国志に登場する武将ですが、小説の三国志演義ではほとんど出番がありません。

しかし、彼の挙げた功績から、並大抵の武将ではないとされています。

さらに三国志演義では出番はほぼ無いにもかかわらず、その性格や偉業、

奇妙な行動の数々から、彼に関する数多くの伝説が残されております。

本記事では、留賛(りゅうさん)についてご紹介します。




若き日の悲劇

戦え于禁㈫01

 

揚州会稽郡長山県出身であった留賛(りゅうさん)は、若き日に郡の役人として勤めていました。

当時、中国後漢時代より現われた黄巾賊が略奪の限りを尽くしており、天下が荒れに荒れておりました。

そのため、留賛(りゅうさん)は自ら陣頭に立って黄巾賊の鎮圧を行っていました。

ある時、黄巾賊の首領である呉桓(ごかん)を討ち取りました。

しかし、留賛(りゅうさん)はこの時の戦いで、足に傷を負い、傷が治った後も足が曲がったままになってしまいました。

役人として、黄巾賊を成敗していた留賛(りゅうさん)でしたが、怪我で寝たきりとなり、鬱屈した日々が続きました。

 

関連記事:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説

関連記事:黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】

関連記事:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊




留賛の伝説その1:自ら足を治療

川 f

 

歩けなくなってしまった留賛(りゅうさん)は、ほぼ寝たきりの生活を過ごしていました。

留賛(りゅうさん)は兵法書や歴史書を読むのを好み、寝たきりではありましたが、充実した日々ではありました。

しかし、書を読むうちに、立つことすらままならぬ自分と偉業を成し遂げた過去の英雄達を比較し、

それを恥じるようになりました。

そしてついに留賛(りゅうさん)は、家族を集めてこう言いました。

 

留賛(りゅうさん)「わしの足はこのままでは曲がったままで動かない、

これでは悪戯に無為な日々を過ごすのみだ。

せめて足を伸ばして歩けるようになろうと思う。足が曲がったままなのは、足の筋のせいだ。

今から足の筋を切断して伸ばせるようにするから、伸ばした状態で皆で動かないように固定するのだ。

それで死んでしまってもその程度の男だったということだ。」

 

家族はこの申し出に皆反対します。

何とか思いとどまらせようとする家族の話に耳を貸さず、留賛(りゅうさん)は、自ら足の筋を切断してしまいました。

直後、留賛(りゅうさん)は激痛のために気絶してしまい、

足からは絶え間なく真っ赤な血が流れ出ました。

やむをえず、周囲の家族が彼の足を引き延ばし、止血を施しました。

なんとか一命を取り留めた留賛(りゅうさん)は傷が治る頃には、

足を引きずるような形ではありますが、無事に歩くことができるようになりました。

 

留賛、呉の将となる

遅れて来た孫権 英雄

 

多少手荒な方法ではあったものの、留賛(りゅうさん)はなんとか歩くことができるようになりました。

話を聞きつけた凌統(りょうとう)は、留賛(りゅうさん)に興味を持ち、

その人物を見極めるべく自身のもとに招きました。

この時に凌統(りょうとう)は留賛(りゅうさん)を高く評価し、孫権(そんけん)に推挙しました。

その後、武将となった留賛(りゅうさん)は屯騎校尉に任ぜられました。

 

留賛の伝説その2 : その不敗の戦闘スタイルとは!?

音符 f

 

留賛(りゅうさん)は、武将として戦う時に他には類を見ないほどの独自の戦い方をしていました。

その独自の先頭スタイルとは、「歌いながら戦う」というなんとも奇抜なものでした。

孫峻伝によると敵軍と相対し合戦となった時には、留賛(りゅうさん)は必ず髪を振り乱しながら空に向かって叫び、

そして声を張り上げながら歌いました。

さらに、留賛(りゅうさん)の左右の者もこれに応じて歌い、合唱が始まります。

合唱が終わった後に敵軍に向かって突き進んでいきます。

このような「これってなんか意味あるの?」といわれそうな戦い方ですが、この戦い方で留賛(りゅうさん)は、

数々の戦果をあげており、その戦において、敗北は無かったと言われています。

留賛(りゅうさん)の有名な戦いには、東興の戦いがあります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 孫権の妻たちは意外と知られてない?
  2. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家…
  3. 陳寿が語る孫権像
  4. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたす…
  5. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていない…
  6. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  7. 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた…
  8. 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 74話:孔明に嫉妬する周瑜
  2. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  3. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3)
  4. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍
  5. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期
  6. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕 もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編 十常侍ってなんぞや?

おすすめ記事

  1. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  2. 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  3. 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男
  4. キングダム 513話 ネタバレ予想:王翦は落ちない鄴をどう落すのか?
  5. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  7. え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?
  8. 謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP