広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる

この記事の所要時間: 67




ラストサムライ羅憲

 

劉備(りゅうび)が興し、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

命を削ってまで守り抜いた蜀漢は、西暦263年に、魏の鄧艾(とうがい)

そして、鐘会(しょうかい)の手により滅亡し、42年の歴史に幕を下ろしました。

しかし、その時、ただ一人で、滅んだ蜀の名誉を守り戦い抜いた男がいます。

蜀のラストサムライ 羅憲(らけん)です。




謹厳、実直で不正を憎んだ高潔な人物 羅憲

三国志大学

 

羅憲は、荊州襄陽郡の出身です、当時の荊州の州都であり、

多くの学者、文人が集う中華の一大アカデミズム都市でした。

 

彼の父、羅蒙(らもう)は、赤壁の戦いの後、頻繁に騒乱が起きるようになった

荊州を離れて益州に入り、劉備(りゅうび)の入蜀にあたって、

それに従い、広漢太守に任命されました。

それが、羅憲が蜀の臣になる契機だったと言えます。

 

13歳で書を能くしたとされる羅憲は、譙周(しょうしゅう)の弟子になり、

同級生には、孔子の弟子の子貢(しこう)に匹敵すると噂されます。

 

その性格は、嘘が嫌いで誠実、財産を軽んじて施しを好み、

また人材を登用する事にも熱心であり、真面目に仕事をして

怠けませんでした。

 

いかにも、孔明が取り仕切った蜀の典型的な能吏ですが、

孔明が手足として使うには、羅憲はあまりに若すぎました。

 

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

関連記事:【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?




羅憲の年齢は、何歳位だった?

劉禅

 

羅憲の年齢については、没年が270年で生年が詳しくわかりませんが、

西暦221年、皇太子・劉禅(りゅうぜん)の太子舎人になっています。

 

太子舎人(たいし・しゃじん)は、身分としてはあまり高くありませんが、

貴族の子弟が任じられ、その後、皇太子が即位するに従い、

累進栄達していくポストなので、エリートの部類に入ります。

 

董允

 

蜀の黄門様として名高い、劉禅厳しく指導するマン董允(とういん)が、

同時期に太子舎人になっているので、その職の性質が分かるでしょう。

 

主な仕事は、宮中の雑役や行儀見習い、そして皇太子の下問にも答えるので

あまりに年齢が上だと変ですし、逆に下だと皇太子に侮られるでしょう。

ですので、羅憲の年齢は、大体、劉禅と同じ位で、西暦207年生まれ、

15歳程度で、任官したと思われます。

 

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?

 

硬骨漢、羅憲、黄皓に阿らず、左遷される

孔明過労死

 

諸葛亮が死去し、さらに蜀の黄門様、董允が死去した西暦246年以後、

40歳近くなった劉禅は、凡君の本質をあらわし、

宦官の黄皓(こうこう)を重用するようになり、蜀にも宦官の毒が蔓延ります。

多くの蜀臣が時流にあらがえず、黄皓の機嫌を取る中で、

羅憲は、そのような態度を微塵も見せませんでした。

 

黄皓は、賄賂もおべんちゃらも使わない羅憲を憎み、

彼を尚書吏部から、巴東太守に左遷させました。

 

そこは、黄皓と仲が良かった、閻宇(えんう)が都督として呉の襲撃に

備えていて、有名な白帝城がある永安軍の駐屯するエリアでしたが、

実際には蜀の滅亡までは、呉軍の襲撃はなかったので、

南蛮地域や、北伐軍よりは暇でした。

 

※蜀の防衛ラインは詳しくはこちらの記事をご覧ください

 

劉備

 

【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?

蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!

 

蜀滅亡、混乱する永安を鎮める羅憲

姜維

 

西暦263年、蜀の帝都成都は、魏の鄧乂の迂回戦術により陥落、

劉禅は降伏し、姜維(きょうい)もやむなく抗戦を諦めます。

 

その情報は、永安にも伝わります。

すでに閻宇は劉禅の命令で成都に戻り、永安城の事実上の責任者は、

羅憲でしたが、混乱する永安では、逃亡する役人が続出します。

 

これを放置すれば、治安が崩壊し、城内でやけっぱちの暴動が

起きるかも知れません、羅憲は、ここで断固とした措置を取り

「成都が混乱している」と騒ぎまわる役人を無言で切り捨てます。

 

「根拠がない虚報に惑わされ、人心を惑わすものは反逆罪で

斬りすてる、謹んで成都からの詳報を待ち、民の不安を鎮めるのだ」

 

この羅憲の態度に浮足立っていた、永安の役人も静まり、

混乱は収まり、城内にも暴動の被害は出ませんでした。

 

やがて、成都から魏に降伏したという知らせが来ると、

羅憲は、配下の役人と共に3日間、哭礼を行い蜀の滅亡を悼みます。

 

 

卑劣な呉、混乱に乗じて永安に攻め込む

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

本来なら、ここで羅憲の仕事は終わりの筈でした。

ところが、蜀が滅亡した事を知った呉の3代皇帝、孫休(そんきゅう)は、

援軍を派遣すると嘘をつき、逆に永安を奪いとろうと、成憲(せいけん)という

将軍を派遣して、永安に迫ります。

 

それを知った羅憲は、あまりに恥を知らない呉の態度に怒ります。

 

「呉と蜀は一衣帯水の関係、蜀が滅びれば、呉もただではすまない

にも関わらず、それを忘れ果て、混乱に乗じて寸土でも奪おうとは

長年の友誼に背く、呆れ果てた恥知らずの所業だ。

これでは、呉も長くは持つまい、それでどうしてむざむざと

呉に降る事が出来ようか?」

 

こうして、羅憲は、蜀が滅亡した後の戦争を戦う事を決意します。

まさに蜀臣としての意地を賭けた戦いでした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦…
  2. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志
  3. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟…
  4. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  5. 曹操には弱点はないの?
  6. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  7. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  8. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  2. 何で姜維の北伐は反発されてたのに孔明の北伐は反対されなかったの?
  3. 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄
  4. 【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました
  5. 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  6. そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ! 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ! 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは? 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人? 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの? 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!

おすすめ記事

  1. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  2. 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点
  3. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕
  4. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  5. 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる
  6. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  7. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?
  8. 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP