袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる

この記事の所要時間: 67




ラストサムライ羅憲

 

劉備(りゅうび)が興し、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

命を削ってまで守り抜いた蜀漢は、西暦263年に、魏の鄧艾(とうがい)

そして、鐘会(しょうかい)の手により滅亡し、42年の歴史に幕を下ろしました。

しかし、その時、ただ一人で、滅んだ蜀の名誉を守り戦い抜いた男がいます。

蜀のラストサムライ 羅憲(らけん)です。




謹厳、実直で不正を憎んだ高潔な人物 羅憲

三国志大学

 

羅憲は、荊州襄陽郡の出身です、当時の荊州の州都であり、

多くの学者、文人が集う中華の一大アカデミズム都市でした。

 

彼の父、羅蒙(らもう)は、赤壁の戦いの後、頻繁に騒乱が起きるようになった

荊州を離れて益州に入り、劉備(りゅうび)の入蜀にあたって、

それに従い、広漢太守に任命されました。

それが、羅憲が蜀の臣になる契機だったと言えます。

 

13歳で書を能くしたとされる羅憲は、譙周(しょうしゅう)の弟子になり、

同級生には、孔子の弟子の子貢(しこう)に匹敵すると噂されます。

 

その性格は、嘘が嫌いで誠実、財産を軽んじて施しを好み、

また人材を登用する事にも熱心であり、真面目に仕事をして

怠けませんでした。

 

いかにも、孔明が取り仕切った蜀の典型的な能吏ですが、

孔明が手足として使うには、羅憲はあまりに若すぎました。

 

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

関連記事:【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?




羅憲の年齢は、何歳位だった?

劉禅

 

羅憲の年齢については、没年が270年で生年が詳しくわかりませんが、

西暦221年、皇太子・劉禅(りゅうぜん)の太子舎人になっています。

 

太子舎人(たいし・しゃじん)は、身分としてはあまり高くありませんが、

貴族の子弟が任じられ、その後、皇太子が即位するに従い、

累進栄達していくポストなので、エリートの部類に入ります。

 

董允

 

蜀の黄門様として名高い、劉禅厳しく指導するマン董允(とういん)が、

同時期に太子舎人になっているので、その職の性質が分かるでしょう。

 

主な仕事は、宮中の雑役や行儀見習い、そして皇太子の下問にも答えるので

あまりに年齢が上だと変ですし、逆に下だと皇太子に侮られるでしょう。

ですので、羅憲の年齢は、大体、劉禅と同じ位で、西暦207年生まれ、

15歳程度で、任官したと思われます。

 

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?

 

硬骨漢、羅憲、黄皓に阿らず、左遷される

孔明過労死

 

諸葛亮が死去し、さらに蜀の黄門様、董允が死去した西暦246年以後、

40歳近くなった劉禅は、凡君の本質をあらわし、

宦官の黄皓(こうこう)を重用するようになり、蜀にも宦官の毒が蔓延ります。

多くの蜀臣が時流にあらがえず、黄皓の機嫌を取る中で、

羅憲は、そのような態度を微塵も見せませんでした。

 

黄皓は、賄賂もおべんちゃらも使わない羅憲を憎み、

彼を尚書吏部から、巴東太守に左遷させました。

 

そこは、黄皓と仲が良かった、閻宇(えんう)が都督として呉の襲撃に

備えていて、有名な白帝城がある永安軍の駐屯するエリアでしたが、

実際には蜀の滅亡までは、呉軍の襲撃はなかったので、

南蛮地域や、北伐軍よりは暇でした。

 

※蜀の防衛ラインは詳しくはこちらの記事をご覧ください

 

劉備

 

【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?

蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!

 

蜀滅亡、混乱する永安を鎮める羅憲

姜維

 

西暦263年、蜀の帝都成都は、魏の鄧乂の迂回戦術により陥落、

劉禅は降伏し、姜維(きょうい)もやむなく抗戦を諦めます。

 

その情報は、永安にも伝わります。

すでに閻宇は劉禅の命令で成都に戻り、永安城の事実上の責任者は、

羅憲でしたが、混乱する永安では、逃亡する役人が続出します。

 

これを放置すれば、治安が崩壊し、城内でやけっぱちの暴動が

起きるかも知れません、羅憲は、ここで断固とした措置を取り

「成都が混乱している」と騒ぎまわる役人を無言で切り捨てます。

 

「根拠がない虚報に惑わされ、人心を惑わすものは反逆罪で

斬りすてる、謹んで成都からの詳報を待ち、民の不安を鎮めるのだ」

 

この羅憲の態度に浮足立っていた、永安の役人も静まり、

混乱は収まり、城内にも暴動の被害は出ませんでした。

 

やがて、成都から魏に降伏したという知らせが来ると、

羅憲は、配下の役人と共に3日間、哭礼を行い蜀の滅亡を悼みます。

 

 

卑劣な呉、混乱に乗じて永安に攻め込む

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

本来なら、ここで羅憲の仕事は終わりの筈でした。

ところが、蜀が滅亡した事を知った呉の3代皇帝、孫休(そんきゅう)は、

援軍を派遣すると嘘をつき、逆に永安を奪いとろうと、成憲(せいけん)という

将軍を派遣して、永安に迫ります。

 

それを知った羅憲は、あまりに恥を知らない呉の態度に怒ります。

 

「呉と蜀は一衣帯水の関係、蜀が滅びれば、呉もただではすまない

にも関わらず、それを忘れ果て、混乱に乗じて寸土でも奪おうとは

長年の友誼に背く、呆れ果てた恥知らずの所業だ。

これでは、呉も長くは持つまい、それでどうしてむざむざと

呉に降る事が出来ようか?」

 

こうして、羅憲は、蜀が滅亡した後の戦争を戦う事を決意します。

まさに蜀臣としての意地を賭けた戦いでした。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 89話:龐統、涪水関を計略で落とす
  2. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  3. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!
  4. 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な…
  5. 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  6. 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?
  7. 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める
  8. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  2. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?
  3. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  4. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?
  5. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖
  6. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの? 【5分で丸わかり】西郷隆盛とはどんな人?2018年の大河ドラマ「西郷どん」の生涯 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選! 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの? 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR) 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは? 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌

おすすめ記事

  1. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす
  2. 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?
  3. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?
  4. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国
  5. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!
  6. え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった?
  7. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証
  8. 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP