広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?

この記事の所要時間: 38




関帝廟 関羽

 

現在では神として崇められている関羽雲長。

劉備とは義兄弟の仲であり、蜀の建国に絶大な貢献をした人物です。

武力においては幾多の猛者たちをその青竜偃月刀で屠っています。

名声は他国まで鳴り響いていましたが、

自国ではやや味方に距離を置かれていたように見えます。




プライドがことのほか高い関羽

顔良と関羽

 

忠義の士として名高い関羽ですが、反面、プライドがとてつもなく高かったようです。

例えば蜀の五虎将として関羽の他、張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)黄忠(こうちゅう)

そして馬超(ばちょう)が選ばれた際には、新参の馬超と同列にされたことに腹をたてて、

馬超と一騎打ちをさせろと反抗しています。

 

黄忠

 

黄忠に対しても、夏侯淵(かこうえん)を討ったという武功があるにも関わらず、

あんな老いぼれと同格かと憤慨しています。

この時は孔明のおべっかいによって事なきを得ていますが、

扱いを間違えると味方にも容赦のない性質だったことが垣間見れます。




敵の君主にも容赦なし

関羽 激怒

 

荊州を治めていた関羽は、隣国の呉国君主である孫権から互いの子息の縁組を持ちかけられます。

このとき関羽ははっきりと断っています。

劉備の配下の身分で勝手に敵国と縁組などありえない話です。

断るのが筋なのですが、関羽の性格からして

「虎の子を犬の子にやれるか」と侮蔑した断り方をしたとも伝わっています。

力を認めていない相手には敵でも見方でも容赦がありません。

 

自尊心が高いが故にこじれる人間関係

関羽 使者

 

関羽は荊州から北上し、魏を攻めました。

関羽の武名を知っている魏の官吏や民衆は恐怖したそうです。

あの曹操が遷都を覚悟したほどだったと云われています。

快進撃を続ける関羽でしたが、味方の裏切りにあって足元をすくわれます。

同盟国である孫権に離反され拠点を奪われ、兵站の道を閉ざされました。

裏切って孫権についたのは古参の将である麋芳であり、士仁です。

日ごろから関羽とはうまくいっておらず、兵糧の供給問題で処罰の対象になっていたようです。

彼らは苛烈な性格の関羽に怯えて孫権に降ったというのがおおよその見方になっています。

また、これ以前に、関羽は己の武力を自負した戦い方をよくして兵を多く損失したことも、

味方から批判の対象になっていたようです。

 

認めた相手は敵でも親交を深める

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

敵国で関羽と仲が良かった武将といえば魏の張遼、そして徐晃です。

関羽はこの二人の戦上手ぶりをたいへんに認めていたようです。

関羽が曹操に一時降るときも張遼が外交交渉に出て来ています。

張遼、徐晃といえば曹操の旗下で数々の武功をあげた名将です。

尊敬すべき人物に対しては関羽は礼を尽くしたと云われています。

この一貫した信念も関羽の魅力なのかもしれません。

 

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関連記事:ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

関連記事:これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人

 

関羽を諫めるものは誰もいない

関羽神様

 

主君である劉備の義兄弟であり、最も武功をあげてきた関羽に意見できる人物は蜀にはいなかったようです。

孔明ですらかなり関羽に気を使っていたことがわかります。

これが関羽の独断専行を招き、味方の離反を招くことになった原因かもしれません。

己にも厳しく、他人にも厳しい関羽は一緒にいると息が詰まるような存在だったのではないでしょうか。

もし、龐統(ほうとう)が生きていれば上手く関羽に意見し、バランスを保てたのではないかとも云われています。

 

関連記事:これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!

関連記事:【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?

関連記事:蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

劉備や曹操に愛された英雄、関羽。

それが関羽を増長させる原因になってしまったのかもしれません。

呉の裏切り、味方の離反がなければ関羽は曹操の本拠地まで攻め寄せていただろうに、実に残念な最期です。

蜀が滅びたとき、以前に関羽が討った龐徳の子息たちによって関羽の血筋のものは皆殺しにあったそうです。

その苛烈な生き方は敵にも味方にも憎しみを抱かせる結果になったようですね。

 

関連記事:蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち

関連記事:え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!

関連記事:【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?

 

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  2. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  3. 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?
  4. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  5. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  6. 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙
  7. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  8. まだまだいた三国志の名外交官たち5選

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ
  2. 馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ
  3. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【3/13〜3/20】
  5. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!
  6. 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの? 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!? 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介! 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの? 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

おすすめ記事

  1. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  2. 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?
  3. 周瑜公瑾の輝かしい功績
  4. 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達
  5. 【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった?
  6. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  7. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?
  8. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP