編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは?

この記事の所要時間: 38




関帝廟 関羽

 

現在では神として崇められている関羽雲長。

劉備とは義兄弟の仲であり、蜀の建国に絶大な貢献をした人物です。

武力においては幾多の猛者たちをその青竜偃月刀で屠っています。

名声は他国まで鳴り響いていましたが、

自国ではやや味方に距離を置かれていたように見えます。




プライドがことのほか高い関羽

顔良と関羽

 

忠義の士として名高い関羽ですが、反面、プライドがとてつもなく高かったようです。

例えば蜀の五虎将として関羽の他、張飛(ちょうひ)趙雲(ちょううん)黄忠(こうちゅう)

そして馬超(ばちょう)が選ばれた際には、新参の馬超と同列にされたことに腹をたてて、

馬超と一騎打ちをさせろと反抗しています。

 

黄忠

 

黄忠に対しても、夏侯淵(かこうえん)を討ったという武功があるにも関わらず、

あんな老いぼれと同格かと憤慨しています。

この時は孔明のおべっかいによって事なきを得ていますが、

扱いを間違えると味方にも容赦のない性質だったことが垣間見れます。




敵の君主にも容赦なし

関羽 激怒

 

荊州を治めていた関羽は、隣国の呉国君主である孫権から互いの子息の縁組を持ちかけられます。

このとき関羽ははっきりと断っています。

劉備の配下の身分で勝手に敵国と縁組などありえない話です。

断るのが筋なのですが、関羽の性格からして

「虎の子を犬の子にやれるか」と侮蔑した断り方をしたとも伝わっています。

力を認めていない相手には敵でも見方でも容赦がありません。

 

自尊心が高いが故にこじれる人間関係

関羽 使者

 

関羽は荊州から北上し、魏を攻めました。

関羽の武名を知っている魏の官吏や民衆は恐怖したそうです。

あの曹操が遷都を覚悟したほどだったと云われています。

快進撃を続ける関羽でしたが、味方の裏切りにあって足元をすくわれます。

同盟国である孫権に離反され拠点を奪われ、兵站の道を閉ざされました。

裏切って孫権についたのは古参の将である麋芳であり、士仁です。

日ごろから関羽とはうまくいっておらず、兵糧の供給問題で処罰の対象になっていたようです。

彼らは苛烈な性格の関羽に怯えて孫権に降ったというのがおおよその見方になっています。

また、これ以前に、関羽は己の武力を自負した戦い方をよくして兵を多く損失したことも、

味方から批判の対象になっていたようです。

 

認めた相手は敵でも親交を深める

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

敵国で関羽と仲が良かった武将といえば魏の張遼、そして徐晃です。

関羽はこの二人の戦上手ぶりをたいへんに認めていたようです。

関羽が曹操に一時降るときも張遼が外交交渉に出て来ています。

張遼、徐晃といえば曹操の旗下で数々の武功をあげた名将です。

尊敬すべき人物に対しては関羽は礼を尽くしたと云われています。

この一貫した信念も関羽の魅力なのかもしれません。

 

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

関連記事:ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

関連記事:これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人

 

関羽を諫めるものは誰もいない

関羽神様

 

主君である劉備の義兄弟であり、最も武功をあげてきた関羽に意見できる人物は蜀にはいなかったようです。

孔明ですらかなり関羽に気を使っていたことがわかります。

これが関羽の独断専行を招き、味方の離反を招くことになった原因かもしれません。

己にも厳しく、他人にも厳しい関羽は一緒にいると息が詰まるような存在だったのではないでしょうか。

もし、龐統(ほうとう)が生きていれば上手く関羽に意見し、バランスを保てたのではないかとも云われています。

 

関連記事:これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!

関連記事:【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?

関連記事:蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

劉備や曹操に愛された英雄、関羽。

それが関羽を増長させる原因になってしまったのかもしれません。

呉の裏切り、味方の離反がなければ関羽は曹操の本拠地まで攻め寄せていただろうに、実に残念な最期です。

蜀が滅びたとき、以前に関羽が討った龐徳の子息たちによって関羽の血筋のものは皆殺しにあったそうです。

その苛烈な生き方は敵にも味方にも憎しみを抱かせる結果になったようですね。

 

関連記事:蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち

関連記事:え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!

関連記事:【ポスト五虎大将軍】蜀の四龍将が生きていれば蜀は魏を倒せた?

 

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  2. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  3. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…
  4. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加え…
  5. 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは?
  6. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!
  7. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  8. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  2. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/15〜8/21】
  4. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌
  5. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  6. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた一族たち

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

9話:張角が太平道信者を増やした方法 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの? 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・ 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  2. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  3. 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ
  4. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎
  5. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう
  6. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相
  7. 58話:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?
  8. 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP