架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての呉

【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?

この記事の所要時間: 257




趙雲

 

蜀の優れた将軍達は五虎将軍として名を連ねております。

また魏にも優れた将軍達は五大将軍として(ほんとは六大将軍)

現在まで有名になりました。

では呉には、なぜ呉の五虎将軍などと呼称した

将軍達が存在しなかったのでしょうか



蜀の五虎将軍が生まれた理由

馬超

 

蜀の五虎将軍は正史「三国志」に記載されているわけではなく、後世に

作られた創作の将軍位です。

この将軍の位が生まれたきっかけは、関羽・張飛趙雲黄忠馬超

正史「三国志」で同じ列伝に記載されていた事が原因で、

後世三国志を面白くしようとした編集者が

五虎将軍を誕生させたのです。



魏の五大将軍が生まれた理由

楽進

 

魏の五大将軍は蜀の五虎将軍に対抗するために生れた将軍の位です。

魏にも張遼を筆頭に、徐晃張郃于禁楽進が同じ列伝に記載しております。

こうして魏の五大将軍が生まれるのですが、

実はこの五人の列伝の中にもう一人記載されています。

その名は朱霊です。

そのため彼を含め六大将軍として言う人もおります。

 

関連記事:赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?

関連記事:【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

関連記事:賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍

関連記事:王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将

 

呉には五人が同じ列伝に記載はないの?

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

さて今回の焦点である呉ですが、正史「三国志」の「呉書」の中に

五人にまとめて同じ列伝に記載されている将軍達が居ました。

鍾離牧(しょうりぼく)・賀薺(がせい)・全琮(ぜんそう)・

周魴(しゅうほう)・呂岱(りょたい)の五人が正史「三国志」

の「呉書」で同じ列伝に記載されていた五人です

しかし、この五人蜀の五虎将軍や魏の五大将軍と比較すると知名度や

何をした将軍なのか全くわかりません。

さらに周魴に関しては将軍と言うよりも政治家として活躍した人です。

 

関連記事:孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

 

では呉には優秀な将軍はいないの?

影の薄い孫権

 

呉には優秀な将軍が居なかったわけではありません。

孫堅の時代には優れた黄蓋・祖茂・韓当・程普この四人の将軍を

四天王や赤壁の戦いで火計を曹操軍に仕掛け、

大勝利をおさめた大都督周瑜。

 

陸遜

 

さらに夷陵の戦いで復讐に燃える劉備軍に大勝利をおさめた

陸遜など優れた将軍はいます。

ただ同じ列伝に記載されていないだけです。

そんな呉ですが、正史「三国志」の呉書に十二人の将軍がまとめて同じ列伝に

記載されておりました。

 

関連記事:終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ

関連記事:権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

関連記事:遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?

 

呉の優れている将軍十二人とはいったい誰?

呂壱と孫権

 

正史「三国志」に記載されている十二人の将軍は

程普黄蓋韓当・蔣欽・周泰・陳武・董襲・

甘寧凌統徐盛・潘璋・丁奉の十二人が記載されておりました。

この十二人が蜀の五虎将軍や魏の五大将軍に匹敵する将軍です。

強いて言うなら呉の十二人将と言うことになりますね。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

正史「三国志」を作った陳寿は元々蜀の臣下でした。

そのため蜀の歴史が記載されている「蜀書」には特別な思い入れがあったと思います。

そのため蜀の優れた将軍である関羽・張飛・趙雲・黄忠・馬超を同じ

列伝に記載したのだと思います。

また魏については陳寿が仕えた晋の国家が魏の跡を継いでいる事から、

少し魏の事を持ち上げながらもしっかりと事実を記載し「魏書」を編纂。

さらに蜀と同じように優れていた将軍である張遼・徐晃・張郃・楽進・于禁らが

まとめて記載されたのではないでしょうか。

では「呉書」ですが優れた将軍を五人に一纏め(まとめ)にしなかったのは

なぜなのでしょうか。

私の私見ですが、陳寿と呉が深くかかわりが無かった事が、原因なのではないでしょうか。

陳寿の生まれは蜀です。

さらに彼が三国志を執筆している時には、呉は滅んでおり、

晋に仕えたとき元呉の将軍や文官達と関わる事があったのかもしれません。

それでも呉に深い思い入れが無かったため直接関わりがなかったので、

蜀や魏の優秀な武将を五人一纏めにするといった部分を意識したり

していません。

このような意味で蜀や魏のような呉将軍の元になるような

列伝の作り方をしなかったのだと思います。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~



よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

 

関連記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  2. 曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲…
  3. 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?
  4. 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上
  5. ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ!
  6. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱…
  7. 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?
  8. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介
  2. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!
  3. 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?
  4. 【感謝】中国文学の全集・選書のアマゾン売れ筋ランキング1位と2位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  5. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!
  6. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【月間まとめ】2016年4月の注目ニュース14選! 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!? 正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ) 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から? 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】
  3. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  4. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  6. 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった
  7. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1
  8. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP