三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面

この記事の所要時間: 424




光武帝

 

内政にも外交にも過失がなく、背いた人間でも、かなりの割合で許しているなど

チートな英雄の称号を受ける事が多い光武帝、劉秀(りゅうしゅう)ですが、

人間、万能に見えても何かしら欠点があるものです。

光武帝の欠点とは、彼が桁外れのスピリチュアルマニアだった事でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




万能人間なのに、自分に自信がない劉秀が頼ったスピチャ讖緯(しんい)

光武帝

 

光武帝は、矛を取っては、3000の兵で42万の王莽(おうもう)の軍勢を打ち破り、

内政でも疲弊した漢の国力を減税と奴隷解放と兵士の帰農で回復させるなど、

比類がないチートな才能を示しました。

 

しかし、こうした人の常で自分にどれだけ才能があるか自覚しておらず、

光武帝はあろうことか「僕は何をしても人並み以下だから・・」

謙遜を通り越して自分を卑下している所がありました。

 

そんな光武帝が頼りにしたのは讖緯という一種の予言書でした。

現代で言えば、「人の運命には天の意思が働いている」というスピリチャルなものです。

「スピリチャルが勧めているなら、僕が皇帝になるのも仕方ないよね」

そんな理由で皇帝になる位ですから、光武帝のスピチャマニアぶりは、

ほぼ病的なレベルに到達していました。

 

讖緯って具体的にはどんなモノなの?

キングダムと三国志

 

元々、讖と緯とは別のもので、讖とは、未来を予言することを意味していて、

予言書のことを「讖記」などと呼んでいます。

 

一方で緯とは、儒教の経典に対応する「緯書」と呼ばれる書物群を指すものでした。

「緯書」は、詩、書、礼、楽、易、春秋、孝経の七経に対応し、縦糸に対する

横糸の扱いで、経の理解には必要不可欠な書物です。

 

しかし、緯書は太古に造られたもので、天文学や地理や暦法知識を豊富に含むと共に

神話や伝承、予言書等もあり、それがやがて「讖記」と混同し共に予言を指す言葉と

それを記した書物として、併せて用いられるようになりました。

 

黄巾賊や日本の皇室も信じた讖緯

黄巾賊

 

また、讖緯には、暦法を利用した予言もあり、辛酉(しんゆう)の年を基点として、

干支が一巡する六十年を一元と区切り、二十一元を一蔀(1260年)と規定して、

一元(60年)毎の甲子の年、戊辰の年、辛酉の年には社会には動乱が発生し、

1260年毎には、国家に大変革が訪れるとしていました。

 

例えば黄巾賊は、わざと動乱が起きるとされる甲子の年である、西暦184年に

挙兵する事で讖緯を活用していますし、日本の皇室は陰陽道を通じて讖緯を輸入し

六十年毎にやってくる辛酉の年には、縁起が悪いとして一世一元の制が導入される

明治まで、必ず辛酉の年には元号を変えて災厄を避けようとしています。

 

このように讖緯は100%オカルトではないのですが、その中には、

今では迷信に過ぎない情報が多く含まれていて、人物によっては、

強く信じる人もそうでない人もいました。

光武帝は、その迷信部分を強く信じているスピチャな人だったのです。



讖緯で王梁を大司空に任命してしまう光武帝

%e3%82%b9%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%aa%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%82%a203-%e5%85%89%e6%ad%a6%e5%b8%9d

 

しかも、光武帝、自分が皇帝になるばかりでなく、スピチャのお告げで、

王梁(おうりょう)という部下を大司空という三公の一人に任命しています。

 

その根拠というのが、「赤伏符(せきふくふ)」中の一文、

「王梁、衛を主(つかさど)って玄武と作(な)る」という讖文(しんぶん)でした。

 

劉秀はこれを「野王は衛の元君の移る所、玄武は水神の名だし、

司空は水土の官じゃあないか!!」と解釈します。

 

事実、王梁が県令をしていたのは野王県で、

元来は衛の元君が移って来た土地でした。

 

「これぞ、王梁を大司空にせよというスピチャのお告げだ!!」

 

光武帝はこうして、王梁を三公の一人大司空にしますが、

大司空7年目に運河の開削工事で失敗、弾劾を受けて辞職を願い出てしまいます。

こうしてみると讖緯に選ばれた割には、

特別に王梁が優れた人物であったというわけでもありませんね。

 

また、光武帝は同じ頃に讖文に基づいて平狄(へいてき)將軍、

孫鹹(そんかん)を大司馬の代行とします。

ところが、孫鹹は大した人物ではない事から群臣から反対を受け人事を撤回、

結局、声望がある呉漢(ごかん)を大司馬にしました。

 

 

つまり、孫鹹に関しては、本当にスピチャな部分だけで、光武帝は大司馬を決めてしまうのです。

 

三国志で袁術(えんじゅつ)が春秋識(しゅんじゅうしき)という讖文で

皇帝に即位したのも、光武帝のやりようを見ていると

そこまで度外れではないような気がしてきました。

 

関連記事:呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?

 

功臣達を天の二十八宿になぞらえるロマンチストな光武帝

光武帝

 

光武帝には、彼の覇業を補佐した二十八の功臣が存在していました。

そこで彼は、いつものように・・

 

「この素晴らしい家臣達も非才な私に、

スピチャの神が送ってくれた贈物に違いない」

 

そのように考えて、天の赤道を通過する二十八の星座になぞらえ、

雲台二十八将として顕彰しました。

これは東洋の占星術で使われる二十八宿と対応しています。

 

自分の功臣達を天の星座に例えるなんて光武帝は何とロマンチスト、、

まるで聖闘○聖矢じゃあないですか。

もちろん、これも自分を超える天の意思スピチャを信じていた

光武帝の発想と無縁ではありません。

 

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

 

普段は温厚なのに・・スピチャを否定されて家臣を殺そうとする・・

光武帝

 

しかし、世の中には、そのような予言のごときスピリチュアルなど

存在しないとこれを全否定する人物だって存在します。

桓譚(かんたん)は前漢時代から仕えた儒学者でしたが、

彼は讖緯の類を出鱈目で非現実的だと全否定していました。

 

元々、儒教自体が、孔子以来、「怪力乱神を語らず」で、

目に見えない力などは非現実で、信じるに足りないとする

合理的な学問なので、讖緯を胡散臭いと考える桓譚のような

人物も、一部ではありますが存在していました。

 

それだけなら良かったのですが、桓譚は光武帝の目の前で、

 

「讖は正式な経典ではありません無効です

そのようなモノを信じるべきではありません」

 

と面と向かって意見してしまいました。

 

 

桓譚が光武帝に諫言をしたのは、これが初めてではなく、

毎度の事だったようで、特に、光武帝が何でもかんでも讖緯で決め

部下に仕事を与えない事から、もっと仕事をさせて給料を増やすように

何度も要望していました。

それが、たまたま光武帝の信じている讖緯の否定につながったので

その日、虫の居所が悪かった光武帝はキレてしまいます。

 

「なんやて!!スピチャの神さんのお告げで

皇帝に即位したワイに、そんなモンおらんと抜かしおるんかいゴルァ!!

おんどれ、ぶち殺したるでェ!!」

 

光武帝は、齢七十歳を超えようという桓譚に怒り心頭に達し、

その場で斬殺しようとします。

普段、温厚な光武帝の豹変ぶりに驚いた桓譚は頭を床に叩きつけて

謝罪し、何とか死罪は免れましたが、宮廷を追いだされ左遷されました。

 

以来、桓譚のようにスピチャに懐疑的な人々は、

すべて光武帝の不興を買い出世できなくなりました。

こうして、讖緯の解釈は後漢時代を通じて盛んに行われる事になります。

後漢スピチャブームは、光武帝によって火をつけられるのです。

 

いや、まあ、何事も神様に感謝するのは謙虚な心でいいのですが、、

何も、それを全否定する人を殺そうとするのは、、ねえ・・

 

 

後漢演義ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

この光武帝を自分の覇業の模範としたのが、魏の曹操(そうそう)でした。

しかし、曹操は儒教の本質である合理主義を最大限重んじた人物です。

「運命は自分で切り開くモノ」と信じる曹操はスピチャなど鼻で笑うと

思いますが、この光武帝のスピチャマニアぶりをどう捉えたのでしょうか?

興味は尽きない所ですね。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【意外】古代中国では犬やタヌキが鼠を捕っていた?
  2. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  3. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳
  4. 95話:馬超と張飛の一騎打ち
  5. とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介
  6. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  7. 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  8. 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?
  2. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?
  3. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  4. 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…
  5. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負
  6. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか? 秦の始皇帝の時代ってどんな時代?分りやすく解説するよ 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!? 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  2. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)
  3. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝
  4. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  5. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主
  6. 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】
  7. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  8. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP