三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?

司馬懿と公孫淵
この記事の所要時間: 21




陸遜

 

将軍は実際に兵を率います。

戦場において一切の責任が生じるのも将軍です。

兵法に通じていないといけませんが、統率力も大切です。

リーダーシップと決断力が要求されます。

 

郭嘉

 

軍師はあくまでも将軍の補佐です。

参謀長とも呼べるかもしれません。

実際に兵を率いることはせずに将軍に助言します。

兵法に通じていることはもとより、政治力も必要です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




将軍と軍師の違い

周瑜

 

現代における政治家と秘書の関係が将軍と軍師の関係かもしれませんね。

ちなみに経験を積んだ秘書は政治家として台頭してきます。

三国志のなかでも最初は補佐役でもやがて将軍として名を馳せる英雄は数多くいます。

呉の周瑜(しゅうゆ)はその筆頭ではないでしょうか。




影の軍師に徹するもの

顔良と袁紹

 

世の中では、兵を率いることをせずにひたすら補佐役に徹するものもいます。

三国志のなかでは、魏の賈詡(かく)や蜀の法正(ほうせい)などが挙げられます。

武よりも知略で勝負するタイプです。

もちろんそのアドバイスを聞き入れる器量の

持ち主が将軍でなければ彼らの存在価値は薄れてしまいます。

かつて袁紹(えんしょう)に仕えた田豊(でんほう)や劉璋に仕えた張松などが失敗した典型です。

彼らは仕える人間を誤り、主君の命令によって処刑されてしまいます。

軍師を目指すものにとって、誰に仕えるかは死活問題です。

 

司馬懿の出世

司馬懿と曹操

 

司馬懿は始め曹丕(そうひ)の側近として仕えました。

参謀のひとりです。

実際に魏に侵攻してきた関羽を撃退する方法を曹操に献策したのが司馬懿とされています。

仮に司馬懿を軍師と見るならば、その仕事はここまでになります。

曹操が病没し、曹丕が跡を継ぐと重用された司馬懿は軍を直接率いることとなるからです。

司馬懿が本当に誰もを唸らせる功績をあげるのはここから先になります。

ちなみに司馬懿は西暦230年には大将軍という将軍位で最高位まで出世しているのです。

しかし忘れてはならないのが中華という国の気風です。

中華は伝統的に昔から武より文が重んじられてきました。

将軍が権威を持つのはあくまで戦時中であって、平時は高級官僚が国を引っ張ります。

将軍と政治家、「軍師連盟」の主役である司馬懿は、

この二足の草鞋を履いて活躍した数少ない英雄のひとりです。

 

司馬懿の将軍としての功績

司馬懿

 

司馬懿が軍を率いて武功をあげたのは一度や二度ではありません。

西暦226年には侵攻してきた呉軍を撃破。

西暦228年には内応しようとした孟達(もうたつ)を撃破。

西暦235年には侵攻してきた蜀軍を撃破。

西暦238年には反乱を起こした公孫淵を撃破。西暦241年にも侵攻してきた呉軍を撃破。

「軍師連盟」では、その戦いのすべてが語られるはずです。

もちろん蜀の諸葛亮孔明の北伐を阻止したことでも有名です。

「救国の英雄」として魏にその人ありと謳われるのもうなずけます。

司馬懿は兵法に通じているだけでなく、実際に兵を率いることも卓越していたわけです。

軍師というよりも将軍としての活躍が目を見張ります。

これは呉の陸遜にも当てはまる話かもしれません。

 

関連記事:【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

三国志のゲームの世界において軍師の存在はとても大きなものがあります。

知力が高いほどその助言は正確なものになるからです。

軍師の獲得は天下統一に欠かせないプロセスです。

司馬懿は軍師として最高級の逸材として仕事をしてくれます。

それに、なにせタイトルが「軍師連盟」だけに

司馬懿を軍師として捉える風潮は世界規模であるのだと思います。

しかし自らが率先して動き、他人を動かす力というものは軍師の価値以上のものといえます。

司馬懿を軍師という狭い世界で量るのはややもったいないのではないでしょうか。

三国志最強の将軍。

呂布(りょふ)関羽(かんう)張遼(ちょうりょう)など猛者がひしめき合っていますが、

「最強の称号」それはもしかしたら司馬懿にこそ相応しいのかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 笑う曹操 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像
  2. 新年 劉備 曹操 孔明 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?…
  3. 暗殺計画自慢の董承07 秦慶童 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったW…
  4. 曹操 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しが…
  5. 孔明 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思…
  6. 曹植 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  7. 荀彧 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  8. 董卓 董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ノアの方舟 wiki
  2. 韓信
  3. 楽進
  4. 孫権 劉備 対立
  5. 賈詡
  6. 曹宇
  7. 孔明
  8. 王翦
  9. photo credit: just pretty via photopin (license)
  10. 曹操

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志を常時SSL化しました。 陸遜 SSL
  2. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!? 西遊記
  3. 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった 袁家ヒストリー01 袁術 袁紹
  4. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち 周瑜
  5. 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操 曹操 油断
  6. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る photo credit: just pretty via photopin (license)

三國志雑学

  1. 龐統
  2. 黄巾賊
  3. 張衡
  4. 借屍還魂 名前をかたる
  5. 胡亥

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. photo credit: Flower - Hydrangea via photopin (license)
  3. 劉禅
  4. 甘寧と凌統
  5. 孔明と姜維
  6. 通俗子 張飛 女性
  7. 曹操 ほめ上手
  8. 曹操VS孫権R2

おすすめ記事

姜維 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か? 張良 これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介! 顔良 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 photo credit: Mohnblume via photopin (license) もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの? 顔良と関羽 関羽は味方に嫌われ孤立していた?その驚くべき理由とは? 劉備 食客 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 董卓&呂布 うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……! 曹叡 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった?

おすすめ記事

  1. 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓 董卓 はじめての三国志 ゆるい
  2. 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー 3fes2015_Main-Visual
  3. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの? 李儒と董卓
  4. 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い 趙雲 長坂の戦い
  5. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3) photo credit: Soul via photopin (license)
  6. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座 始皇帝と星空
  7. 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝 霊帝 無能
  8. 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった? 張飛 文武両道

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP