架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?

この記事の所要時間: 21




陸遜

 

将軍は実際に兵を率います。

戦場において一切の責任が生じるのも将軍です。

兵法に通じていないといけませんが、統率力も大切です。

リーダーシップと決断力が要求されます。

 

郭嘉

 

軍師はあくまでも将軍の補佐です。

参謀長とも呼べるかもしれません。

実際に兵を率いることはせずに将軍に助言します。

兵法に通じていることはもとより、政治力も必要です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




将軍と軍師の違い

周瑜

 

現代における政治家と秘書の関係が将軍と軍師の関係かもしれませんね。

ちなみに経験を積んだ秘書は政治家として台頭してきます。

三国志のなかでも最初は補佐役でもやがて将軍として名を馳せる英雄は数多くいます。

呉の周瑜(しゅうゆ)はその筆頭ではないでしょうか。




影の軍師に徹するもの

顔良と袁紹

 

世の中では、兵を率いることをせずにひたすら補佐役に徹するものもいます。

三国志のなかでは、魏の賈詡(かく)や蜀の法正(ほうせい)などが挙げられます。

武よりも知略で勝負するタイプです。

もちろんそのアドバイスを聞き入れる器量の

持ち主が将軍でなければ彼らの存在価値は薄れてしまいます。

かつて袁紹(えんしょう)に仕えた田豊(でんほう)や劉璋に仕えた張松などが失敗した典型です。

彼らは仕える人間を誤り、主君の命令によって処刑されてしまいます。

軍師を目指すものにとって、誰に仕えるかは死活問題です。

 

司馬懿の出世

司馬懿と曹操

 

司馬懿は始め曹丕(そうひ)の側近として仕えました。

参謀のひとりです。

実際に魏に侵攻してきた関羽を撃退する方法を曹操に献策したのが司馬懿とされています。

仮に司馬懿を軍師と見るならば、その仕事はここまでになります。

曹操が病没し、曹丕が跡を継ぐと重用された司馬懿は軍を直接率いることとなるからです。

司馬懿が本当に誰もを唸らせる功績をあげるのはここから先になります。

ちなみに司馬懿は西暦230年には大将軍という将軍位で最高位まで出世しているのです。

しかし忘れてはならないのが中華という国の気風です。

中華は伝統的に昔から武より文が重んじられてきました。

将軍が権威を持つのはあくまで戦時中であって、平時は高級官僚が国を引っ張ります。

将軍と政治家、「軍師連盟」の主役である司馬懿は、

この二足の草鞋を履いて活躍した数少ない英雄のひとりです。

 

司馬懿の将軍としての功績

司馬懿

 

司馬懿が軍を率いて武功をあげたのは一度や二度ではありません。

西暦226年には侵攻してきた呉軍を撃破。

西暦228年には内応しようとした孟達(もうたつ)を撃破。

西暦235年には侵攻してきた蜀軍を撃破。

西暦238年には反乱を起こした公孫淵を撃破。西暦241年にも侵攻してきた呉軍を撃破。

「軍師連盟」では、その戦いのすべてが語られるはずです。

もちろん蜀の諸葛亮孔明の北伐を阻止したことでも有名です。

「救国の英雄」として魏にその人ありと謳われるのもうなずけます。

司馬懿は兵法に通じているだけでなく、実際に兵を率いることも卓越していたわけです。

軍師というよりも将軍としての活躍が目を見張ります。

これは呉の陸遜にも当てはまる話かもしれません。

 

関連記事:【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

三国志のゲームの世界において軍師の存在はとても大きなものがあります。

知力が高いほどその助言は正確なものになるからです。

軍師の獲得は天下統一に欠かせないプロセスです。

司馬懿は軍師として最高級の逸材として仕事をしてくれます。

それに、なにせタイトルが「軍師連盟」だけに

司馬懿を軍師として捉える風潮は世界規模であるのだと思います。

しかし自らが率先して動き、他人を動かす力というものは軍師の価値以上のものといえます。

司馬懿を軍師という狭い世界で量るのはややもったいないのではないでしょうか。

三国志最強の将軍。

呂布(りょふ)関羽(かんう)張遼(ちょうりょう)など猛者がひしめき合っていますが、

「最強の称号」それはもしかしたら司馬懿にこそ相応しいのかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  2. 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話
  3. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較
  4. 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時…
  5. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  6. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  7. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  8. 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  2. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  3. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  4. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり
  5. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?
  6. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将 cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは? 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!! 【三国時代】英雄の地位はどの位? 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・

おすすめ記事

  1. キングダム 529話 ネタバレ予想:犬戎の末裔
  2. 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏
  3. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  4. 【リアルチート】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?優れた政策と逸話 Part.3
  5. 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の見どころ紹介
  7. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す
  8. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP