編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?

この記事の所要時間: 21




陸遜

 

将軍は実際に兵を率います。

戦場において一切の責任が生じるのも将軍です。

兵法に通じていないといけませんが、統率力も大切です。

リーダーシップと決断力が要求されます。

 

郭嘉

 

軍師はあくまでも将軍の補佐です。

参謀長とも呼べるかもしれません。

実際に兵を率いることはせずに将軍に助言します。

兵法に通じていることはもとより、政治力も必要です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




将軍と軍師の違い

周瑜

 

現代における政治家と秘書の関係が将軍と軍師の関係かもしれませんね。

ちなみに経験を積んだ秘書は政治家として台頭してきます。

三国志のなかでも最初は補佐役でもやがて将軍として名を馳せる英雄は数多くいます。

呉の周瑜(しゅうゆ)はその筆頭ではないでしょうか。




影の軍師に徹するもの

顔良と袁紹

 

世の中では、兵を率いることをせずにひたすら補佐役に徹するものもいます。

三国志のなかでは、魏の賈詡(かく)や蜀の法正(ほうせい)などが挙げられます。

武よりも知略で勝負するタイプです。

もちろんそのアドバイスを聞き入れる器量の

持ち主が将軍でなければ彼らの存在価値は薄れてしまいます。

かつて袁紹(えんしょう)に仕えた田豊(でんほう)や劉璋に仕えた張松などが失敗した典型です。

彼らは仕える人間を誤り、主君の命令によって処刑されてしまいます。

軍師を目指すものにとって、誰に仕えるかは死活問題です。

 

司馬懿の出世

司馬懿と曹操

 

司馬懿は始め曹丕(そうひ)の側近として仕えました。

参謀のひとりです。

実際に魏に侵攻してきた関羽を撃退する方法を曹操に献策したのが司馬懿とされています。

仮に司馬懿を軍師と見るならば、その仕事はここまでになります。

曹操が病没し、曹丕が跡を継ぐと重用された司馬懿は軍を直接率いることとなるからです。

司馬懿が本当に誰もを唸らせる功績をあげるのはここから先になります。

ちなみに司馬懿は西暦230年には大将軍という将軍位で最高位まで出世しているのです。

しかし忘れてはならないのが中華という国の気風です。

中華は伝統的に昔から武より文が重んじられてきました。

将軍が権威を持つのはあくまで戦時中であって、平時は高級官僚が国を引っ張ります。

将軍と政治家、「軍師連盟」の主役である司馬懿は、

この二足の草鞋を履いて活躍した数少ない英雄のひとりです。

 

司馬懿の将軍としての功績

司馬懿

 

司馬懿が軍を率いて武功をあげたのは一度や二度ではありません。

西暦226年には侵攻してきた呉軍を撃破。

西暦228年には内応しようとした孟達(もうたつ)を撃破。

西暦235年には侵攻してきた蜀軍を撃破。

西暦238年には反乱を起こした公孫淵を撃破。西暦241年にも侵攻してきた呉軍を撃破。

「軍師連盟」では、その戦いのすべてが語られるはずです。

もちろん蜀の諸葛亮孔明の北伐を阻止したことでも有名です。

「救国の英雄」として魏にその人ありと謳われるのもうなずけます。

司馬懿は兵法に通じているだけでなく、実際に兵を率いることも卓越していたわけです。

軍師というよりも将軍としての活躍が目を見張ります。

これは呉の陸遜にも当てはまる話かもしれません。

 

関連記事:【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

三国志のゲームの世界において軍師の存在はとても大きなものがあります。

知力が高いほどその助言は正確なものになるからです。

軍師の獲得は天下統一に欠かせないプロセスです。

司馬懿は軍師として最高級の逸材として仕事をしてくれます。

それに、なにせタイトルが「軍師連盟」だけに

司馬懿を軍師として捉える風潮は世界規模であるのだと思います。

しかし自らが率先して動き、他人を動かす力というものは軍師の価値以上のものといえます。

司馬懿を軍師という狭い世界で量るのはややもったいないのではないでしょうか。

三国志最強の将軍。

呂布(りょふ)関羽(かんう)張遼(ちょうりょう)など猛者がひしめき合っていますが、

「最強の称号」それはもしかしたら司馬懿にこそ相応しいのかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?
  2. 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だっ…
  3. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせ…
  4. 9話:張角が太平道信者を増やした方法
  5. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編
  6. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  7. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  8. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?
  2. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂
  3. ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ!
  4. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将
  5. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  6. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した? 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで) 魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由に生きた梁興(りょうこう) 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの? 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか? 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?

おすすめ記事

  1. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?
  2. 【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった?
  3. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  4. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)
  5. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  6. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  7. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  8. 宦官VS外戚の争い 第二ラウンド

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP