日常生活

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?

この記事の所要時間: 21




陸遜

 

将軍は実際に兵を率います。

戦場において一切の責任が生じるのも将軍です。

兵法に通じていないといけませんが、統率力も大切です。

リーダーシップと決断力が要求されます。

 

郭嘉

 

軍師はあくまでも将軍の補佐です。

参謀長とも呼べるかもしれません。

実際に兵を率いることはせずに将軍に助言します。

兵法に通じていることはもとより、政治力も必要です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




将軍と軍師の違い

周瑜

 

現代における政治家と秘書の関係が将軍と軍師の関係かもしれませんね。

ちなみに経験を積んだ秘書は政治家として台頭してきます。

三国志のなかでも最初は補佐役でもやがて将軍として名を馳せる英雄は数多くいます。

呉の周瑜(しゅうゆ)はその筆頭ではないでしょうか。




影の軍師に徹するもの

顔良と袁紹

 

世の中では、兵を率いることをせずにひたすら補佐役に徹するものもいます。

三国志のなかでは、魏の賈詡(かく)や蜀の法正(ほうせい)などが挙げられます。

武よりも知略で勝負するタイプです。

もちろんそのアドバイスを聞き入れる器量の

持ち主が将軍でなければ彼らの存在価値は薄れてしまいます。

かつて袁紹(えんしょう)に仕えた田豊(でんほう)や劉璋に仕えた張松などが失敗した典型です。

彼らは仕える人間を誤り、主君の命令によって処刑されてしまいます。

軍師を目指すものにとって、誰に仕えるかは死活問題です。

 

司馬懿の出世

司馬懿と曹操

 

司馬懿は始め曹丕(そうひ)の側近として仕えました。

参謀のひとりです。

実際に魏に侵攻してきた関羽を撃退する方法を曹操に献策したのが司馬懿とされています。

仮に司馬懿を軍師と見るならば、その仕事はここまでになります。

曹操が病没し、曹丕が跡を継ぐと重用された司馬懿は軍を直接率いることとなるからです。

司馬懿が本当に誰もを唸らせる功績をあげるのはここから先になります。

ちなみに司馬懿は西暦230年には大将軍という将軍位で最高位まで出世しているのです。

しかし忘れてはならないのが中華という国の気風です。

中華は伝統的に昔から武より文が重んじられてきました。

将軍が権威を持つのはあくまで戦時中であって、平時は高級官僚が国を引っ張ります。

将軍と政治家、「軍師連盟」の主役である司馬懿は、

この二足の草鞋を履いて活躍した数少ない英雄のひとりです。

 

司馬懿の将軍としての功績

司馬懿

 

司馬懿が軍を率いて武功をあげたのは一度や二度ではありません。

西暦226年には侵攻してきた呉軍を撃破。

西暦228年には内応しようとした孟達(もうたつ)を撃破。

西暦235年には侵攻してきた蜀軍を撃破。

西暦238年には反乱を起こした公孫淵を撃破。西暦241年にも侵攻してきた呉軍を撃破。

「軍師連盟」では、その戦いのすべてが語られるはずです。

もちろん蜀の諸葛亮孔明の北伐を阻止したことでも有名です。

「救国の英雄」として魏にその人ありと謳われるのもうなずけます。

司馬懿は兵法に通じているだけでなく、実際に兵を率いることも卓越していたわけです。

軍師というよりも将軍としての活躍が目を見張ります。

これは呉の陸遜にも当てはまる話かもしれません。

 

関連記事:【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

三国志のゲームの世界において軍師の存在はとても大きなものがあります。

知力が高いほどその助言は正確なものになるからです。

軍師の獲得は天下統一に欠かせないプロセスです。

司馬懿は軍師として最高級の逸材として仕事をしてくれます。

それに、なにせタイトルが「軍師連盟」だけに

司馬懿を軍師として捉える風潮は世界規模であるのだと思います。

しかし自らが率先して動き、他人を動かす力というものは軍師の価値以上のものといえます。

司馬懿を軍師という狭い世界で量るのはややもったいないのではないでしょうか。

三国志最強の将軍。

呂布(りょふ)関羽(かんう)張遼(ちょうりょう)など猛者がひしめき合っていますが、

「最強の称号」それはもしかしたら司馬懿にこそ相応しいのかもしれませんね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  2. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  3. え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化…
  4. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠…
  5. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  6. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  7. 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無…
  8. 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?
  2. 三国天武とはどんなアプリゲーム?
  3. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  4. 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  5. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ!
  6. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家 衝撃の新事実・・・諸葛孔明は実は二人いた!? 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期 ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか? コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは? 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった曹操の父親

おすすめ記事

  1. またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた?
  2. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】
  3. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  4. 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?
  5. 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説
  6. 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼
  7. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める
  8. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP