はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?

この記事の所要時間: 318




韓信 項羽

 

楚漢戦争時代楚の項羽(こうう)の元にいた韓信(かんしん)

彼は項羽が自分を取り立ててくれないことに嫌気がさして、

劉邦(りゅうほう)の元に寝返ります。

劉邦は夏侯嬰(かこうえい)簫何(しょうか)の説得によって韓信を見出し、

彼を将軍として出世させます。

その後韓信は劉邦軍を率いて魏・趙・斉を攻略して自らの軍事の才能を天下に見せつけます。

だが彼は漢が天下統一した後、

謀反をたくらんだ罪で殺害されてしまいます。

彼が謀反をたくらむ一番最初のきっかけを作ったのは

劉邦に原因があったことをご存知でしょうか。

 

前回記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




滎陽城を何とか脱出

陳平

 

劉邦は滎陽城(けいようじょう)攻防戦で、

楚軍に敗北する寸前まで追いつめられると陳平(ちんぺい)が献策してきた、

劉邦身代わり作戦を決行したことで何とか滎陽城を脱出することに成功します。

この作戦は簫何が治めている関中へ入り、態勢を立て直すことが目的でした。

だが関中に入ってから態勢を立て直すには二つの難点がありました。

一つ目は兵士を訓練しなおさなければならない点です。

関中で募集した兵隊はすでに滎陽城攻防戦において大半が討たれてしまい、

新しい兵士を関中で募らなくてはならない難点がありました。

二つ目は滎陽城から関中までの距離が結構遠い事です。

この二つの難点があったので劉邦は関中へ行くかどうか迷っていました。

そこへ従者が「韓信将軍が援軍を引き連れて滎陽城近辺にやってきているそうです。」と

知らせてきます。

劉邦はこの報告を聞くと妙案を思いつきます。




劉邦の奇襲作戦

劉邦

 

劉邦は韓信の陣営へ行って兵士をパクってしまおうと考えつきます。

韓信の軍勢は趙と魏を討伐しているため、兵士の質も極めて練度の高い兵隊がそろっており、

関中へ行って新兵を訓練するよりははるかに短い期間で精強な兵隊が手に入ります。

しかし韓信がそう簡単に精強な兵士を手放すわけはありません。

そこで劉邦は秘策を考えつきます。

劉邦はぼろ身にまとい韓信の陣営に到着すると、

「漢王からの伝令である」と身分を偽って見張りに立っている兵隊に伝えます。

すると見張りに立っていた兵は劉邦と気づかず、彼を韓信が寝ている宿舎に案内します。

ここで劉邦はボロを着替えて身なりをしっかりとした後、

韓信が寝ている隙をついて彼の将軍の

証である印綬をパクります。

そして彼は韓信を蹴っ飛ばして、

「今からここの兵士は俺が指揮する」と横柄な態度で宣言。

こうして劉邦は韓信が率いていた精鋭部隊を難なく手に入れることに成功します。

 

少数の兵士を率いて斉攻略に向かう

韓信vs孔明06 禰衡と鍾離昧

 

韓信は寝ていたところをたたき起こされて何が起きたか全くわからないまま

兵士を劉邦に奪われてしまいます。

そして劉邦から「お前に数千の兵士を与える。この兵隊を率いて斉攻略へ迎え」と命令を受けます。

韓信はこの命令に従って大国である斉攻略へ向かうことになります。

 

韓信の斉攻略とは別に外交官を斉へ派遣する

韓信と鍾離昧

 

劉邦は食客として養っていた儒者・酈食其(れきいき)から

「私が斉を降伏させてきましょう。」と進言。

劉邦は酈食其の進言を受け入れて彼を斉の国派遣します。

この時劉邦はとんでもないミスを犯します。

それは斉攻略へ向かっている韓信軍に酈食其の存在を伝えなかったことです。

なぜ劉邦は韓信に酈食其の存在を伝えなかったのでしょうか。

 

斉を降伏させることなどできないと思っていたから

韓信と鍾離昧

 

劉邦は韓信になぜ斉に酈食其を派遣したと伝えなかったのでしょうか。

それは酈食其の弁論では斉を降伏させることなどできないと思っていたからです。

酈食其は儒者で、劉邦はあまり役に立たない言葉ばかりを言うこの儒者達が大っ嫌いでした。

彼は軍中に幾人か儒者がおりますが、彼らの意見をほとんど採用したことがありませんでした。

上記の理由が原因で彼は酈食其を斉に派遣したことを韓信に伝えなかったのです。

 

韓信軍は斉降伏を知るもそのまま斉を攻撃

韓信 将軍

 

酈食其は斉に到着すると斉王・田広(でんこう)の説得に成功。

こうして斉は漢へ降伏することになります。

韓信は斉が降伏したことを知っており、斉へ向かう途中で軍を停止させ、

斉攻撃を中止しようと考えておりました。

しかし韓信の配下である蒯通(かいとう)の説得によって、韓信は斉攻撃を強行することに。

斉は韓信軍が来ても国境に駐屯していた守備軍を解散させていたため、

大した抵抗をすることができずに滅亡寸前にまで追いつめられることになります。

そして斉の大半を奪うことに成功した韓信は、

漢と楚の二つの勢力を上回る領土を得ることになるのです。

 

関連記事:【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!

関連記事:【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた?

 

楚漢戦争ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

韓信は斉を奪ったことで傲慢になり、劉邦が援軍を要請しても送ることはしませんでした。

さらに彼は「斉王にしてくれたら援軍を送る」と劉邦にせがみます。

 

韓信と劉邦

 

この時劉邦は配下でありながら傲慢になった韓信を恨み、

終生忘れることをしませんでした。

その後韓信軍の援軍が来援してきたことがきっかけで楚は滅ぶことになるのですが、

韓信自身の運命も楚が滅亡したことで滅びへと向かっていくことになります。

もし劉邦が韓信へ「酈食其を使って斉が降伏するように交渉している。

だから斉攻略は一時中止だ。」と伝えていれば、

韓信が滅亡することはなかったのではないのでしょうか。

「今回の楚漢戦争時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃ~またにゃ」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現
  2. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!…
  3. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦…
  4. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・
  5. 楊沛(ようはい)とはどんな人?魏の諸将を恐れさせた行政官
  6. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  7. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だ…
  8. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介
  2. 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けませんわ
  3. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相
  4. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す
  5. 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか
  6. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何? 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか? 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう! 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった! 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?

おすすめ記事

  1. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  2. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  3. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  4. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問
  5. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  6. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい?
  7. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?
  8. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP