曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち

この記事の所要時間: 245




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用コンテンツです。

 

藏覇

 

三国志の最大の華と言えば個性豊かな武将同士の一騎打ちでしょう。

いずれ劣らぬ、男伊達を誇る猛将・勇将が火花を散らして得物を振るうシーンは、

まさに、そこに痺れる憧れるゥ!です。

しかし、冷静に考えて一騎打ちなど本当にあったのでしょうか?

そして、あったとすると、それはどのような戦いだったのでしょう。




実際には、少なかった武将同士の一騎打ち

郭嘉

 

いきなり夢のない話をしますと、三国志の時代に、

武将同士が名乗りを上げて、戦うなどというルールはありませんでした。

 

当たり前といえば、当たり前で、一軍を指揮する武将が倒されてしまえば、

配下に動揺を与え、いかに優勢な戦況でも覆る可能性があるからです。

武将や将軍は、前線より後ろにいて、全体の戦況を俯瞰して的確な指示を出し、

部下を激励するのが仕事であって、一騎討ちをするのが仕事ではありません。




しかし、偶発的に起きた、一騎討ちは存在した

朝まで三国志 公孫瓚

 

ですが、上のケースは通常の戦争の場合であり、たまたま、武将同士が、

遭遇したような時には、その限りではありません。

そんな場合には窮地を逃れるために、双方が持てる技の限りを尽くして、

戦ったのであり、それが結果、一騎討ちになるのです。

 

正史にも記載がある孫策太史慈の一騎打ち

太史慈 孫策

 

正史に記録があるものとして、最も有名なのは、

呉の孫策(そんさく)と、太史慈(たいしじ)の一騎打ちでしょう。

 

当時、劉繇(りゅうよう)の客将だった太史慈は、

孫策軍の動向を調べようと偵察の為に単騎で出陣します。

そこに、同じ考えで陣営を出た、孫策に出くわしたのです。

 

太史慈は、まさか相手が自分の狙うべき敵の大将とは

夢にも思わず、手取りにしようと戦いを仕掛けます。

孫策も、ここで引いたら男が廃るとばかりに、それに応じて、

馬上において、戟を交える大激戦になります。

 

孫策は、太史慈の馬を突き刺し、太史慈がうなじの所につけていた

手戟を奪い取りました。

ムカッときた太史慈は、しゃにむに前進して、孫策の兜に手を掛けて

これを奪い取ってしまいます。

 

ここで、孫策を心配して追いかけてきた、韓当(かんとう)

黄蓋(こうがい)、宋謙(そうけん)達、13名が合流して、

辺りは大混乱になり、勝負は痛み分けになりました。

こちらは、なかなか記述がリアルであり、

突発的な一騎打ちとして、実際にあった可能性が高いです。

 

 

※参考資料:三国志英傑プロファイル

著者: 光栄 出版社: 光栄

 

馬超がフルボッコ ダークホース閻行(えんこう)

馬超フルボッコ01

 

馬超(ばちょう)は、三国志演義で張飛(ちょうひ)許褚(きょちょ)

一騎打ちした事になっていて、かなり強い猛将と言ってよい存在だと思います。

しかし、史実に残る一騎打ちでは、馬超をフルボッコにした強者がいるのです。

それが、閻行(えんこう)と呼ばれる人物で、彼も涼州出身です。

 

建安年間の最初と言いますから、西暦195年頃、

韓遂(かんすい)馬騰(ばとう)の間で、

涼州の領有を巡る小競り合いが発生します。

そこで、韓遂側にいたのが閻行でした。

 

屈強な閻行は、同じく、豪傑として名高い20歳位の馬超

一騎打ちになっていきます。

勝負は一方的だったようで、閻行は、馬超を矛で突き刺します。

しかし、鎧に阻まれて、矛は折れました。

 

その衝撃で、馬超も落馬したのでしょう、閻行はすかさず、

折れた矛の柄の部分を掴んで、馬超の背後にまわり、柄で首を締めあげます。

こうして、馬超を苦しめながら、殴る蹴るで、まさにフルボッコです。

 

普通なら、このまま戦死している馬超ですが、馬騰の息子ですから、

すぐさま、援軍が入ったのでしょう、難を逃れています。

 

ちょっと情けない、許褚に睨まれて動けない馬超

馬超021

 

馬超は西暦211年、潼関の戦い曹操と戦いこれを追いつめます。

曹操は戦線が膠着したので和議を結ぼうと馬超とサシで会談しますが、

馬超はそれを利用して曹操を捕え戦争を終わらせようと企んだ事があります。

 

しかし、曹操はボディーガードの許褚(きょちょ)だけは連れてきており、

許褚に凄い形相でにらまれ続けた馬超は、

ついに曹操を捕まえるという計画を実行できませんでした。

幾らでも言い訳は出来るでしょうが、要は許褚にビビったという事です。

 

 

呂布郭汜の一騎打ち

裏切り 呂布

 

地味ですが、李傕(りかく)郭汜(かくし)コンビとして括られる郭汜

彼にも、呂布(りょふ)と一騎打ちをしたという記述が英雄記にあるようです。

 

それによると、董卓(とうたく)の弔い合戦として、やけっぱちで

長安に攻め込んだ郭汜は、今や官軍になりおおせた呂布と一騎打ちします。

しかし、郭汜ごときの武力で呂布に敵うわけもなく、翻弄され、

あと一突きで死亡という所まで追いつめられます。

 

そこに郭汜の部下がわっと助けに入ったので、

呂布は止めを刺せず、多勢に無勢、呂布は、やむなく

長安を放棄して逃げ出しました。

 

一騎打ちでは勝ったけど、戦争には負けたのが呂布の状況です。

 

シミルボン

 

【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?
  2. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  3. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  4. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面…
  5. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀…
  6. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ラ…
  7. 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族
  8. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染みキャラが死ぬの?」
  2. 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!
  3. 霊帝が名君だったら三国志はどうなった?本当に無能だったの?
  4. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  5. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃいます!
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第10部

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

橋本左内の書籍にはどんなものがあるの? キングダム ネタバレ 535話「蒙恬総大将特例で将軍へ昇格」 【真・三國無双 Online Z 攻略3】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!? 曹操が遺言で見せた女性への愛情 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史 幾島vs本寿院勝敗を決めたのは徳川斉昭のスケベだった

おすすめ記事

  1. 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  2. 『三國志曹操伝 ONLINE』がアップデート。新コンテンツ「千里行」と、完全オリジナルシナリオを追加!
  3. 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!
  4. 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇)
  5. 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第7部
  7. 阿部正弘の墓はどこにある?イケメン老中の眠る谷中墓地を紹介
  8. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP