広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?

この記事の所要時間: 259




㈱三国志 劉備 孔明

 

三国志の劉備には彼を支えた名参謀・諸葛亮孔明がいます。

 

荀彧

 

また曹操にも荀彧(じゅんいく)郭嘉(かくか)などの智謀の士が彼を支えてます。

 

甘寧と凌統06 孫権と呂蒙

 

さらに孫権にも周瑜(しゅうゆ)呂蒙(りょうもう)らなど多くの参謀が彼を支えてきました。

このように三国志の英雄には必ずと言っていいほど名参謀が登場します。

日本の戦国時代にも名参謀と言われる人が数多く出現。

今回は豊臣秀吉に仕える前の名参謀・竹中半兵衛重治(たけなかはんべえしげはる)

ご紹介していきたいと思います。

 

中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>




病弱な智謀の士

 

竹中半兵衛は美濃(みの=現在の岐阜県)で誕生します。

身長は高く爽やかな雰囲気を醸し出し、イケメンだったそうですが病弱でした。

当時の人々の話を集めた「太閤記(たいこうき)」の中で彼を「その容貌、婦人の如し」と

表現しております。

 

張良と劉邦

 

漢の高祖・劉邦(りゅうほう)を支えた名参謀・張良(ちょうりょう)のような人物であったのしょう。

彼は父の跡を継いで竹中家の当主となると当時の美濃領主である斎藤義龍(さいとうよしたつ)の

家臣として加わり彼を支えていきます。

しかし義龍は病で亡くなってしまい、彼の跡を龍興(たつおき)が継ぐことになります。




程昱の十面埋伏の計を使用して織田軍撃破

 

義龍の時代から尾張(おわり)の織田信長が度々美濃へ攻撃を仕掛けてきます。

竹中半兵衛も織田軍迎撃の戦に何度か参戦しておりました。

義龍の死後、龍興が斎藤家の当主として君臨することになりますが、

この時信長は斉藤家の当主交代期を狙って攻撃を行ってきます。

半兵衛は軍勢を率いて戦に参戦。

彼は織田軍が美濃へ攻撃を仕掛けてくると

三国志の程昱(ていいく)が使った十面埋伏(じゅうめんまいふく)の計を

使用して織田軍を撃破します。

半兵衛のこの戦いで美濃で一躍有名人として名を馳せることになります。

 

政治に関心を持たないポンコツ君主

 

半兵衛はこうして織田軍撃破で活躍することになります。

しかし斉藤家の当主・龍興は美濃の国の防衛に力を注がずに、

毎日遊び呆けている状態でした。

この状態を見ていた斉藤家の重臣である安藤守就(あんどうなりもり)・稲葉一鉄・

氏家卜全(うじいえぼくぜん)の三人は度々「政治に関心を向けてください」と進言しますが、

取り上げられることはありませんでした。

守就は娘婿である半兵衛に「龍興様がなんで政治に関心をむけてくれないのだろう」と

会うたびに愚痴をこぼしておりました。

半兵衛は龍興がいかにポンコツな君主であるのかを伝え聞いていたので、

このままでは美濃が危ないと考えある行動に出ます。

 

稲葉山城乗っ取り作戦

岐阜城 f

 

織田軍は幾度も美濃へ攻撃を仕掛けますが、中々攻略することができませんでした。

その原因は斉藤家の初代当主で信長の義理の父親である斎藤道三が作った

稲葉山城が原因の一つでした。

この城は山に築城されており、要害堅固で攻めにくいことこの上ない城でした。

この城があるために毎回斉藤家に攻撃を仕掛けますが、その度に撃破されてしまうのです。

半兵衛はこの稲葉山城を乗っ取り当主龍興の考えを改めようとします。

彼はまず義理の父親である安藤守就へ「稲葉山城を乗っ取って龍興様の考えを変えようと

考えているのですが、協力してくれませんか。」とお願いします。

このことを聞いた守就は驚き「婿殿が智謀の士であるのはわかっているができるのかね。」と

質問します。

半兵衛は「大丈夫です。任せてください」と言って計画を話します。

この計画を知った守就は「よしわかった。協力しよう」と快諾します。

こうして稲葉山城乗っ取り作戦が結構されることになります。

 

たった17人で乗っ取りに成功

 

半兵衛は夜中稲葉山城に入城すると先に待っていた弟の重矩を連れて動き始めます。

彼は警備隊長であった斎藤飛騨守(さいとうひだのかみ)を斬り殺すと城内の兵士達へ向かって

「竹中半兵衛が大軍をつれて城内に侵入したぞ」と流言を流します。

この流言を知った兵達は驚き、状況を把握しないまま城外へと逃げて行きます。

斎藤家の当主である龍興もなぜ半兵衛が稲葉山城へ攻撃してきたのか分からないまま城外へ

逃れでます。

こうして稲葉山城を半兵衛が乗っ取ることに成功。

この時半兵衛が率いていた人数はたった17人だったそうです。

 

戦国史ライター黒田廉のひとりごと

黒田廉

 

半兵衛が稲葉山城を陥落させたと聞いた信長は彼に「稲葉山城を俺にくれ。

もし俺にくれれば美濃半国をお前にやる」と言って交渉させますが、半兵衛は頷きませんでした。

その後龍興から城を返却してくれと要請があり半兵衛は

「城を返すことはやぶさかではないのですが。ひとつ条件があります。

稲葉山城乗っ取りに関わった全ての人の罪を問わないと約束してくれるのであれば返しましょう」と

条件をつけます。

龍興はこの条件を飲むことを約束します。

すると彼はすぐに稲葉山城を龍興へ返還して自らは美濃を出て近江へ向かいます。

戦国時代や三国志の時代を見渡してもたった17人で城を奪ったのは半兵衛だけではないのでしょうか。

 

軍師官兵衛に関する記事一覧:軍師官兵衛全記事

関連記事:黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還

関連記事:黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だ…
  2. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の…
  3. 姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?
  4. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  5. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  6. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見ど…
  7. 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  2. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍
  3. 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?
  4. はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  5. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  6. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何? 二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介! 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編

おすすめ記事

  1. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ
  2. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  3. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  4. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!
  5. 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった政治家
  6. 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可能性!?
  7. 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪
  8. 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP