春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?

この記事の所要時間: 311




竹 f

 

さあ!キングダム503話において、ついに謎に包まれていた

趙の三大天、最期の一人、司馬尚(しば・しょう)が姿を現しました。

この司馬尚、李牧(りぼく)が三大天に任命しようとしても中央が気に食わず、

病気と称して田舎に引っこんでいたといういわくつきの人物です。

しかし、運命が司馬尚を歴史の表舞台に引き出そうとしています。

それは、燕のオルド将軍が趙に進撃し、司馬尚の居城青歌(せいか)に

軍を向かわせる事から始まりました。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




焦っていた李牧に安心感を与えた不気味な司馬尚の能力・・

李牧

 

東からは燕のオルド将軍の快進撃、西からは秦の王翦(おうせん)

来襲でさしもの李牧も焦燥を隠せませんでした。

本来なら、秦に向かわせる予定だった扈輒(こちょう)将軍を

東のオルド将軍の対策に振り向けようとした程です。

 

ところが、そこで青歌に赴任している司馬尚が五千の兵で挙兵し

オルド将軍を撃滅に向かったという報告が入ります。

その瞬間、李牧に安堵の表情が浮かび、前言を撤回し扈輒将軍を

そのまま西の秦に向かわせると決定したのです。

 

たった五千の兵力しかない司馬尚がオルド将軍の進撃を食い止め、

後は、東部方面の趙泊(ちょうはく)が燕軍を国境から追い出すと、

李牧は確信しているようなのです。

 

ですが、僅か五千で、あのオルド将軍の破竹の快進撃を止める

一体、司馬尚の能力とは、どれほどのモノなのでしょうか?

考えるだに、恐ろしい予感が走ります。




司馬尚は出現したが、龐煖はどうなるのか?

龐煖

 

司馬尚もそうですが、現時点で気になるのは龐煖(ほうけん)の動向です。

史記と韓非子には、龐煖が趙軍を率いて燕の領土を襲ったと記録されていて

出てこないというのは、史実に反しているからです。

 

そうなると、龐煖は東部方面を管轄している趙泊の元に出るのか?

いやいや、龐煖の性格を知っている人なら、そうは思わないでしょう。

あの人、鬼神のように強いけど、社会不適合者で本能の赴くままに

矛を振り回すだけの人ですョ?

 

以前、秦と趙が戦った時には、龐煖は形だけ総大将で、

どこに行くのも自由、部下の進言も聞く耳を持たず、

まったく行動を拘束できませんでした。

 

結果として、趙は邪魔な王騎を討ち果たす事が出来て結果オーライですが、

もし、何の手柄もないなら李牧は責任問題に発展したであろうと思います。

そんな龐煖ですから、今回も自由人のままで統制なんか取れないでしょう。

 

関連記事:【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!

関連記事:【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!

 

司馬尚と龐煖はシバケンコンビで燕軍とオルドを瞬殺する

 

ですが、龐煖が唯一、言い分を聞きそうな人物が李牧です。

同じ、三大天という事もあるのでしょうが、李牧の言う通りにすれば、

強敵にありつけるという直感があるという事でしょう。

 

同じ事は、司馬尚にも言えるのではないでしょうか?

李牧が認める程の人物、おまけに中央が気に入らないので、

病気と称して、ろくに顔も出さないという偏屈ぶりです。

 

何となく、社会不適格者の龐煖に通じる所があるように

思えるのですが、どうでしょうか?

司馬尚は、何らかの形で龐煖に強者、この場合にはオルド将軍を

狩らせるという名目でタッグを組み、司馬&煖のシバケンコンビで

オルド将軍を瞬殺し、勢いで燕の領地まで切り取るのではないか?

このように思えてならないのです。

 

東部方面は趙泊が守っているようですが、実際は出番がなく、

オルド将軍は龐煖に斬殺され、燕軍は司馬尚の五千の軍勢の前に

全滅してしまう・・これでこそ、本当の意味で司馬尚の

鮮烈なデビュー戦と言えるでしょう。

 

 

キングダムウォッチャーkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

さて、三国志の実質的な勝者で、司馬尚の遠い子孫である司馬懿(しばい)ですが、

彼も当初、曹操(そうそう)に仕官するように命令されても中風を理由に断っています。

何か困ったら病気を口実にするのは、司馬氏のお家芸だったりするのかも知れません。

或いは、原先生も、その辺りは意図的に合せていたりしてね・・

 

【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 133話:公孫淵の反乱と司馬懿の台頭
  2. 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家
  3. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!…
  4. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  5. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かり…
  6. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかる…
  7. 75話:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化
  8. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  2. 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)
  3. 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト
  4. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  5. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  6. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話 曹操の北伐~袁氏の滅亡~ 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将 謎多き登場人物、関索って何者? 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」
  2. 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】
  3. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  4. 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人
  5. これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!
  6. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  7. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?
  8. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP