ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?

ホウ煖(龐煖)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

献帝(はてな)

 

さあ!キングダム503話において、ついに謎に包まれていた

趙の三大天、最期の一人、司馬尚(しば・しょう)が姿を現しました。

この司馬尚、李牧(りぼく)が三大天に任命しようとしても中央が気に食わず、

病気と称して田舎に引っこんでいたといういわくつきの人物です。

しかし、運命が司馬尚を歴史の表舞台に引き出そうとしています。

それは、燕のオルド将軍が趙に進撃し、司馬尚の居城青歌(せいか)に

軍を向かわせる事から始まりました。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発


焦っていた李牧に安心感を与えた不気味な司馬尚の能力・・

李牧

 

東からは燕のオルド将軍の快進撃、西からは秦の王翦(おうせん)

来襲でさしもの李牧も焦燥を隠せませんでした。

本来なら、秦に向かわせる予定だった扈輒(こちょう)将軍を

東のオルド将軍の対策に振り向けようとした程です。

 

ところが、そこで青歌に赴任している司馬尚が五千の兵で挙兵し

オルド将軍を撃滅に向かったという報告が入ります。

その瞬間、李牧に安堵の表情が浮かび、前言を撤回し扈輒将軍を

そのまま西の秦に向かわせると決定したのです。

 

たった五千の兵力しかない司馬尚がオルド将軍の進撃を食い止め、

後は、東部方面の趙泊(ちょうはく)が燕軍を国境から追い出すと、

李牧は確信しているようなのです。

 

ですが、僅か五千で、あのオルド将軍の破竹の快進撃を止める

一体、司馬尚の能力とは、どれほどのモノなのでしょうか?

考えるだに、恐ろしい予感が走ります。


司馬尚は出現したが、龐煖はどうなるのか?

龐煖

 

司馬尚もそうですが、現時点で気になるのは龐煖(ほうけん)の動向です。

史記と韓非子には、龐煖が趙軍を率いて燕の領土を襲ったと記録されていて

出てこないというのは、史実に反しているからです。

 

そうなると、龐煖は東部方面を管轄している趙泊の元に出るのか?

いやいや、龐煖の性格を知っている人なら、そうは思わないでしょう。

あの人、鬼神のように強いけど、社会不適合者で本能の赴くままに

矛を振り回すだけの人ですョ?

 

以前、秦と趙が戦った時には、龐煖は形だけ総大将で、

どこに行くのも自由、部下の進言も聞く耳を持たず、

まったく行動を拘束できませんでした。

 

結果として、趙は邪魔な王騎を討ち果たす事が出来て結果オーライですが、

もし、何の手柄もないなら李牧は責任問題に発展したであろうと思います。

そんな龐煖ですから、今回も自由人のままで統制なんか取れないでしょう。

 

関連記事:【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!

関連記事:【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!


司馬尚と龐煖はシバケンコンビで燕軍とオルドを瞬殺する

 

ですが、龐煖が唯一、言い分を聞きそうな人物が李牧です。

同じ、三大天という事もあるのでしょうが、李牧の言う通りにすれば、

強敵にありつけるという直感があるという事でしょう。

 

同じ事は、司馬尚にも言えるのではないでしょうか?

李牧が認める程の人物、おまけに中央が気に入らないので、

病気と称して、ろくに顔も出さないという偏屈ぶりです。

 

何となく、社会不適格者の龐煖に通じる所があるように

思えるのですが、どうでしょうか?

司馬尚は、何らかの形で龐煖に強者、この場合にはオルド将軍を

狩らせるという名目でタッグを組み、司馬&煖のシバケンコンビで

オルド将軍を瞬殺し、勢いで燕の領地まで切り取るのではないか?

このように思えてならないのです。

 

東部方面は趙泊が守っているようですが、実際は出番がなく、

オルド将軍は龐煖に斬殺され、燕軍は司馬尚の五千の軍勢の前に

全滅してしまう・・これでこそ、本当の意味で司馬尚の

鮮烈なデビュー戦と言えるでしょう。


キングダムウォッチャーkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

さて、三国志の実質的な勝者で、司馬尚の遠い子孫である司馬懿(しばい)ですが、

彼も当初、曹操(そうそう)に仕官するように命令されても中風を理由に断っています。

何か困ったら病気を口実にするのは、司馬氏のお家芸だったりするのかも知れません。

或いは、原先生も、その辺りは意図的に合せていたりしてね・・

 

【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【キングダムの主人公】飛信隊の信は悲惨な最期を遂げる?
  2. 「魏」の旗を持った兵士 「魏」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  3. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実で…
  4. はじめての三国志 画像準備中 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  5. はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  6. 王騎 キングダム 【キングダム】王騎は史実では全く活躍しないダメ将軍?
  7. 項羽 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  8. キングダム 【保存版】キングダム、あの名将の悲惨な最期ワースト8選

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張飛の男気人生
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた
  3. 曹操
  4. 曹操 耳で聞いて覚える三国志
  5. 赤兎馬
  6. 馬超と羊
  7. 孔子と儒教

おすすめ記事

  1. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー 沮授
  2. 【11月の見どころ】11/11〜15日まで「春秋左氏伝の世界」
  3. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの? 李儒と董卓
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12/4】
  5. 【董卓の逸話】董卓は実はいい人だった? 赤兎馬を可愛がる董卓
  6. 読者の声(10月7日~10月13日) 読者の声バナー(はじめての三国志)

三國志雑学

  1. 合肥の戦いの満寵
  2. 徐福
  3. 曹洪と曹操


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 貂蝉と呂布
  2. オカルト小説を書いている曹丕
  3. 劉備に足りないもの 三国志
  4. 孫権
  5. 曹仁
  6. 黄月英
  7. 孔融と禰衡

おすすめ記事

夏侯和(かこうか・かこうわ) 夏侯和とはどんな人?晋王朝のフィクサーになりそこねた男! 陸遜 剣と刀 陸遜が馬超の軍師だったら天下統一も夢じゃない? 殷の大様 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの? 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 【衝撃の事実】三国志でよく使われていた弩が日本で流行らなかったのは日本人がガラパゴス脳だったから 合戦シーン 名もなき雑兵が語る戦国のリアル【雑兵物語】 合戦シーン 北条早雲の目には応仁の乱はどのように写っていたのか? はじめての三国志 画像準備中 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1 丁奉(ていほう) 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP