三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

この記事の所要時間: 332




朝まで三国志 kawauso

 

三国志を長らく書いていると、次第に世にもマニアックな仕事をしている

という常識的な部分が段々と麻痺してきます。

「メジャーな曹操(そうそう)の名前なら、誰に言っても通じるんじゃないか?」

などと錯覚してしまうから、恐ろしくなってしまいます。

そこで、たまに初心に帰り三国志の基本に立ち返って三国志初心者の

なんで?どうしてに回答してみようというのが、そもそも論です。

 

袁術と袁紹の喧嘩

 

今回は、ファンは疑った事さえない、どうして袁紹(えんしょう)や

袁術(えんじゅつ)に力があったのか?そこにスポットを当ててみようと思います。

 

企画バナー袁術

 

ところで袁術祭りや、朝まで三国志、はじめてのストライキなど、

中の人がやたら目立ちたがる、我がはじめての三国志は、

信じられない事に2017年1月で95万PVに到達しました。

これもおバカな事に付き合ってくれた読者様のお陰です。

100万PVまで、もう少し、これからも応援よろしくね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




ファンでも答えられない?袁家の力の源泉とは・・

袁家ヒストリー02 袁安

 

袁家の力の源泉、ファンにとっては、なんて事ない質問に見えるかも知れません。

即座に、こう答えるのではないでしょうか?

 

「袁家というのは、四世三公で、代々、司徒、司空、大尉を出した名門だから

士大夫は皆、争って配下になろうとしたんだよ」

 

なるほど、長い間高位に就いた名門だから・・でもそうでしょうか?

名門かどうかなら、皇帝に近い血筋の劉虞(りゅうぐ)とか

劉瞱(りゅうよう)の方がずっと名門だし血筋も凄くないですか?

 

それに幾ら袁家が高位でも、中央のサラリーマンに違いはありません。

貰っている領地だって、漢王朝全体から見れば僅かなものです。

 

地位は袁家より低くても、地方で勢力を持っていた公孫瓚(こうそんさん)

陶謙(とうけん)劉焉(りゅうえん)は土地もあり、すでに半独立状態ですから、

そっちに行った方が、手っとり早く出世できませんか?

 

袁家は金持ちかも知れませんが、曹操の父親なんかは、

大尉の位を一億銭で買う超大金持ちで、それにはとても敵いません。

なんで、そんな大金持ちを袁家が凌駕したのでしょう?

 

こうして、考えると、袁家に力がある=名門だからでは、

すべてを説明できなくなってしまうのです。




袁家の力の源泉は、辟召という制度にあった

 

私達は、後漢の時代の人材登用というと、孝廉(こうれん)や

茂才(ぼうさい)を思いだします。

前漢の武帝の時代から、郡大守に義務付けられた人材推薦の制度です。

しかし、実は人材登用の方法はもう一つあったのです。

それが辟召(へきしょう)と呼ばれる制度でした。

「辟」も「召」も招くという意味なので、これは人材推挙の意味を

持っている事になります。

実は、この制度こそが、袁家に董卓(とうたく)も憚る大きな権力を与えたのです。

 

孝廉と辟召の大きな違いとはなにか?

 

孝廉と辟召は人材を推挙する点では同じですが、内容は大きく違います。

例えば、孝廉は地方の大守に推挙されてから、人材は一度洛陽に上り、

そこで郎として、中央省庁に仕え、その才能を見て、県令なり功曹なり

州刺史などとして認定され地方に異動していくのです。

 

つまり、推挙されたからと言って、産まれ故郷で就職できるとは

限りませんし、望む地位につけるわけでもありません。

 

一方で辟召は、推挙するのは同じですが、

登用された人材は推挙した人間の直属の部下になるのです。

お試し期間のような薄給の郎官になる必要はなく、

どこか分らない場所に異動になる事もありません。

 

それに孝廉は、年に百名程度しか枠がありませんが、

辟召は欠員が出れば採用できるので、より枠が大きくなります。

この辟召が出来るのは、三公、大将軍、九卿、そして県令、大守でした。

 

辟召で選ばれた人々は、選んだ人間に忠誠を誓う

袁家ヒストリー01 袁術 袁紹

 

辟召で選ばれた人は公費で雇われるのですが、選んでくれた人と

個人的な付き合いが生まれます、これを「故吏」と言います。

必然的に、故吏は国家よりも選んでくれた人に忠誠を尽くすようになるのです。

 

袁家は初代袁安(えんあん)が西暦83年に九卿の太僕になってより、

西暦190年、董卓により中央の袁家が皆殺しにされるまで何度か中断はあるものの

およそ100年辟召が行える地位にありました。

 

その間に推挙された人々は、袁家全体で考えると大袈裟ではなく、

万単位に上るでしょうし、彼等は順調に出世して各地に散らばっていき、

西暦190年でも、中華十四州で袁家の世話になった役人は数千人になります。

 

彼等は、代々、袁家の世話になっている場合もあり、いざという時には

袁家の為に命も懸けようと言う気持ちがあったのです。

 

群雄の一人、冀州牧の韓馥も郭嘉も辟召を受けていた・・

郭嘉

 

董卓によって冀州牧に任じられた韓馥(かんぷく)は、かつて袁家の部下だったという

記述があるので、彼も辟召を受けていたようです。

もっとも、彼は卑怯者の気がある人で董卓の命令で袁紹を監視した、

情けない人であったのですが・・

 

曹操の軍師として有名な郭嘉(かくか)も、27歳の時に司徒府から辟召されますが、

彼は後漢に先がない事を感じて応じず禍を避けたと言います。

 

三国志ライターkawausoの初心

kawauso 三国志

 

袁紹や袁術が、他の群雄をリードしたのは、100年に渡って、

三公を出し、辟召で世話してやった人間が膨大な数に上ったからです。

彼等は、袁家を頂点にヒエラルキーを形成し、袁家の当主が一声かければ

ただちに大軍となって出現する事になりました。

 

ましてや、乱世なら今後の事も考えて尚更、寄らば太樹という事でしょう。

つまりは、袁家が長く中央で権力を握り、世話をしてやった人間が、

大勢いるというのが袁家の強みだったのです。

はじさんビギナーの読者の方、袁家の力の秘密、分りやすかったですか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

関連記事

  1. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  2. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  3. 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?
  4. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋…
  5. 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?
  6. 人々の鑑になった良い宦官達
  7. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の…
  8. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどん…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】
  2. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  3. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.3【完】
  4. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?
  5. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  6. 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

21話:汜水関の戦いの功労者 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話 はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想! 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?

おすすめ記事

  1. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード
  2. 劉備と劉邦
  3. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  4. 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの?
  5. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  6. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった
  7. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介
  8. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP