編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の結末(最後)ってどうなるの?

この記事の所要時間: 232




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志バンザイ」のコーナーです。

 

 

三国志のお話は諸葛亮孔明が亡くなると同時に急激に盛り下っていきます。

一般的には三国志の前半の主役は曹操、後半の主役は諸葛亮孔明といわれています。

主役がいなくなるわけですから盛り上がりに欠けるのは仕方のない話です。

ちなみに諸葛亮孔明が五丈原で亡くなるのが西暦234年8月、

晋の司馬炎(晋武帝)が呉を滅ぼして天下を統一するのが西暦280年3月。

この間の約半世紀の歴史が見事にはしょられるのが通常の三国志のお話です。

黄巾の乱が起こったのが西暦184年のことでしたから、

三国志の物語の前半50年と後半50年では扱われ方がまったく違うことになります。

私も三国志の後半はあまり好きではありません。なんか切なくなるからです。

後半を読んでいると、前半時期が思い出され、

あの頃はみんな活き活きとしていて良かったなーって、感慨深くなってしまいます。

今回はあまり切なくならない程度に三国志の結末に触れてみましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表




三国の競い合い

 

三国志っていうくらいですから三国が競い合った時代です。三つ巴の競争ですね。

芸能界のお笑いでいうと、「ダウンタウン」と「ウッチャンナンチャン」と

「とんねるず」が覇権を争っていた時代のような感じでしょうか。

これでひとり勝ちしてしまうと面白くないです。競い合っているからこそ互いに成長していくのです。

今更確認する必要はないかもしれませんが、三国志の三国は、曹操の魏、劉備の蜀、孫権の呉です。

人気のあるのはやっぱり蜀でしょうか。

三国志演義の影響が大きいですね。

判官贔屓の日本人の文化を考えると、弱小ながら必死に頑張る蜀を応援しちゃう傾向があります。

呉を応援している人はよくわかりません(スミマセン。でも私は呉押しですよ)。

呉の魅力って??かなり地味ですよね。ラーメンでいうと塩味かな……。

ラーメンの王道は醤油味だし、でも味噌味も人気あります。

わざわざ塩味?ってよく言われます。なぜなら私は塩味しか食べないからです。

生まれてこの方、味噌味を食べたことがありません。

魏は人材が豊富だし、なにより英雄・曹操がいますからね、人気はあります。

荀彧とか郭嘉とか軍師系も魅力的です。




晋ってなに?

 

で、結局天下を統一するのが「晋」だというのがやや白ける理由ではないでしょうか。

せめて魏が統一してほしかった。

この晋を建国したのがご存知「司馬炎(しばえん)」です。

西暦265年のことですから、仮にシュミレーションゲームを西暦184年から始めたとして80年後です。

ゲームでここまで天下を統一しないで続けるのは逆に至難の業です。

はっきり言ってほとんどの武将たちが寿命で死んでいます。

プレイしていてまったく面白くない世界になっていることでしょう。

 

晋の統治

 

そして何より納得いかないのが、

こんな混迷の時代を統一した晋が30年で滅ぶということです。(西晋)。

内乱や異民族が原因らしいですが、そんなことはどうでもいいです。

三国志を勝ち残った国があっさり潰れることが許せないのです。

日本の戦国時代はその点、納得できますね。

天下を統一した徳川家康の江戸幕府はその後200年以上天下を治めます。

多くの人間の犠牲はあったものの天下泰平が訪れるのです。

そのための競争であり、戦争だったはずです。

三国志の結末がどうしても好きになれない大きな原因って、これかもしれませんね。

結局みんな滅んでしまうんですから。

あっ、切なくなってきた。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

理想を言うと、関羽が生きている間に天下を統一してほしかった。

まだ呉が建国されていない状態ですが……。

みんなが元気なうちに決着をつけてほしかったですね。

そう考えると赤壁の戦いで曹操が勝てばめでたしめでたしだったのでしょうか。

いや、それだと物足りないですね。諸葛亮孔明の見せ場がないし。

難しい。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくう…
  2. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  3. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  4. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  5. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  6. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  7. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  8. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!
  2. 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい!?春秋時代のTOP3と言われた宰相達をご紹介
  3. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  4. 赤壁の戦いは計略の宝庫
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介
  6. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定 はじめての三国志ライター kawausoの記事修正のお詫び 【告白】私はこうして三国志にハマりました! 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに? 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る! 何で曹操は漢中で劉備に負けたの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

おすすめ記事

  1. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)
  2. 【はじめての君主論】第1話:君主論ってなに?曹操とkawausoが解説するよ
  3. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌
  4. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  5. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】
  7. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  8. 【真田丸特集】司馬懿と秀吉、大返しで天下を手繰り寄せる!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP