編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情

この記事の所要時間: 447




 

巫女というと、神社にいる白衣に赤い袴という巫女装束を着た

綺麗な女性やかわいらしい女の子をイメージします。

巫女は本来、巫女舞(神子舞)や祈祷、占い等を通して、

神託を受け、対象者に神のお告げを伝えることを生業とします。

これらは神の意志を人々に伝えるための行いであり、神の行いのお手伝いというところでしょうか。

現在では、それが派生し、神社で神事のお手伝いとして、御神籤を売ったり客寄せをしたりしています。

元の意味に立ち返って考えれば、占い等を通じて人々に”道”を指し示すようなことを行います。

ところが、こうしたことは現代では、人を騙す手段や詐欺の手口等に使われてしまう場合もあります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり




三国志における巫女

 

三国時代でも、巫女はいました。当時の人々は現代よりも信心深く、

巫女の行いは神の思召しと信じていました。

さて、この思召しはどのように三国時代を生きた者達の運命を変えたのでしょうか。

今回は、三国志における巫女の行った偉業(?)を御紹介します。




李傕の巫女

 

董卓(とうたく)は献帝を帝位につけることで、朝廷を支配していました。

ところが、呂布(りょふ)に裏切られ菫卓(とうたく)は殺されてしまいました。

その後、部下であった李傕(りかく)と郭汜(かくし)が呂布(りょふ)を追い出すと、

朝廷内で好き放題やっていました。

さて、この李傕(りかく)は非常に信心深く、いつも邪道妖術の類を好んでいました。

ようするに占い好きな乙女のような感じでした。

陣中にはいつも巫女を置いていました。

そして、太鼓を打ち鳴らし、巫女に神降しの儀式を行わせておりました。

 

 

彼の部下に賈詡(かく)という者がおり、これをいつも諫めていましたが、聞く耳を持ちませんでした。

こうして、李傕(りかく)は朝廷で横暴と占いの限りを尽くしていました。

別に占いするのは構いませんが、横暴は勘弁してほしいですね。

 

占い結果が反乱を生む!

 

賈詡(かく)は李傕(りかく)の部下でしたが、帝への忠義を忘れていませんでした。

賈詡(かく)「陛下、李傕(りかく)を重要な官職につけてください。

それだけで、李傕(りかく)軍は瓦解します。」

帝は訳が分かりませんでしたが、李傕(りかく)を大司馬に任じました。

李傕(りかく)「これこそ巫女が神降しして祈祷してくれたたまものだ!」

李傕(りかく)は大いに喜び、巫女に恩賞を与えます。

ところが、生死を賭して戦った部下には何一つ与えませんでした。

楊奉(ようほう)「我々は命を張ったのに、

何の音沙汰も無いとは…、我々の命は巫女の祈りにも劣るというのか!」

こうして、楊奉(ようほう)が反旗を翻しました。

巫女の祈りで幸運を呼び込むはずが、逆に争いを生んでしまったようです。

 

関連記事:李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政権運営者

関連記事:賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?

 

李楽と韓暹の巫女

 

李楽(りがく)と韓暹(かんせん)の巫女が登場したのも

丁度李傕(りかく)の巫女が現われたのと同時期でした。

反旗を翻した楊奉(ようほう)は、李傕(りかく)と郭汜(かくし)から帝を救い出すことに成功しました。

この時、楊奉(ようほう)達は、李楽(りがく)、韓暹(かんせん)、

胡才(こさい)の三将軍を呼び寄せました。

援軍として呼ばれた彼らでしたが、李傕(りかく)と郭汜(かくし)らによって打ちのめされ、

胡才(こさい)は乱戦で死亡してしまいました。

一行は追撃されないように河を渡り、何とか逃げ延びましたが、

泊まる宿も無く、帝と皇后は芋ぶきの荒ら屋を寝床としました。

 

巫女を利用して権力を!

 

さて、李楽(りがく)と韓暹(かんせん)はいずれもならず者のヤクザといった類の者でした。

彼らは、巫女達を初めとして無頼の徒、奴僕、

下人等二百余名を重役として取り立ててもらう様に推挙したのです。

国家の大事が迫り、時間の無い中で帝が重臣と今後の策を練るという状況で、

私利私欲のために自分の手の者に権威を持たせようというのでした。

帝「空気読めよ・・・。」

多人数ということもあり、印を刻むのも間に合わないので、錐で木片に印を刻むといった状況でした。

 

 

結局、李楽(りがく)と韓暹(かんせん)も李傕(りかく)や郭汜(かくし)と何も変わりませんでした。

今回、巫女達は悪くありませんが、「巫女」という存在そのものが悪事に利用されています。

 

言わずと知れた劉禅の巫女

 

三国志の終盤、劉備(りゅうび)や諸葛亮(しょかつりょう)、

関羽(かんう)を筆頭とした五虎大将軍も倒れ、

蜀が徐々に魏に押され始めます。諸葛亮(しょかつりょう)の後継者として

姜維(きょうい)が北伐を繰り返す中、魏の侵攻が始まります。

姜維(きょうい)は急いで劉禅(りゅうぜん)に「蜀を守る術」をしたため上奏文を奉りました。

しかし、劉禅(りゅうぜん)の側近である黄皓(こうこう)は劉禅(りゅうぜん)に言います。

黄皓(こうこう)「これは姜維(きょうい)が功名を挙げようとしたものです。

大袈裟に言っているだけでしょう。

それでも気になるならば、私が評判の良い巫女を知っていますので占ってもらってはどうでしょう。」

なぜか占いを勧める黄皓(こうこう)でした。

 

蜀の命運は・・・

 

劉禅(りゅうぜん)は、祭壇を整えさせると巫女を迎え入れ、玉座に座らせました。

劉禅(りゅうぜん)が祈り終わると、巫女が不意に立ちあがって髪を振り乱しながら、

裸足でそこら中を跳ね回り、祭壇の周りを回り始めます。

劉禅(りゅうぜん)「これはいったいどうしたことじゃ。」

黄皓(こうこう)「神降しの儀によって、神が乗り移ったのです。陛下、お人払いを。」

劉禅(りゅうぜん)は近侍の者達を退らせ、祈念しました。すると、

巫女「我こそは西川の守り神なり。陛下はただ泰平を楽しんでおれば良い。

数年後には魏の国も陛下の手に帰するであろう。何も憂うることはない」

と叫ぶとそのままばったりと倒れてしまいました。劉禅(りゅうぜん)はこれを聞いて喜び、

巫女にたっぷりと褒美を与えると、言いつけどおり、毎日宮中で酒宴に耽った。

姜維(きょうい)が立て続けに急を告げる上奏分を奉ったが、

いずれも黄皓(こうこう)が隠してしまいました。

 

占いの結果・・・

 

江油城を守る将、馬邈(ばばく)は、漢中が奪われたと聞き、

備えを固めたが街道筋に兵を出したのみで、剣閣を守る姜維軍を頼みにして用心を怠っていました。

ある日のことでした。その日も、

馬邈(ばばく)は軍勢の調練を終えるとすぐに家に戻り、酒を飲んでいた。

そこへ「魏軍大将鄧艾(とうがい)が二千の兵を率いて城内に攻めてきました」

との報告を受け、慌てて役所の庭先に平伏して降参しました。あっという間の降伏劇でした。

成都ではその報告を受けた劉禅(りゅうぜん)は黄皓(こうこう)に相談します。

黄皓(こうこう)「そんなものはただの流言でしょう、また巫女を呼んで尋ねてみましょう。」

しかし、巫女とは連絡が取れず、彼女はどこかへ消え失せていました。

諸方から危急を告げる上奏文が絶え間なく届けられます。

最終的に、成都に到着した魏軍のために蜀は降伏しました。

その頃、巫女はたっぷり貰った報酬で、贅沢三昧していると考えられます。

 

関連記事:もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた?

関連記事:姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?

 

三国志ライターFMの独り言

 

劉禅(りゅうぜん)は恐らく「だまされた」ことぐらいは気づいている・・・かもしれません。

対する李傕(りかく)は、幸運を呼び込むはずの巫女のせいで失態を演じた上に、

そのことにすら気づいていません。

いずれにしても、彼らは三国志時代に巫女に扮した唯の詐欺師に騙されてしまった事例として、

有名なものです。巫女が皆そうであったとはいえませんが、

一部にそうした詐欺まがいをする者はいたと考えられます。

ただ単に詐欺に合った程度では無く、それらが歴史を変えているという大きな詐欺でもあります。

劉禅(りゅうぜん)は結果的に蜀を守れなかったと思いますが、蜀の寿命を縮めました。

李傕(りかく)は巫女のために、部下の反乱を招き、結果帝に逃げられてしまいました。

李傕(りかく)はそのうち誰かに討たれていたと思われますが、いずれにしてもその寿命を縮めました。

くれぐれも皆さまも詐欺には気をつけましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまる…
  2. はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選
  3. 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が…
  4. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  5. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  6. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  7. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  8. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  2. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは?
  3. 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?
  4. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ!
  5. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?
  6. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 劉備と劉邦 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した! 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの? キングダム 519話 ネタバレ予想:強力な山の民の戦闘力

おすすめ記事

  1. 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人
  2. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は?
  3. 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官
  4. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【9/4〜9/10】
  6. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者
  7. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1
  8. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP