衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

戦う忍者

 

黒装束を身にまとい、背中には忍刀、闇にまぎれて姿を隠し、密命を果たす。時代劇でお馴染みの忍者は、日本だけではなく世界中でその人気を誇り、「ニンジャ・タートルズ」から「ニンジャスレイヤー」に至る数々のフィクションでも活躍しています。

 

ところで忍者には中国が発祥の地であるという説、ご存知ですか?

HMRは今回、この謎に迫ってみました。

 

関連記事:新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)


そもそも、忍者って、なに?

東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん

忍者とは、日本の歴史において諜報活動や暗殺、破壊活動などを生業とした個人や集団のことです。言い換えるとスパイですね。その活動は古くは鎌倉時代に始まり、明治維新後、諜報等を公式に行う警察や軍といった組織が編成されたことでその役割を失うまで続いたとされています。忍者の特徴のひとつとして、特定の主君を持たない傭兵的集団であったことが上げられます。伊賀衆や甲賀衆といった集団が有名ですよね。

 

忍者が使う技=忍術というと、「変移抜刀霞斬り」とか「微塵がくれ」と言った派手な必殺技、という印象がありますが、『萬川集海』という兵法書によると、忍術は「隠忍」と「陽忍」の二種類に大別されるようです。隠忍とは、姿を隠して任務を遂行する者を指します。一般に忍者とイメージと言えば、この「隠忍」に当たります。対して「陽忍」は姿を表に現しながら諜報や破壊活動の任務を果たす者を指す言葉で、よりスパイのイメージに近い存在と言えるでしょう。


忍者=スパイは人類史上二番目に古い職業だった?

スキッパーキ(はてな)

 

ところで、スパイは「人類史上、二番目に古い専門職」であるという話、ご存知でしょうか?

 

その真偽はさておき、スパイ活動というものがかなり古い時代から行われていたことには間違いありません。その論拠として上げることのできる資料のひとつに、『孫子 用間篇』があります。そう、あの兵法書『孫子』の一篇です。

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】


孫子に記述された、5種類の「忍者(スパイ)」

 

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」の名言でも知られる通り、孫子の作者である孫武は、戦争において敵の内情を知ることを非常に重要視していました。だから、孫武が自身の記した兵法書において、その一篇をスパイに関する説明に費やすことは不思議ではありません。

 

孫武は間諜(スパイ)の用い方を5種類に分けて説明しています。

 

1.郷間:敵国の庶民の間に入り込み、噂話などから敵国の内情を探るスパイ

2.内間:敵国の役人に近づき、諜報活動を行うスパイ

3.反間:自国に入り込んだ敵のスパイから情報を盗むスパイ

4.死間:ウソの作戦計画をわざと敵に知らせて敵を欺くスパイ

5.生間:何度も敵地に潜入しスニーキングミッションをこなすスパイ

 

孫武は情報戦の重要性を熟知していました。彼が孫子の一篇をスパイの説明だけに費やしたのも理解できます。

 

関連記事:【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?


  

死間は命がけで任務を遂行する忍者だった?

 

孫武の記した五種類のスパイの中でも、特に危険性が高いと言えるのが『死間』です。敵にいつわりの情報を信じさせ、誤った作戦行動を取らせようという死間の任務上、その任を帯びた者は敵にその正体を晒す必要があります。誰なのかも分からない相手の言葉など、それこそ誰にも相手されないだけで終わってしまいます。

 

もちろん、その人物から得た情報が偽りだと分かれば、情報をもたらした人物はただでは済まないでしょう。まず、死刑です。死を覚悟しなければならないスパイ(間諜)……まさに『死間』です。

 

さらにもうひとつの問題として、敵に囚われた死間から、偽りではなく正しい味方の情報が敵に漏れる恐れもあります。このため、死間の任務にあたる者には、しばしば自分が敵に伝える情報がウソであることを教えなかったと言います。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>
  • コメント: 0

関連記事

  1. 董卓
  2. 霊帝
  3. 雷怖くない 能ある劉備
  4. 曹操と黄巾賊
  5. リトルグレイ(宇宙人)と遭遇して興奮する曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP