広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)

この記事の所要時間: 445




 

黒装束を身にまとい、背中には忍刀、闇にまぎれて姿を隠し、密命を果たす。

時代劇でお馴染みの忍者は、日本だけではなく世界中でその人気を誇り、

「ニンジャ・タートルズ」から「ニンジャスレイヤー」に至る

数々のフィクションでも活躍しています。

 

 

ところで忍者には中国が発祥の地であるという説、ご存知ですか?

HMRは今回、この謎に迫ってみました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)




そもそも、忍者って、なに?

 

忍者とは、日本の歴史において諜報活動や暗殺、破壊活動などを

生業とした個人や集団のことです。言い換えるとスパイですね。

 

その活動は古くは鎌倉時代に始まり、明治維新後、諜報等を

公式に行う警察や軍といった組織が編成されたことでその役割を失うまで

続いたとされています。

 

忍者の特徴のひとつとして、特定の主君を持たない傭兵的集団で

あったことが上げられます。伊賀衆や甲賀衆といった集団が

有名ですよね。

 

忍者が使う技=忍術というと、「変移抜刀霞斬り」とか「微塵がくれ」と

言った派手な必殺技、という印象がありますが、『萬川集海』という

兵法書によると、忍術は「隠忍」と「陽忍」の二種類に大別されるようです。

 

隠忍とは、姿を隠して任務を遂行する者を指します。

一般に忍者とイメージと言えば、この「隠忍」に当たります。

 

対して「陽忍」は姿を表に現しながら諜報や破壊活動の任務を果たす

者を指す言葉で、よりスパイのイメージに近い存在と言えるでしょう。




忍者=スパイは人類史上二番目に古い職業だった?

 

ところで、スパイは「人類史上、二番目に古い専門職」

であるという話、ご存知でしょうか?

 

その真偽はさておき、スパイ活動というものがかなり古い時代から

行われていたことには間違いありません。

その論拠として上げることのできる資料のひとつに、

『孫子 用間篇』があります。

そう、あの兵法書『孫子』の一篇です。

 

関連記事:【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

関連記事:海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】

 

孫子に記述された、5種類の「忍者(スパイ)」

 

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」の名言でも知られる通り、

孫子の作者である孫武は、戦争において敵の内情を知ることを

非常に重要視していました。

 

だから、孫武が自身の記した兵法書において、

その一篇をスパイに関する説明に費やすことは不思議ではありません。

 

孫武は間諜(スパイ)の用い方を5種類に分けて説明しています。

 

1.郷間:敵国の庶民の間に入り込み、噂話などから敵国の内情を探るスパイ

 

2.内間:敵国の役人に近づき、諜報活動を行うスパイ

 

3.反間:自国に入り込んだ敵のスパイから情報を盗むスパイ

 

4.死間:ウソの作戦計画をわざと敵に知らせて敵を欺くスパイ

 

5.生間:何度も敵地に潜入しスニーキングミッションをこなすスパイ

 

孫武は情報戦の重要性を熟知していました。

彼が孫子の一篇をスパイの説明だけに費やしたのも理解できます。

 

関連記事:【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

 

死間は命がけで任務を遂行する忍者だった?

 

孫武の記した五種類のスパイの中でも、特に危険性が高いと

言えるのが『死間』です。

 

敵にいつわりの情報を信じさせ、誤った作戦行動を取らせようという

死間の任務上、その任を帯びた者は敵にその正体を晒す必要が

あります。誰なのかも分からない相手の言葉など、それこそ

誰にも相手されないだけで終わってしまいます。

 

もちろん、その人物から得た情報が偽りだと分かれば、

情報をもたらした人物はただでは済まないでしょう。まず、死刑です。

死を覚悟しなければならないスパイ(間諜)……まさに『死間』です。

 

さらにもうひとつの問題として、

敵に囚われた死間から、偽りではなく正しい味方の情報が敵に漏れる

恐れもあります。このため、死間の任務にあたる者には、

しばしば自分が敵に伝える情報がウソであることを教えなかったと言います。

 

三国志演義に見られる『死間』の例とは?

 

『三国志演義』に描かれた有名な“苦肉の策”のエピソードは、

死間の代表的な例のひとつとしてしられています。

 

自軍の三倍からなる曹操(そうそう)の艦隊に手をこまねく周瑜(しゅうゆ)

そんな周瑜の態度を配下の黄蓋(こうがい)は罵倒します。

周瑜は怒り、諸将や兵たちの眼前で黄蓋を棒叩きの刑とし、

彼に重傷を負わせました。

 

周瑜に手傷を負わされ、衆目の眼前で辱めを受けた黄蓋は

曹操に投降を申し出ます。

一連の出来事を呉軍内に送り込んであったスパイから

聞き及んでいた曹操は、黄蓋の投降を受け入れます。

 

 

しかし、黄蓋の投降は、実は偽りでした。

まんまと魏軍の中に入り込むことに成功した黄蓋は、

敵艦隊に火を放ち、焼き討ちにすることに成功するのです。

 

敵を欺くために自らを傷つけてみせることから『苦肉の策』の

語源とも知られる話ですが、もし計略ばバレてしまえば

黄蓋は曹操に囚われ、処刑されていた可能性もあるわけです。

まさにこれは『死間』の一例といえるでしょう。

 

関連記事:三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

 

結局、忍者中国起源説は本当なのか?

 

日本の忍者の発祥については、聖徳太子が「志能備(しのび)」と呼ぶ

スパイを用いていた、という伝承が残されていますが、

確たる根拠はありません。

忍者の存在が確実視されるのは、源平時代以降のこととなります。

 

一方、忍者の起源ではないかとされる『孫子』が日本に伝来したのは

奈良時代のこと、『続日本紀』には、当時太宰府にいた吉備真備の元に

『孫子』の兵法を学ぶために下級武官が派遣された記録が残っています。

 

吉備真備には、遣唐使として唐に派遣された経験があり、

この時『礼記』や『漢書』などと共に孫子などの兵家の思想を

学んだのではないかと考えられています。

 

時系列的には源平時代以前に、『孫子』は日本に伝来していたことに

なりますので、『孫子』が忍者の誕生に影響を与えた可能性は

確かに考えられるとは言えるでしょう。しかし……。

 

忍者はやはり日本オリジナルのスパイだった?

 

『孫子 用間篇』の記述には、私達が一般的に忍者として

イメージする『隠忍』や、その元となるようなスパイ活動の

方法に関する記述は見られません。

 

前記した5種類の間諜はむしろ忍者における『陽忍』に

近いと言えるでしょう。

“黒装束に身を包み忍術を駆使する”忍者は、

やはり日本オリジナルのスパイであると考えられます。

 

孫子の例に及ばず、戦争におけるスパイの重要性は

洋の東西を問わず、古くから認識されていたことは間違いありません。

かの有名な『トロイの木馬』も、敵地に潜入して内部から

破壊工作を行うという意味では、スパイの一例といえるでしょう。

 

むしろ、スパイとは戦争が必然的に生み出したものというべき

かもしれませんね。

 

三国志ライター 石川克世の独り言

 

ちなみに、「人類史上、最も古い専門職」については、

諸般の事情でここでは割愛させて戴きます。

 

興味のある方はネット検索してみてください。

ただし、18歳未満の方はお控え願います。

お父さんやお母さんに聞いてもいけませんよ?

 

それでは、次回もまたお付き合いください。 再見!!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)

関連記事:いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?
  2. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…
  3. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  4. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  5. 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎…
  6. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介
  7. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執…
  8. 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯
  2. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  3. 三國志戦記とはどんなアプリゲーム?
  4. 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう
  5. 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者
  6. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの? 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)

おすすめ記事

  1. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10/30】
  3. まだ漢王朝で消耗してるの?第3話:赤壁の敗戦と新国家の骨格 曹操
  4. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備
  5. 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう!
  6. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  7. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  8. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP