よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動

この記事の所要時間: 247




 

晋の皇帝・司馬炎(しばえん)

彼は春秋公羊伝(しゅんじゅうくようでん)にある「長幼の順序が第一で、

ポンコツだろうが優秀だろうが関係ない」としている点を根拠として、

自らの後継者を司馬衷(しばちゅう)にしようと考えておりました。

しかし司馬衷はポンコツでした。

このポンコツ司馬衷が晋の皇帝に立つことを危惧した名士出身の杜預(どよ)は、

司馬炎の弟で優秀な司馬攸(しばゆう)司馬炎の後継者にするべきであると考えておりました。

また司馬攸の舅である賈充(かじゅう)司馬攸司馬炎の後継者にして、

次世代の皇帝の下で権力を握ろうと考えておりました。

混沌する後継者問題は司馬炎VS賈充VS杜預らの貴族や名士達の対立構造となるのです。

そして後継者問題は孫呉討伐にまで影響を与えることになり、

この孫呉討伐戦の総司令官を誰にするかによって、

後継者問題が大きく左右することになるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題




杜預が考える孫呉討伐戦の総大将

 

羊祜(ようこ)の跡を継いで荊州に赴任していた杜預は、

軍備を整えて孫呉討伐戦をいつでも始められるように準備をしておりました。

孫呉は羊祜と同じ時期に名将・陸抗(りくこう)が亡くなったことで、

孫呉の荊州方面の守備力低下を招いてしまいます。

杜預は陸抗が亡くなったことと孫呉討伐を行う際の準備が完了したことで、

機が熟したと考え孫呉討伐戦を行うように司馬炎に進言。

杜預は司馬炎に孫呉討伐を行う際の総司令官として、

司馬炎の弟である司馬攸にするよう述べております。




賈充は孫呉討伐戦に大反対

 

賈充は杜預から進言されてきた孫呉討伐戦に反対しておりました。

その原因は杜預が司馬攸を総司令官にして、王濬(おうしゅうん)や杜預が孫呉討伐を行った後、

司馬攸を司馬炎の後継者とするべく動いていることを知っていたためでした。

そこで彼は司馬攸を総司令官として任命された後、

杜預ではなく自らが孫呉討伐戦の実働部隊として派遣して活躍したいと考えておりました。

そこで彼は司馬攸のママが亡くなった事を知ると司馬攸に

「ママの喪を発し三年の間は服すべきです。」とアドバイス。

このアドバイスを聞いた司馬攸はママの喪に服することになります。

そして賈充はこの間に自らが孫呉の討伐部隊を率いるために、

杜預達を追い落とそうと画策し始めますが彼の計画は思わぬ方向へ行ってしまうのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

杜預と賈充の目論見を知っていた司馬炎の決断

 

司馬炎は杜預の孫呉討伐戦の進言と司馬攸を孫呉討伐戦の総大将へ着任させるべしとの

進言を聞いて彼の目論見を知ります。

また賈充が孫呉討伐戦に反対している理由も

司馬攸を総大将に据えて自らが孫呉討伐軍の実戦部隊を率いて勝つことで司馬攸が皇帝になった時に、

晋の政権内で強力な権力を握ろうと考えていることを見抜きます。

そこで彼はまず賈充の目論見を崩すために杜預の進言を許可。

そして孫呉討伐戦の総大将に賈充を据えることに決めます。

しかし賈充は孫呉討伐戦の総大将になりたくないと何度も辞退しようとします。

だが司馬炎は「君が孫呉の総司令官にならないなら俺が自ら行く」と圧力をかけ、

司馬攸の総司令官就任はありえないぞと言外に示したことで、

賈充は仕方なく総司令官の地位に就くことにします。

 

 

こうして賈充と杜預の目論見は崩れてしまうことになります。

そして司馬炎は自らの後継者に司馬衷(しばちゅう)を皇太子とすることに決めます。

三国志ライター黒田レンの独り言

 

晋の皇太子はこうしてポンコツ司馬衷に決定することになります。

そのため司馬炎死後、晋の国家は大いに政治が乱れていき衰退することになります。

もし司馬炎が皇帝をこのポンコツではなくて、

司馬攸を後継者にしていれば晋はあんな簡単に滅びを迎えることはなかったように思えます。

袁紹劉表孫権など三国志の英雄たちも後継者問題で失敗しており、

後継者問題は中々上手くいかないようにできているのかもしれません、。

 

参考文献 SB新書 三国志のその後の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12…
  3. 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」…
  4. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  5. 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」
  6. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  7. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけ…
  8. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 六朝時代と魏晋南北朝時代って同じ?それとも違う?
  2. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる
  3. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える
  4. 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説
  5. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  6. はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しました!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑 ブラウザ三国志|マーベラスにおとぼけが突撃じゃ! 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立事情 なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの? 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲 孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】

おすすめ記事

  1. これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!
  2. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!
  3. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?
  4. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  5. 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪
  6. 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード
  7. 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった?
  8. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP