編集長日記
李傕祭り




はじめての三国志

menu

はじめての変

能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動

この記事の所要時間: 247




 

晋の皇帝・司馬炎(しばえん)

彼は春秋公羊伝(しゅんじゅうくようでん)にある「長幼の順序が第一で、

ポンコツだろうが優秀だろうが関係ない」としている点を根拠として、

自らの後継者を司馬衷(しばちゅう)にしようと考えておりました。

しかし司馬衷はポンコツでした。

このポンコツ司馬衷が晋の皇帝に立つことを危惧した名士出身の杜預(どよ)は、

司馬炎の弟で優秀な司馬攸(しばゆう)を司馬炎の後継者にするべきであると考えておりました。

また司馬攸の舅である賈充(かじゅう)も司馬攸を司馬炎の後継者にして、

次世代の皇帝の下で権力を握ろうと考えておりました。

混沌する後継者問題は司馬炎VS賈充VS杜預らの貴族や名士達の対立構造となるのです。

そして後継者問題は孫呉討伐にまで影響を与えることになり、

この孫呉討伐戦の総司令官を誰にするかによって、

後継者問題が大きく左右することになるのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題




杜預が考える孫呉討伐戦の総大将

 

羊祜(ようこ)の跡を継いで荊州に赴任していた杜預は、

軍備を整えて孫呉討伐戦をいつでも始められるように準備をしておりました。

孫呉は羊祜と同じ時期に名将・陸抗(りくこう)が亡くなったことで、

孫呉の荊州方面の守備力低下を招いてしまいます。

杜預は陸抗が亡くなったことと孫呉討伐を行う際の準備が完了したことで、

機が熟したと考え孫呉討伐戦を行うように司馬炎に進言。

杜預は司馬炎に孫呉討伐を行う際の総司令官として、

司馬炎の弟である司馬攸にするよう述べております。




賈充は孫呉討伐戦に大反対

 

賈充は杜預から進言されてきた孫呉討伐戦に反対しておりました。

その原因は杜預が司馬攸を総司令官にして、王濬(おうしゅうん)や杜預が孫呉討伐を行った後、

司馬攸を司馬炎の後継者とするべく動いていることを知っていたためでした。

そこで彼は司馬攸を総司令官として任命された後、

杜預ではなく自らが孫呉討伐戦の実働部隊として派遣して活躍したいと考えておりました。

そこで彼は司馬攸のママが亡くなった事を知ると司馬攸に

「ママの喪を発し三年の間は服すべきです。」とアドバイス。

このアドバイスを聞いた司馬攸はママの喪に服することになります。

そして賈充はこの間に自らが孫呉の討伐部隊を率いるために、

杜預達を追い落とそうと画策し始めますが彼の計画は思わぬ方向へ行ってしまうのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

杜預と賈充の目論見を知っていた司馬炎の決断

 

司馬炎は杜預の孫呉討伐戦の進言と司馬攸を孫呉討伐戦の総大将へ着任させるべしとの

進言を聞いて彼の目論見を知ります。

また賈充が孫呉討伐戦に反対している理由も

司馬攸を総大将に据えて自らが孫呉討伐軍の実戦部隊を率いて勝つことで司馬攸が皇帝になった時に、

晋の政権内で強力な権力を握ろうと考えていることを見抜きます。

そこで彼はまず賈充の目論見を崩すために杜預の進言を許可。

そして孫呉討伐戦の総大将に賈充を据えることに決めます。

しかし賈充は孫呉討伐戦の総大将になりたくないと何度も辞退しようとします。

だが司馬炎は「君が孫呉の総司令官にならないなら俺が自ら行く」と圧力をかけ、

司馬攸の総司令官就任はありえないぞと言外に示したことで、

賈充は仕方なく総司令官の地位に就くことにします。

 

 

こうして賈充と杜預の目論見は崩れてしまうことになります。

そして司馬炎は自らの後継者に司馬衷(しばちゅう)を皇太子とすることに決めます。

三国志ライター黒田レンの独り言

 

晋の皇太子はこうしてポンコツ司馬衷に決定することになります。

そのため司馬炎死後、晋の国家は大いに政治が乱れていき衰退することになります。

もし司馬炎が皇帝をこのポンコツではなくて、

司馬攸を後継者にしていれば晋はあんな簡単に滅びを迎えることはなかったように思えます。

袁紹・劉表・孫権など三国志の英雄たちも後継者問題で失敗しており、

後継者問題は中々上手くいかないようにできているのかもしれません、。

 

参考文献 SB新書 三国志のその後の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 楊阜(ようふ)はどんな人?馬超へ復讐することを誓った魏の報復者
  2. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可…
  3. 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほん…
  4. 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み…
  5. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  6. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  7. もし曹操が献帝を保護できなかったら三国志はどうなったの?
  8. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/30〜11/5】
  2. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  3. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす
  4. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  5. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  6. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言 主人公になるべく登場した男、劉備玄徳 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は? 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた? キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人? 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた

おすすめ記事

  1. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  2. 馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】
  3. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  4. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者
  5. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/16】
  7. 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能
  8. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP