ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

はじめての変

董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?

董卓


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・もしもボックス」のコーナーです。

 

 

三国志好きの中で、「董卓ファン」という方は珍しいのですが、

他の群雄を出し抜いて朝廷を牛耳ったその手腕は評価すべきものです。

特に出し抜かれたのは袁紹袁術曹操らですから見事なものですね。

運も味方したのだと思いますが、もし、この董卓が少帝らを保護できず、

洛陽を占拠できなかったとしたら時代はどう動いたのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫策が生きていたら三国志はどうなったの?


董卓の兵力

 

大将軍の何進は、宦官勢力に軍事力で圧力をかけるべく地方の群雄に呼び寄せます。

京師に向かう董卓の軍勢がどれほどだったのか、記録によると3,000ほどの兵力だったそうです。

精鋭が揃っていたのかもしれませんが、脅威となるほどの軍勢ではありません。

董卓のアドバンテージは、弟の董旻何進の部下であったことです。

おそらくここから朝廷の動きを把握していたのだと思われます。

何進宦官によって暗殺された後、董旻袁紹袁術らと宦官を皆殺しにしていきます。

その過程で何進の弟で宦官擁護派であった車騎将軍の何苗も討ちます。

董旻は何進と何苗の兵をまとめあげ、洛陽入りした兄の董卓に譲り渡すのです。

ここに至って董卓の兵力は大きなものになりました。

さらに呂布が董卓になびいて丁原を殺したことで兵力は増大します。

こうなると他の群雄には手が出せなくなる勢力となってしまいます。


新帝を他の誰かが保護していたら

 

もし少帝ならびに陳留王(献帝)を董卓以外の誰かが保護していたら、

董卓が朝廷を牛耳ることはできなかったことでしょう。

この場合、誰が少帝を保護していたのか、

可能性の高いのは、袁紹袁術盧植、袁隗、呉匤、さらに丁原、橋瑁、曹操でしょうか。

董旻が保護していたら、当然そのまま董卓のもとに連れて行ってしまうでしょう。

仮に盧植あたりであれば幼い少帝の補佐役として活躍したはずです。

董卓は諦めて僻地へ帰還するのではないでしょうか。

こうなると反董卓連合も結成されず、各地の群雄もおとなしくしていることになり、

勝手に勢力を拡大する動きもとれなくなります。

漢王朝は平穏にしばらく続くことになったかもしれませんね。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記


袁紹VS袁術の争いもなくなる

 

さらに注目すべきは袁紹と袁術が他勢力を巻き込んで争いあうこともなくなるということです。

なぜなら袁家の家督は袁逢の嫡子である袁基が継いでいるからです。

袁基は董卓によって叔父の袁隗とともに三族皆殺しにあいます。

それによって袁家の家督は宙に浮くことになりますが、それが起きないので、

袁紹と袁術が内心で憎み合うことはあっても衝突することはなくなります。

騒乱の種がなくなったことになりますね。

袁紹が冀州の牧となることもなく、袁術が荊州北部の南陽で勢力拡大することもないのです。

二人はおとなしく洛陽の都にいて将軍となっていたことでしょう。

そうなると、曹操劉備孫堅が成り上がるチャンスもまたなくなります。


  

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

董卓が朝廷を牛耳らなくても、宦官は一掃されており、外戚もまた一掃されているため、

少帝のもと健全な政治が行われそうですね

(問題は生き残っている少帝の母親である何皇后ですが)。

宦官勢力にコネのあった曹操としては出世の足掛かりもなくなっていますが、

治世の能臣として活躍していたかもしれません。

または袁紹と袁術をたきつけてさらなる騒乱を引き起こすのか・・・

どちらにせよ「三国志」のようにはいかなかったのではないでしょうか。

董卓が朝廷を牛耳っていなければ、

後世の人々からまったく見向きもされなかった時代になっていたのかもしれませんね。

 

皆さんはどう考えますか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけ…
  2. はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏
  3. 孫策の人生に一辺の悔い無し 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  4. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  5. 曹操は褒め上手 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  6. 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!?…
  7. 空箱を受け取る荀彧 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  8. 三国志大学を目指す曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

本多忠勝 本多忠勝の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある良玄寺と浄土寺へのアクセス方法 kawauso キングダム最新620話ネタバレ「武神の咆哮」レビュー考察 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる! 二刀流の劉備 夷陵の戦いに至るまでの経緯は?夷陵の戦いまでの蜀の動きと経緯 頭痛に悩ます曹操 はじさんが曹操を丸裸に!素顔は?身長は?曹操を徹底追及! 荀彧(はじめての三国志) 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ? 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選 はじめてのプロ野球 はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP