袁術祭り
北伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話

この記事の所要時間: 328




 

徐璆 孟玉(じょきゅう もうぎょく)は、後漢末の時代を生きた人物です。

彼の生き方は、清廉潔白にして他者の手本となるような

模範的な生き方をしていたことが言い伝えられています。

後漢末では、意地汚い宦官達による汚職政治が横行していました。

官職についた徐璆(じょきゅう)にも賄賂を黙認するように命令が入ります。

しかし、彼はこれを拒み、次々罪を告発していきました。

悪魔の囁きにもNOと言える人物でした。

そんな彼も、乱世の真っただ中、

皇帝を自称する袁術(えんじゅつ)に見込まれ、ヘッドハンティングされます。

漢の皇帝である献帝(けんてい)を裏切り、

新時代の(自称)皇帝・袁術(えんじゅつ)に仕えるように迫られます。

今回は、徐璆(じょきゅう)と彼を自身の配下としようとする

袁術(えんじゅつ)の掛け合いについてご紹介致します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操




後漢末における乱世

 

霊帝(れいてい)の死後、董卓(とうたく)は献帝(けんてい)を丸め込み権力を得ますが、

その後配下である呂布(りょふ)の裏切りにあって滅び、乱世が加速します。

この時、献帝(けんてい)を保護した曹操(そうそう)と、

次代の皇帝を自称する袁術(えんじゅつ)の二大勢力が並び立ちます。

袁紹(えんしょう)とか孫策(そんさく)とか劉備(りゅうび)とかもいますが、

ともかく二つの勢力が並び立ちました。

この間、都が長安から許昌に変わるというイベントも起こります。




袁術に捕まる徐璆

 

徐璆(じょきゅう)は、許昌に向かっている時のことでした。

突然、袁術軍が現われ、徐璆(じょきゅう)は捕えられてしまいます。

彼を捕えた袁術(えんじゅつ)が言います。

袁術(えんじゅつ)「今の世は乱れに乱れ、漢は終わりを迎えようとしている。

漢の皇帝はもはや廃位したも同然だ。余は帝位に就くつもりだ。

お前が余に仕えるならば、献帝(けんてい)の下で働くよりも高い地位につけてやるぞ。

給料アップでウハウハだぞ。」

袁術(えんじゅつ)は徐璆(じょきゅう)を召抱えようとしていたのでした。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

袁術の演説

 

袁術(えんじゅつ)「余が次の王朝を『仲』を築き帝位に就く、これは天命である。」

ここから、袁術(えんじゅつ)のトンデモ理論が発せられます。

袁術(えんじゅつ)「まず、我が袁家は陳の舜帝(しゅんてい)の末裔だ。

乱世の世に号令する義務がある。

次に、舜帝(しゅんてい)は土徳を以って天下を治めたが、五行の巡り会わせで考えれば、

木火土金水のうち現在の『漢』は『火』にあたり、

その次は『土』の徳を持つ余が引き継がねばならぬ。

最後に予言の書によれば”漢に代わるものは、当塗高である”とあり、

これは『塗(みち)にあたりて、高く聳えるもの』の意味を持つ。

余の名である”術”と字の”公路”(こうろ)はいずれも”みち”を意味している。

これは、漢に代わる王朝を余が築くべきとの天命じゃ。」

なにやら、随所にもっともらしい事を述べていますがようするにただの逆賊ですね。

これに対して、

徐璆(じょきゅう)「龔勝(きょうしょう)と鮑宣(ほうせん)はどのような人物であったでしょう。

死んでもあなたには従いません。」

と返します。この一言で袁術(えんじゅつ)は、沈黙してしまいます。

 

徐璆の返答の意図とは・・・

 

徐璆(じょきゅう)の返答は、如何なる意味だったのでしょうか。

龔勝(きょうしょう)と鮑宣(ほうせん)は、前漢時代を生きた人物です。

その時代、王莽(おうもう)の帝位簒奪によって、前漢王朝は滅んでしまいました。

王莽(おうもう)は、各地にいる豪族や朝廷内の臣の中で自分に服従しない者は皆殺すと脅すことで、

衰退した前漢を乗っ取りました。

ところがこの龔勝(きょうしょう)は屈せず、主の鞍替えを良しとしないで断食して死んでしまいました。

鮑宣(ほうせん)も同時期に、従わなかった達とともに獄に入れられました。

鮑宣(ほうせん)は獄中で自殺してしまいました。

龔勝(きょうしょう)と鮑宣(ほうせん)は、いずれも王朝の終わりにあって、

主を変えることを良しとせず、死を選びました。徐璆(じょきゅう)の返答は、

『例え袁術(えんじゅつ)が正しく、漢が滅ぶとしても漢とともに死を選ぶ』

ことを意味していました。

徐璆(じょきゅう)の返答に袁術(えんじゅつ)は勧誘を断念しました。

 

三国志ライターFMの独り言

 

おそらく、袁術(えんじゅつ)は勧誘を断られて、ようやく

『自身が無理なことを押し通そうとしている』

ことに気が付いたのでしょう。

私が思うに、袁術(えんじゅつ)は徐璆(じょきゅう)のその清廉潔白な人柄とその統治能力を知り、

彼を自身の配下に欲しいと思ったのでしょう。

乱世にあって裏切りや不徳を嫌うそのような優れた人物ならば、

自身の配下にいても寝首を掻かれることは無く、また忠臣として主君の為に尽力するでしょう。

しかし、そのような人物が、現在の主君を裏切り、自身の配下になることなどありえません。

もしも待遇やら高碌やらで簡単に裏切ってしまうようであれば、

そのような人物は袁術(えんじゅつ)が求める人物でもないはずです。

 

参考文献

後漢書 第六冊 列伝三十八徐璆伝

漢書 王莽伝

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた理由ってなに?

関連記事:【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  2. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  3. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  4. 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?
  5. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  6. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重…
  7. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  8. 【長江三峡】劉備が逃げ込んだ白帝城によかミカンが突撃

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  2. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?
  3. 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め
  4. 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武将
  5. 【第5回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】総括します!愛着の湧く三国志ゲームでした
  6. 馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【歴史好き向け】歴史ロマンに浸れる神ゲーム5選 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった? 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯 え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実! このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ

おすすめ記事

  1. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  2. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点
  3. 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?
  4. 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革
  5. 【2018年】はじめての三国志 年頭の御挨拶
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】
  7. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?
  8. 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP