キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志式ライフハック

【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操

曹操に降伏する教祖・張魯




 

三国志のマルチ人間、曹操(そうそう)は、落ち着きのない性格であったと

曹瞞(そうまん)伝には書かれています。

彼は、軍人であり、詩人であり、政治家であり、グルメ評論家という、

複数の顔を持ち、精力的に活動しましたが、同時に自分が好きな事に打ちこむ為

自由な時間を創出できる才能にも長けていたのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』




曹操曰く ヒマは待っても来ない、造り出すものじゃ

 

私達は、ヒマというのは、オフの日であるという印象を持ちます。

つまり、何も予定が入っていない日をヒマだと考えているのですが、

もちろん、中華の3分の2を制した曹操にオフの日なんてありませんでした。

曹操にとって、ヒマは造り出すもので普段は多忙さに殺されてしまいそうな

過密スケジュールを毎日生きていたのです。

では、曹操はどうやって、ヒマを造り出していたのでしょうか?

 

 

曹操曰く 自分でやらなくていい事は他人に任せるのじゃ

 

曹操がヒマを産み出した方法は、自分でやらなくていい事は

極力他人に任せてしまうという方法でした。

 

例えば、曹操は司空府・丞相府において軍師、軍師祭酒による

参謀集団を構成して政策、戦略決定に関与させています。

特に中軍師、荀攸(じゅんゆう)は軍師集団の筆頭に任命されて、

「軍事・国政・人事・裁判・法制」を荀攸に決済させました。

この軍師祭酒には、荀彧(じゅんいく)郭嘉(かくか)もいて、

曹操に代わり軍事や国政、人事、裁判、法制を色々決定して報告したのです。




曹操曰く 朝廷の事も他人に任せるのじゃ

 

また、建安七子に数えられる陳琳(ちんりん)王粲(おうさん)、阮瑀(げんう)

徐幹(じょかん)のような名文家は曹操の秘書として機密を扱うようになります。

ただ、漢詩を詠んでいただけではなく、同時に曹操の秘書として、

国家機密をあれこれ処理する立場にいたのです。

 

曹操以外の群雄も、名士を引き込んでアドバイスなどをさせていますが、

どこまでも助言者で決定権は君主にあり、権限の線引きが曖昧でした。

しかし、曹操は完全に権限を与え、失敗したら厳罰に処す事で、

部下の参謀や秘書集団に自律的に仕事をさせているのです。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

曹操曰く 家庭の事は妻に任せるのじゃ

 

曹操には13人の妻と、25人の男子、7名の女子がいましたが、

そのような家庭の事は、卞(べん)夫人に一任して、取り仕切らせていました。

卞夫人は芸妓出身の苦労人で、人情に厚く慎ましい倹約家で、

嫉妬もせず、増え続ける曹操の妻と子供達の面倒を見て、

それらを一家として取り仕切っていたのです。

 

こうして、曹操は自分が処理すれば、体が幾つあっても足りない事を、

軍師・参謀集団、秘書官集団、正夫人に任せてしまい、

自分は重要な決定や、全体の経緯だけを見ていました。

これは、凄まじい時間の節約に繋がって行ったのです。

 

曹操の文化事業は生み出したヒマで達成された

 

こうして、造り出したヒマで、曹操は兵法書を幾つも書いています。

若い頃から、万巻の書を読んだ曹操が、最も好んだのが兵法書で、

有名な孫子兵法書の注釈、魏武註孫子や、大公陰謀、兵書接要、

兵書論要というような兵法書を執筆したとあります。

 

生涯戦争ばかりしていた曹操が著作に励めたのは、

自分でやらなくて良い事は他人に任せたからなのです。

 

これ以外にも曹操は、グルメでもあり「四時食制」という料理本を書き、

献帝には、九醞春酒法(きゅうおん・しゅんしゅほう)という麹を使った

度数が強く香りの良いお酒の造り方を上奏しています。

また、多数の漢詩を読んで、その天才ぶりが後世に残っていますが、

 

これも、自分でやらないで良い事は、他人に任せると言う

スタンス無くして出来る事では無かったのです。

 

イエコック料理代行サービス

全て自分で決済して、寿命を縮めた諸葛孔明

 

曹操と対照的なのが諸葛亮(しょかつりょう)です。

彼は、長い間、隆中で晴耕雨読していたせいか他人に出来る事は、

他人に任せるという事が出来ず、全て自分で決済し、なまじ有能であった為に

権力を自分に集中させては、仕事を増やし、そのせいで多忙を極め、

ついには、健康を損ねるという悪循環を繰り返しました。

 

孔明には、趣味らしい趣味の話もありませんが、

24時間の仕事人間では自分の為の時間など、持ちようが無かったでしょう。

孔明はライフハックの観点から見ると、落第生なのです。

 

ダスキンの家事代行サービス

あのホリエモンも、自分のやりたい事以外は、他人任せ

 

はじさん書評倶楽部で紹介した「多動力」の著者、堀江貴文も、

やりたい事だけをやる為に、最近では家も持たずにホテル住まいで、

自分の荷物はトランク3つ、仕事はパソコンとスマホで済まし

掃除も洗濯も他人に任せ、食事は全て外食に頼っています。

そうして、自分でやらなくていい事はすべて、他人に任せて、

ガンガン自分のやりたい事だけを行っているのです。

 

これこそ、曹操が実践した事であって、ホリエモンは三国志

読んでいないとは思いますが、なにかしらの実績を残す人は、

上手く、他人に任せてヒマを造っているんですね。

 

 

 

三国志ライフハッカー kawausoの一言

 

一昔前の日本では忙しくて息つく暇もないのが美徳でしたが、

現在成功している企業家は正反対で、自分が自由に使える時間を重視しています。

何故なら、新しいビジネスチャンスが出て来た時に、ヒマがないなら、

それをみすみす取り逃がしてしまうからです。

 

ネット社会は先行者が大きな利益を得る世界であり、乗り遅れると、

自分が始めた頃には、レッドオーシャンという事にもなりかねません。

 

ヒマがない人は時代に取り残され、常に、チャンスを掴む事が出来ず

不利益を被る事がこれから増えていくのです。

 

もし、あなたが、時間に雁字からめで、動く事さえ出来ないなら、

どうか、ヒマを創出して新しい事をキャッチして始められる準備をしましょう。

他人に任せられる事は他人へ、これが成功する人のキーワードなのです。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志と夏の風物詩「蚊」は古代中国の偉人も苦労していた

関連記事:【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』
  2. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない…
  3. 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説
  4. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今…
  5. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後…
  6. まるで現在の政治批判、商鞅の改革論がヤバすぎる
  7. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな…
  8. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  2. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1
  3. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  4. 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの?
  5. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  6. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は

三國志雑学

  1. 愛妻家の魏の将軍、郭淮
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 大砲発射

おすすめ記事

蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介! 【祝】 山崎賢人主演で漫画「キングダム」実写化!キャスティングを大胆予想 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄 司馬昭の死因と大きな決断とは一体何!? 袁家をイジメる董卓 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!? 車に乗る諸葛亮 演義で諸葛亮が分身の術を使っている! 五虎大将軍の馬超 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち

おすすめ記事

  1. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  2. 【9月の見どころ】9/9公開予定:本能寺の変に黒幕はいなかった! 衝撃の明智光秀単独犯説
  3. 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの? キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  4. 井伊直弼の家系図は豪華絢爛!
  5. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?
  6. 北条早雲が残した名言から、現代の私たちが学べるコト
  7. 【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術
  8. 実は馬超は漢民族じゃなく異民族だった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP