キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての魏

杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国志マニアになろう




 

曹操(そうそう)曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)の三代の君主に仕えた杜襲(としゅう)

三国志を深く知っている方でもなかなか知っている人はいないのではないのでしょうか。

そこで今回は三国志マニアへの第一歩としてマイナー文官・杜襲が、

曹魏三代の君主に仕えてどのような活躍を行ったのか。

この点をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった?




杜襲の活躍その1 曹操時代:漢中で大活躍

 

杜襲曹操が許に後漢王朝の皇帝を迎えた時に仕えた文官です。

彼は曹操に仕えるた始めの頃は県長の位からスタート。

その後着実に功績を重ねていき曹操が張魯(ちょうろ)征伐を行った際、

従軍していくことになります。

曹操は張魯を降伏させて彼の領土である漢中を領有することになります。

この時に曹操は杜襲に漢中の駐屯軍の監督役を任せて帰還。

彼は占領されたばかりの漢中の民衆達を安心させることに努めた結果、

漢中の民衆達はこぞって故郷・漢中捨てて洛陽(らくよう)や鄴(ぎょう)へ移住していきます。

洛陽や鄴へ移住していった漢中の民の数はなんと8万人に及ぶ膨大な民衆の数でした。

その後劉備が漢中を攻略するために出陣。

漢中の総司令官であった夏侯淵(かこうえん)が戦死すると

漢中に駐屯していた諸将や兵士達は大混乱を起こします。

しかし杜襲・郭淮(かくわい)張郃(ちょうこう)らが力を合わせて

漢中駐屯軍の諸将や兵士達の動揺を抑えることに努めたため、

漢中駐屯軍は瓦解することなく曹操の援軍が到着する時まで、

持ちこたえることに成功します。

民衆を統治することに秀で、諸将や兵士達の統御にまで才能を及ばせていた杜襲でした。




杜襲の活躍その2 曹丕時代:夏侯尚を優遇するのはやめなさい

 

杜襲は曹操が亡くなり、曹丕の時代にも活躍することになります。

曹丕は曹操から後継者として任命されてから夏侯尚(かこうしょう)と

親しく付き合っておりました。

曹丕は夏侯尚を大いに気に入り、いろいろな相談を行うほど親しい付き合いでした。

杜襲はふたりの親密な付き合い方について曹操へ

「曹丕様は夏侯尚と親しく付き合ったおりますが、

曹丕様が親しく付き合うほどの人物ではないように思われます。

ちょっと注意してもらえませんか。」と提案。

しかし曹操は曹丕に夏侯尚とあんまり親しく付き合うなと注意することはありませんでした。

曹丕はこの事を知ると杜襲を不快に思い始めますが、

杜襲の予言は当たることになるのです。

夏侯尚は側室が大好きでしたが、

彼女が亡くなってしまうと彼は彼女が亡くなったことに対するショックが大きすぎて、

腑抜けになってしまいます。

夏侯尚は側室の葬儀が終わって土に彼女の遺体を埋めた後、

土を掘り返して彼女の顔を見ていたそうです。

夏侯尚のこの様子を知った曹丕は

「杜襲が夏侯尚を嫌った理由が今はっきりとわかったわい」と述べたそうです。

曹丕の時代は活躍というよりも予見力に秀でた部分をご紹介させていただきました。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

杜襲の活躍その3 曹叡時代:曹真・司馬仲達の軍師として活躍

 

杜襲は曹丕が亡くなると曹叡に仕えることになります。

彼は曹丕時代よりも領土の大きい侯の位を与えられて昇進することになります。

曹叡の時代蜀の諸葛孔明が度々軍勢を北上させ、

魏の領土に侵攻することを繰り返しておりました。

孔明が初めて北伐を行った際、

孔明の蜀軍を迎撃した魏軍の総司令官は曹真(そうしん)でした。

杜襲は曹真軍師として孔明の北伐軍と戦うことになります。

曹真が亡くなると司馬懿が蜀軍迎撃軍の総司令官に就任し、

杜襲も司馬懿軍師として活躍し的確な助言を度々していたそうです。

曹叡時代には軍事に参加して活躍していた杜襲でした。

 

関連記事:曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

関連記事:【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回はかなりマイナーな武将である杜襲をご紹介しました。

はじさんでは有名な武将が多く出揃っているので、

レンとしては今後マイナー武将or文官列伝としてちょっとずつご紹介していく予定です。

ぜひ三国志の知識を深めていきたいとか三国志の有名じゃないマイナー武将も知りたい!!

などご興味のある方は読んで頂ければ幸いに存じます。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい

関連記事:衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孫権と劉備と曹丕 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風…
  2. 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!
  3. 対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった
  4. 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったか…
  5. ダムが完成した蜀 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ
  6. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  7. 劉禅 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った
  8. 孟嘗君 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志のモブ 反乱
  2. 夏侯惇
  3. 張遼・楽進・李典
  4. 孫権 弔い出陣
  5. 黒船(ミシシッピ号)
  6. 司馬遷(しばせん)
  7. 敗北する馬岱

おすすめ記事

  1. 【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの? 呉懿と魏延
  2. 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数 育てる三国志の華
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/27〜7/3】
  4. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?
  5. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!? 劉邦
  6. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介 三国志の英雄(魏 呉 蜀)

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 劉寵と袁術
  3. 劉備と孫権


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 徳川家を守った篤姫
  2. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  3. 黒田官兵衛
  4. キングダム54巻amazon
  5. 宴会マナーと酒(古代中国)
  6. 藏覇(臧覇)

おすすめ記事

司馬懿 司馬懿渾身の迷作?「讌飲詩」について徹底分析! 料理人 これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集! 部下をいじめる曹丕 なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの? 夏侯淵 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか? 太史慈が劉繇に対して忠義ゼロだった!? 丸木舟(弥生時代) 古墳時代の海外交易「船が陸を渡る」壮大な航海を解説 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/6〜2/12】 三国志大学 曹操 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP