曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国天武

【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介

この記事の所要時間: 253




 

全世界3000万人がプレイしている超人気スマホゲーム・三国天武。

黒田レンはこのゲームを個人的にやっていることもあり、

前回初心者のおすすめ攻略情報として、内政編をご紹介しました。

今回は黒田レンもお世話になっているかっこよく強いおすすめ武将をご紹介していきたい

と思います。

一体誰がおすすめ武将として紹介されるのか。

三国天武の攻略記事とオススメ武将が、気になる方はぜひご覧下さい!!

 

前回記事:【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志の世界へ「内政編」

 

【三国天武の無料ダウンロードはこちら】

 

三国天武おすすめ武将その1:曹操を追い詰めた最強軍師!?賈詡(かく)

 

黒田レンがオススメする三国天武の武将その1は、

曹操の息子・曹昂(そうこう)典韋(てんい)を殺害し、

曹操を打ち取る一歩手前まで追い詰めた賈詡(かく)です。

かっこいいとは言えませんが、三国天武ではかなり強い部類に入る武将で、

各サイトでも紹介されるほどの実力者。

賈詡のスキルは超強力な雷撃攻撃で敵の武将を攻撃。

賈詡の雷撃スキルは遠距離だろうが、

近距離だろうが関係なく攻撃することのできるスキルで、非常に優秀です。

手に入れるのは難しいですが、

手に入れば主力武将として使用することができる軍師です。




三国天武おすすめ武将その2:赤壁の戦いで大活躍したイケメン都督・周瑜(しゅうゆ)

 

 

黒田レンがオススメする三国天武の武将その2は、

赤壁の戦いで曹操軍を撃退して大活躍した孫呉の若き大都督・周瑜(しゅうゆ)です。

史実の周瑜はかっこよすぎて周りから、

美周郎(びしゅうろう)とあだ名されるほどのイケメンでした。

周瑜は三国天武でもうイケメン武将として登場。

イケメン周瑜は「火炎焦土」と言われるスキルが超強力。

5発の火炎弾を発射し範囲ダメージを与えることのできるスキルとなっており、

敵の建物や武将へ遠距離攻撃を行うことができます。

しかしここで一つ問題があります。

それはイケメン周瑜や賈詡はガチャでは手に入れることができないのです。

ではどうやって黒田レンは周瑜や賈詡を手に入れることが出来たのか。

下記でご紹介しましょう。




三国天武 ガチャじゃ手に入れられない武将を手に入れる方法とは

 

上記の孫堅(そんけん)やイケメン周瑜の星7武将、

星6武将の賈詡を手するためにはどうすればいいのか。

 

 

ガチャでは星5までしか手に入れられません。

ではどうすれば星6や星7の武将を手にすることができるのか。

まず星5の武将を2人levelとスキルをMAXにする必要があります。

星5の武将をlevelとスキルをMAXにして合成すると星6の武将が完成。

そして完成した星6武将のlevelとスキルを再びMAXにした武将を二体用意して、

合成させる星7武将の完成です。

星7武将を手に入れるにはかなり道のりが長いです。

しかし星7を手にすればかなりの戦力になるのでぜひ作ってみてください。

では再び黒田レンのおすすめ武将をご紹介していきましょう。

次はあのスーパー丞相の弟子が登場します。

 

三国天武おすすめ武将その3:諸葛孔明の弟子で蜀漢を守るために戦った大将軍:姜維

 

黒田レンがおすすめする武将その3は諸葛孔明の弟子で、

蜀漢を守るために戦った大将軍・姜維です。

姜維(きょうい)孔明(こうめい)の弟子として色々な事を叩き込まれ、

北伐戦でも活躍。

史実の姜維蒋琬(しょうえん)費禕(ひい)ら蜀の丞相達が亡くなった後、

蜀の大将軍へ就任し幾度も北伐を敢行して蜀漢を守るために戦い続けます。

三国天武ではかなりかっこよく描かれており、

三国志好きの女子には是非とも手に入れて使用したい武将と言えるでしょう。

さて超かっこいい蜀の大将軍・姜維のスキルは近くにいる敵武将へダメージを与えて、

4秒間眩ませる事ができる能力を持っています。

黒田レンの姜維は手に入れたばかりで、レベルMAXになっておりませんが、

期待できる武将として成長させている最中です。

 

三国天武の新武将をご紹介

 

さて10月25日~新しい武将が三国天武に舞い降りてきます。

このかっこいい女性武将は孟獲の奥さん・祝融(しゅくゆう)さんです。

三国志演義では飛刀を得意とする人物でしたが、

三国天武ではどのような武将として登場するのか。

またどのようなスキルを持っているのか。

気になる方はぜひ三国天武をプレイするべし!!

 

【三国天武の無料ダウンロードはこちら】

 

はじめての三国天武攻略まとめ

 

今回は黒田レンが使用しているかっこよくて強いおすすめ武将をご紹介しました。

初めのうちに上記で紹介した武将を手に入れることは困難かもしれませんが、

超強力でかっこいい武将なので、手に入れることができたらぜひ成長させてください。

そして現在三国天武をダウンロードして、

プレイすると超お得なプレゼントがもらえるのです。

それは三国天武をプレイしてから5日ログインするだけで17776円相当のプレゼントをゲットすることができるのです。!!

黒田レンがプレイした時にはこのようなビッグなプレゼントは一切ありませんでした。

三国天武を始めようか迷っているはじめての三国志読者の皆さん。

三国天武を始めるなら今がchanceですよ!!

 

次回記事:【三国天武 攻略その3】諸葛孔明?それとも呂布?三国天武に登場する超強力な星7武将ランキング

 

【三国天武の無料ダウンロードはこちら】




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  2. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  3. 国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?
  4. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天…
  5. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略4】君も今日から曹操!?…
  6. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  7. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる
  8. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  2. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る
  3. キングダム 524話 ネタバレ予想:秦右翼軍動き岳嬰が討死?王翦が信頼する亜光が活躍
  4. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  5. 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人生設計】
  6. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

92話:劉備を徹底的に追い詰める張任 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポンコツなのか キングダム 本ネタバレ 537話 お待たせ!「大将軍の景色」 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る! 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

おすすめ記事

  1. 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち
  2. 橋本左内ゆかりの福井県をナビゲート
  3. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人
  4. 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?
  5. 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家
  6. 【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった?
  7. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  8. 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった曹操の父親

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP