キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の基礎知識

121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る

この記事の所要時間: 434




孔明 出師

 

馬稷(ばしょく)の流言により、強敵司馬懿(しばい)を追放する事に成功した

孔明(こうめい)は、新帝、劉禅(りゅうぜん)に出師(すいし)の表を奉じて、

北伐を決行しました。

しかし、北伐の序盤にして、劉備(りゅうび)存命の頃からの重臣、

魏延(ぎえん)との間で、北伐を巡り意見の相違が発生してしまいます。

ですが、この第一次北伐で孔明は後継者、姜維(きょうい)を得るのです。

 

前回記事:120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?




孔明と魏延が北伐の方針を巡り対立する

魏延

 

趙雲(ちょううん)鄧芝(とうし)を先頭に、北伐の軍を進める孔明ですが、

ここで進軍経路を巡って悩む事になります。

漢中から魏の領地に出るには五つのルートがありました。

いずれのルートも秦嶺山脈の間を通過する道は長安に近道ですが険しく

反対に山脈を迂回するルートは平坦ですが長安までは遠いのです。

 

兵は拙速を貴ぶとは、孫子の言葉です、国力に劣る蜀は、

なるべく早く、長安を占拠して魏軍の反撃をうち砕く必要があります。

ですが、山道を進むのは兵を疲れさせ士気を低下させます。

あまり急ぐと、途中で魏軍に遭遇して撃破されるかも知れません。

 

議論は百出しますが、ここで魏延が、自分の意見を出します。

 

魏延「丞相、それがしに精鋭五千騎を与えて下され、

長安を守る夏候楙(かこう・ぼう)は、家柄だけで出世した青二才です。

それがしが昼に夜を継いで子午(しご)道を駆け抜け、長安に到着すれば、

夏候楙など、軽く蹴散らしてご覧にいれます」




孔明は、魏延の意見を退け、二人の関係に溝が産まれる

魏延 孔明

しかし、孔明は魏延のプランを採用しようとはしませんでした。

何より、子午道は険しい道であり、ここを強行軍すると

長安につく頃には兵の士気がかなり落ちてしまいます。

これで、夏候楙と戦い勝てるのか?というのが第一の不安です。

第二には、仮に夏候楙を打ち破っても、僅か五千の兵力で、

長安を奪還しようとやってくる曹真(そうしん)や張郃(ちょうこう)

大軍をしのげるのか?です。

いずれにせよ、魏延のプランは、失敗を許されない北伐プランにおいて、

余りに冒険的過ぎると孔明には映りました。

 

関連記事:正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将

関連記事:張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

関連記事:魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士?

 

魏延は孔明を内心臆病者と侮る

基礎 孔明の後継者姜維03 魏延

 

プランを却下された魏延は表面では大人しく引き下がりますが

心の内では孔明を蔑みました。

 

魏延(ふん、臆病者め、所詮は机の上の戦しか知らないヤツよ。

戦とは、実際に戦地に立ち、血を見なければ呼吸が掴めぬもの、

孔明が最高指揮官では、到底成功はおぼつくまい)

 

結局孔明は、関山道という最も遠回りのルートを選択します。

安全策を最優先した孔明ですが、ここで思わぬ拾いモノをする事になります。

 

関連記事:【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

関連記事:これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

関連記事:【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…

 

孔明、南安城を計略で落す

孔明 出師

 

孔明は、魏軍を困惑させる為に、趙雲鄧芝を囮として使い斜谷道を進ませます。

これに反応した夏候楙は、斜谷道で趙雲軍と戦い、勝てずに南安城に逃げます。

蜀軍は南安城を攻めると同時に、安定の城主である崔諒(さいりょう)に

偽手紙を送りおびき出して捕まえる事に成功しました。

 

孔明は崔諒に「夏候楙を捕えれば蜀で厚く用いると」誘いをかけます。

崔諒は孔明の計略を逆に利用して孔明を討ち取ろうと夏候楙と密談しますが

そこは、すっかり孔明にばれていました。

崔諒は張笣(ちょうほう)に斬られ、夏候楙は捕らわれます。

 

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  2. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  3. 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒…
  4. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人…
  5. 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?
  6. もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった?
  7. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)につい…
  8. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ
  2. 【禁断の比較】最強は誰だ?世界の神々ランキングベスト9
  3. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  4. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる
  5. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  6. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの? 島津斉彬と天璋院篤姫は実際どんな関係だったの? 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何? 【薩摩vs大英帝国】薩英戦争は勘違いから始まったってホント? 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!? 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】
  2. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!
  3. 【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ!
  4. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明
  5. 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは?
  6. 大久保利通は何で暗殺されたの?紀尾井坂の変(大久保利通暗殺事件)に迫る
  7. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人物
  8. 諸葛均(しょかつきん)とはどんな人?諸葛孔明の弟に迫る!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP