はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?




 

黄忠(こうちゅう)のプロフィール

字)漢升

ピン音)Huáng zhōng (英語・Huang zhong)

出身地)荊州・南陽郡

諡号)剛候

没年)220年

主君)劉表→劉琮→曹操劉備

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情

関連記事:益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将




関羽と互角の戦いを演じたエピソード

 

赤壁の戦いの後、劉備が荊州四郡を制圧した際に帰順することになる黄忠ですが、

三国志演義では関羽との一騎打ちが脚色されています。

勝敗は互角。

最初は馬が負傷し落馬した黄忠ですが、

関羽は乗り馬を替えるように促したために勝負は持ち越しとなります。次

は弓に持ち替え関羽に対した黄忠はあえて射殺せずに、関羽の烏帽子を射ました。

 

黄忠が関羽に匹敵する武勇の持ち主であることを印象付けるエピソードです。

読者にしてみればかなりのインパクトです。

あの関羽が一騎打ちで引き分けることなど稀だからです。

「こんな僻地にこんな凄い武将がまだいたのか・・・」という感じでしょうか。

これが後に、新参の黄忠が「五虎大将」に選ばれることへの抵抗感を削ぐことに繋がります。




定軍山の戦いと軍師・法正(ほうせい)のフォロー

 

217年から劉備軍と曹操軍は漢中付近で戦闘を繰り返します。

曹操軍では張郃が率いる部隊が撃破されたり、

劉備軍では張飛馬超の部隊が敗退したりするわけですが、

両軍の勝敗を決める戦いになったのが、219年春の「定軍山の戦い」になります。

 

このとき、曹操軍の総大将は夏侯淵でした。

夏侯淵は張郃と共に、攻め寄せる劉備軍に対峙します。

三国志正史でも夏侯淵伝と黄忠伝ではやや筋書きが違います

(夏侯淵伝では法正の名前が登場してこない)。

三国志演義になると正史を下地にしながらさらに脚色が加わることになります。

わかりやすいのは三国志演義でしょう。

 

 

夏侯淵が定軍山に陣を置くと、その隣の山を黄忠が奪取します。

夏侯淵がこれに怒って攻め込むと、タイミングを見計らった法正が黄忠に合図を送り、

黄忠が山を駆け下りて「逆落とし」で夏侯淵を討ち取るのです。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

夏侯淵があまりに軽率すぎるのでは

 

しかしこれでは、歴戦の勇を誇る夏侯淵があまりにも戦を知らないことになりますね。

「夏侯淵って本当に強かったのか?」と混乱した読者もいたのではないでしょうか。

正史の方ではどうだったのでしょう。

定軍山の東を張郃(ちょうこう)が守り、南を夏侯淵が守っていましたが、

東の張郃の部隊が苦戦したために夏侯淵は自分の兵の半数を援軍に送ったとあります。

ここでチャンス到来と見た法正が劉備に「今こそ夏侯淵を討つチャンス」と進言するのです。

劉備に命じられた黄忠は山を登り、高所から夏侯淵の陣を襲い、見事に討ち取ることになりました。

 

半数でも守り抜けるという過信が敗北に繋がったといえばそれまでですが、

自分の兵力を割いてまで張郃のヘルプをしようとした「夏侯淵の心意気」に対し、

皆さんはどう感じますか?

 

夏侯淵に「天晴れ」をあげてもいいのではないでしょうか。

え?やっぱり「喝」ですか??曹操は夏侯淵に喝、法正に天晴れを与えていますね。

それを考慮すると、黄忠が夏侯淵を討ち取れたのは法正のおかげだったということでしょう。

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言「老黄忠の最期」

 

夏侯淵を討ち取るという功績をあげたとき、黄忠が幾つだったかはわかりません。

けっこうな高齢だったようです。

そこで中国では「老いてますます盛ん」であることを「老黄忠」と呼ぶようになりました。

あだ名のようなものですね。

日本だと「ひふみん」がこれに該当します。

 

 

正史であれば黄忠は220年に死去しています。

定軍山の戦いのすぐ後のことですね。

しかし三国志演義は高齢者を酷使しており、

黄忠はさらに寿命を延ばされて221年から始まる「夷陵の戦い」にも参戦させられます。

そして劉備に「年寄りは役に立たない」と言われて、

敵陣深く斬り込み重傷を負って亡くなることになります。

まさに老黄忠の面目躍如といった演出ですね(高齢者への虐待ではない)。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

関連記事:趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷ん…
  2. 城 銅雀台 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  3. 茶を楽しむ劉備 劉備も茶を求めた?中国茶の種類
  4. 梁興と馬騰 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の…
  5. 【真・三國無双 Online Z 攻略1】超初心者が三国無双を5…
  6. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】…
  7. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  8. 周瑜 死 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. スーパーDr華佗07 尹正
  2. 関帝廟 関羽
  3. 二刀流の劉備
  4. 逃げる劉備追う曹操
  5. 車に乗る諸葛亮

おすすめ記事

  1. 大改名!?中東でも放送されたアニメ『三国志』 シリア 関羽
  2. 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明
  3. 張郃は不死身のゾンビ将軍だった!? 張コウ 張郃
  4. 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる 疫病が蔓延している村と民人
  5. 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻
  6. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに皇甫嵩を追加しました はじめての三国志からのお知らせ バナー

三國志雑学

  1. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  2. 孔明による出師の表
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. スーパーDr華佗
  2. 平野国臣
  3. 張飛のヨメ

おすすめ記事

張紘が病死したという手紙を読み涙する孫権 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役 二刀流の劉備 劉備は二刀流の達人だったのか?劉備が双剣を所持していた理由 kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇 記録が乏しい孫堅の妻たち 車に乗る諸葛亮 演義で諸葛亮が分身の術を使っている! 李姫 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える 【キングダムネタバレ】合併号予想愛の戦士バジオウ死す!?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP