よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての漢

魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将




 

三国志演義では著名な呂布(りょふ)には、八健将という配下の諸将を抱えていました。

八健将は八人の武将からなり、それぞれに序列が決められています。

 

 

上の序列から、張遼(ちょうりょう)臧覇(ぞうは)、郝萌(かくぼう)

曹性(そうせい)成廉(せいれん)魏続(ぎぞく)

宋憲(そうけん)侯成(こうせい)となります。

序列1位の張遼(ちょうりょう)は魏の将として著名ですし、

2位の臧覇(ぞうは)は正史では呂布(りょふ)の盟友として知られています。

では、逆に下の序列の将はどのような将だったのでしょうか。

今回は八健将の序列でも下位に位置する六位の魏続(ぎぞく)と

七位の宋憲(そうけん)について正史と演義の両方から紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!




正史での魏続宋憲

 

魏続(ぎぞく)は呂布(りょふ)の配下ですが、

呂布(りょふ)の縁戚関係にあったことが知られています。

そのため、呂布(りょふ)もいつも気にかけていたようです。

呂布(りょふ)は配下に、高順(こうじゅん)というかなりの名将を持っていましたが、

彼とは何故か折り合いが合いませんでした。

呂布(りょふ)はやがて高順(こうじゅん)を疎んじるようになり、

高順(こうじゅん)の率いていた勇猛な兵を魏続(ぎぞく)の兵と交換してしまいました。

高順(こうじゅん)の兵は恐らく呂布(りょふ)軍の中でも精鋭でしたので、すごい身内贔屓です。

宋憲(そうけん)は、呂布(りょふ)の配下として彼につき従い、

久しく戦い続けていました。彼の経歴は正史では、あまり残されていません。




正史の魏続と宋憲の活躍

 

魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)の正史での唯一の活躍は、

呂布(りょふ)を裏切り滅亡に招いたことです。

呂布(りょふ)はその生涯最後の戦いで、曹操(そうそう)と下邳城で戦っていました。

この時、魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)、侯成(こうせい)共謀して呂布(りょふ)を裏切り、

呂布(りょふ)を始めその部下の陳宮(ちんきゅう)と高順(こうじゅん)を捕縛し、

曹操軍を城内に招き入れました。

そのため、呂布(りょふ)軍は敗北しました。

最後に呂布(りょふ)は斬首となります。

しかし、その時曹操(そうそう)との以下のような会話が記録されています。

呂布(りょふ)は敗北したことについて、

呂布(りょふ)「諸将が我が恩義を忘れて寝返ったせいで、

こうなっただけで俺はまだ負けていない。」

曹操は「お前は妻を裏切り、諸将の妻を愛した。どこに恩義があるというのか?」

ここで言う諸将には魏続(ぎぞく)が含まれています。

呂布(りょふ)もこの切り替えしには、赤面しかありません。

これ以降、魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)は正史に記述がありません。

 

演義での活躍

 

三国志演義では、魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)を含めた

八健将は呂布(りょふ)とともに「濮陽の戦い」で曹操(そうそう)軍と戦います。

その戦いで、参謀の陳宮(ちんきゅう)の計で魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)らは、

一時は曹操(そうそう)を追い詰めることができました。

その後、曹操(そうそう)軍と呂布(りょふ)軍の戦いは中断した後に再開し、

ある時濮陽の豪族、田氏(でんし)の裏切りにより呂布(りょふ)は城を追われました。

敗北した呂布(りょふ)は当時目立った接点もない小沛城の劉備(りゅうび)の元に落ち延びます。

 

娘の護衛を任される宋憲と魏続

 

この頃、袁術(えんじゅつ)の使者として韓胤(かんいん)が呂布(りょふ)の元を訪ねます。

韓胤(かんいん)は呂布(りょふ)の娘と袁術(えんじゅつ)の息子との縁談を持ちかけます。

呂布(りょふ)は承知し、袁術(えんじゅつ)は報告を受けると、

韓胤(かんいん)に結納の品を届けさせました。

呂布(りょふ)は娘に準備させると、

宋憲(そうけん)・魏続(ぎぞく)に命じて韓胤(かんいん)とともに娘を送らせました。

ところが、この縁談は曹操(そうそう)の計で破談となってしまいます。

 

関連記事:早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話

関連記事:袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード

 

張飛に敗北

 

その後、宋憲(そうけん)・魏続(ぎぞく)が呂布(りょふ)の

命令により山東で良馬三百頭を買いましたが、、

山賊を騙った劉備(りゅうび)の義弟、張飛(ちょうひ)に奪われてしまいます。

張飛(ちょうひ)は呂布(りょふ)を良く思っていませんでした。

このことで劉備(りょうび)と呂布(りょふ)に決定的な亀裂が入ります。

呂布(りょふ)軍から攻撃を受けた劉備(りゅうび)軍は城からの脱出を試みます。

張飛(ちょうひ)が先陣を切って

宋憲(そうけん)と魏続(ぎぞく)らの軍を突破し、逃げました。

宋憲(そうけん)と魏続(ぎぞく)は二人掛かりで張飛(ちょうひ)に易々突破されてしまったようです。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  2. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  3. 妻子を人質に取られすぎな劉備
  4. 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布
  5. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟…
  6. 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?
  7. 78話:龐統初登場、連環の計発動!
  8. 【コワいモノ比較】アメリカ人は悪魔、フランス人は狼、中国人は○○…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志をより深く知る 特集noteバナー(有料)

おすすめ記事

  1. キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い! 李儒と三国志
  2. 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!
  3. 【10月の見どころ】10/12公開予定:【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛 はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる!
  5. もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?
  6. 【緊急】今ならプライム会員10%オフ!歴史小説が熱い【はじさん書評倶楽部】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績 読者の声(2018年10月28日〜11月5日) 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫 曹操と夏侯惇 三国志の時代には誘拐が大流行していた?その驚きの理由とは 蜀の姜維 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーション キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ信」 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?

おすすめ記事

  1. 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!
  2. 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?
  3. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは? 考える諸葛亮孔明
  4. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  5. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 空を飛ぶスーパーマン袁術
  6. はじめての三国志コミュニティをリリースしました! バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  7. 第9話:袁術くん「セルフイメージ」の高め方を学ぶ
  8. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP