魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志演義では著名な呂布(りょふ)には、八健将という配下の諸将を抱えていました。

八健将は八人の武将からなり、それぞれに序列が決められています。

 

 

上の序列から、張遼(ちょうりょう)、臧覇(ぞうは)、郝萌(かくぼう)

曹性(そうせい)成廉(せいれん)魏続(ぎぞく)

宋憲(そうけん)、侯成(こうせい)となります。

序列1位の張遼(ちょうりょう)は魏の将として著名ですし、

2位の臧覇(ぞうは)は正史では呂布(りょふ)の盟友として知られています。

では、逆に下の序列の将はどのような将だったのでしょうか。

今回は八健将の序列でも下位に位置する六位の魏続(ぎぞく)と

七位の宋憲(そうけん)について正史と演義の両方から紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!


正史での魏続と宋憲

 

魏続(ぎぞく)は呂布(りょふ)の配下ですが、

呂布(りょふ)の縁戚関係にあったことが知られています。

そのため、呂布(りょふ)もいつも気にかけていたようです。

呂布(りょふ)は配下に、高順(こうじゅん)というかなりの名将を持っていましたが、

彼とは何故か折り合いが合いませんでした。

呂布(りょふ)はやがて高順(こうじゅん)を疎んじるようになり、

高順(こうじゅん)の率いていた勇猛な兵を魏続(ぎぞく)の兵と交換してしまいました。

高順(こうじゅん)の兵は恐らく呂布(りょふ)軍の中でも精鋭でしたので、すごい身内贔屓です。

宋憲(そうけん)は、呂布(りょふ)の配下として彼につき従い、

久しく戦い続けていました。彼の経歴は正史では、あまり残されていません。


正史の魏続と宋憲の活躍

 

魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)の正史での唯一の活躍は、

呂布(りょふ)を裏切り滅亡に招いたことです。

呂布(りょふ)はその生涯最後の戦いで、曹操(そうそう)と下邳城で戦っていました。

この時、魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)、侯成(こうせい)共謀して呂布(りょふ)を裏切り、

呂布(りょふ)を始めその部下の陳宮(ちんきゅう)と高順(こうじゅん)を捕縛し、

曹操軍を城内に招き入れました。

そのため、呂布(りょふ)軍は敗北しました。

最後に呂布(りょふ)は斬首となります。

しかし、その時曹操(そうそう)との以下のような会話が記録されています。

呂布(りょふ)は敗北したことについて、

呂布(りょふ)「諸将が我が恩義を忘れて寝返ったせいで、

こうなっただけで俺はまだ負けていない。」

曹操は「お前は妻を裏切り、諸将の妻を愛した。どこに恩義があるというのか?」

ここで言う諸将には魏続(ぎぞく)が含まれています。

呂布(りょふ)もこの切り替えしには、赤面しかありません。

これ以降、魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)は正史に記述がありません。


演義での活躍

 

三国志演義では、魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)を含めた

八健将は呂布(りょふ)とともに「濮陽の戦い」で曹操(そうそう)軍と戦います。

その戦いで、参謀の陳宮(ちんきゅう)の計で魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)らは、

一時は曹操(そうそう)を追い詰めることができました。

その後、曹操(そうそう)軍と呂布(りょふ)軍の戦いは中断した後に再開し、

ある時濮陽の豪族、田氏(でんし)の裏切りにより呂布(りょふ)は城を追われました。

敗北した呂布(りょふ)は当時目立った接点もない小沛城の劉備(りゅうび)の元に落ち延びます。


  

 

娘の護衛を任される宋憲と魏続

 

この頃、袁術(えんじゅつ)の使者として韓胤(かんいん)が呂布(りょふ)の元を訪ねます。

韓胤(かんいん)は呂布(りょふ)の娘と袁術(えんじゅつ)の息子との縁談を持ちかけます。

呂布(りょふ)は承知し、袁術(えんじゅつ)は報告を受けると、

韓胤(かんいん)に結納の品を届けさせました。

呂布(りょふ)は娘に準備させると、

宋憲(そうけん)・魏続(ぎぞく)に命じて韓胤(かんいん)とともに娘を送らせました。

ところが、この縁談は曹操(そうそう)の計で破談となってしまいます。

 

関連記事:早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話

関連記事:袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード

 

張飛に敗北

 

その後、宋憲(そうけん)・魏続(ぎぞく)が呂布(りょふ)の

命令により山東で良馬三百頭を買いましたが、、

山賊を騙った劉備(りゅうび)の義弟、張飛(ちょうひ)に奪われてしまいます。

張飛(ちょうひ)は呂布(りょふ)を良く思っていませんでした。

このことで劉備(りょうび)と呂布(りょふ)に決定的な亀裂が入ります。

呂布(りょふ)軍から攻撃を受けた劉備(りゅうび)軍は城からの脱出を試みます。

張飛(ちょうひ)が先陣を切って

宋憲(そうけん)と魏続(ぎぞく)らの軍を突破し、逃げました。

宋憲(そうけん)と魏続(ぎぞく)は二人掛かりで張飛(ちょうひ)に易々突破されてしまったようです。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 蜀の劉琦

    デザイン担当:よりぶりん

    72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る

    曹操(そうそう)の50万の大軍に押され、…

  2. 成廉、魏越、呂布
  3. 梁興
  4. 徐璆
  5. 韓玄(かんげん)
  6. 曹操を逃す関羽

    デザイン担当:よりぶりん

    80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす

    紅蓮の炎に包まれる自分の軍団を見たら、誰で…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP