キングダム
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

はじめての漢

魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将

張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)




 

三国志演義では著名な呂布(りょふ)には、八健将という配下の諸将を抱えていました。

八健将は八人の武将からなり、それぞれに序列が決められています。

 

 

上の序列から、張遼(ちょうりょう)臧覇(ぞうは)、郝萌(かくぼう)

曹性(そうせい)成廉(せいれん)魏続(ぎぞく)

宋憲(そうけん)侯成(こうせい)となります。

序列1位の張遼(ちょうりょう)は魏の将として著名ですし、

2位の臧覇(ぞうは)は正史では呂布(りょふ)の盟友として知られています。

では、逆に下の序列の将はどのような将だったのでしょうか。

今回は八健将の序列でも下位に位置する六位の魏続(ぎぞく)と

七位の宋憲(そうけん)について正史と演義の両方から紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!




正史での魏続宋憲

 

魏続(ぎぞく)は呂布(りょふ)の配下ですが、

呂布(りょふ)の縁戚関係にあったことが知られています。

そのため、呂布(りょふ)もいつも気にかけていたようです。

呂布(りょふ)は配下に、高順(こうじゅん)というかなりの名将を持っていましたが、

彼とは何故か折り合いが合いませんでした。

呂布(りょふ)はやがて高順(こうじゅん)を疎んじるようになり、

高順(こうじゅん)の率いていた勇猛な兵を魏続(ぎぞく)の兵と交換してしまいました。

高順(こうじゅん)の兵は恐らく呂布(りょふ)軍の中でも精鋭でしたので、すごい身内贔屓です。

宋憲(そうけん)は、呂布(りょふ)の配下として彼につき従い、

久しく戦い続けていました。彼の経歴は正史では、あまり残されていません。




正史の魏続と宋憲の活躍

 

魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)の正史での唯一の活躍は、

呂布(りょふ)を裏切り滅亡に招いたことです。

呂布(りょふ)はその生涯最後の戦いで、曹操(そうそう)と下邳城で戦っていました。

この時、魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)、侯成(こうせい)共謀して呂布(りょふ)を裏切り、

呂布(りょふ)を始めその部下の陳宮(ちんきゅう)と高順(こうじゅん)を捕縛し、

曹操軍を城内に招き入れました。

そのため、呂布(りょふ)軍は敗北しました。

最後に呂布(りょふ)は斬首となります。

しかし、その時曹操(そうそう)との以下のような会話が記録されています。

呂布(りょふ)は敗北したことについて、

呂布(りょふ)「諸将が我が恩義を忘れて寝返ったせいで、

こうなっただけで俺はまだ負けていない。」

曹操は「お前は妻を裏切り、諸将の妻を愛した。どこに恩義があるというのか?」

ここで言う諸将には魏続(ぎぞく)が含まれています。

呂布(りょふ)もこの切り替えしには、赤面しかありません。

これ以降、魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)は正史に記述がありません。

 

演義での活躍

 

三国志演義では、魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)を含めた

八健将は呂布(りょふ)とともに「濮陽の戦い」で曹操(そうそう)軍と戦います。

その戦いで、参謀の陳宮(ちんきゅう)の計で魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)らは、

一時は曹操(そうそう)を追い詰めることができました。

その後、曹操(そうそう)軍と呂布(りょふ)軍の戦いは中断した後に再開し、

ある時濮陽の豪族、田氏(でんし)の裏切りにより呂布(りょふ)は城を追われました。

敗北した呂布(りょふ)は当時目立った接点もない小沛城の劉備(りゅうび)の元に落ち延びます。

 

娘の護衛を任される宋憲と魏続

 

この頃、袁術(えんじゅつ)の使者として韓胤(かんいん)が呂布(りょふ)の元を訪ねます。

韓胤(かんいん)は呂布(りょふ)の娘と袁術(えんじゅつ)の息子との縁談を持ちかけます。

呂布(りょふ)は承知し、袁術(えんじゅつ)は報告を受けると、

韓胤(かんいん)に結納の品を届けさせました。

呂布(りょふ)は娘に準備させると、

宋憲(そうけん)・魏続(ぎぞく)に命じて韓胤(かんいん)とともに娘を送らせました。

ところが、この縁談は曹操(そうそう)の計で破談となってしまいます。

 

関連記事:早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話

関連記事:袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード

 

張飛に敗北

 

その後、宋憲(そうけん)・魏続(ぎぞく)が呂布(りょふ)の

命令により山東で良馬三百頭を買いましたが、、

山賊を騙った劉備(りゅうび)の義弟、張飛(ちょうひ)に奪われてしまいます。

張飛(ちょうひ)は呂布(りょふ)を良く思っていませんでした。

このことで劉備(りょうび)と呂布(りょふ)に決定的な亀裂が入ります。

呂布(りょふ)軍から攻撃を受けた劉備(りゅうび)軍は城からの脱出を試みます。

張飛(ちょうひ)が先陣を切って

宋憲(そうけん)と魏続(ぎぞく)らの軍を突破し、逃げました。

宋憲(そうけん)と魏続(ぎぞく)は二人掛かりで張飛(ちょうひ)に易々突破されてしまったようです。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 李傕(りかく)とはどんな人?董卓よりも横暴な政治を行った暴虐な政…
  2. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  3. 秦宓(しんふく)とはどんな人?口先プロフェッショナルの人生
  4. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  5. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランス…
  6. 唐周(とうしゅう) 唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者
  7. 袁術と一緒にはちみつを楽しむ袁燿(えんよう) 袁燿とはどんな人?袁術の息子で正史と三国志演義で全然違う生涯を送…
  8. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 解煩督 呉
  3. 耶律阿保機
  4. 悩む司馬炎
  5. 袁尚と対立する袁譚
  6. 阿部正弘

おすすめ記事

  1. 【有料記事】諸葛亮は陣中ではなく村で死んでいた 過労死する諸葛孔明
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  3. 月照はどんな人?西郷どん最愛のお坊さん?
  4. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く 司馬懿と公孫淵
  5. 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  6. 魯粛と関羽の一騎打ちの行方は?

三國志雑学

  1. 蒋琬(しょうえん)
  2. 黄巾賊
  3. 上杉謙信
  4. 日本に目指さした孫権
  5. 海賊時代の孫堅と孫策


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 諦める公孫サン(公孫瓚)
  2. 卞夫人 曹操
  3. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  4. 石亭の戦いで交える曹休と周魴(しゅうほう)
  5. 山頂に陣を敷いた馬謖
  6. 酒を飲む曹操と劉備と呂布
  7. 李儒と三国志

おすすめ記事

キングダム最新612話ネタバレ予想「カイネvs糸凌の戦いの決着は?」 孔明君のジャングル探検 ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍 黄金ジェット、黄金スペースシャトル 【黄金ジェットの謎】南アメリカ最大の謎・黄金スペースシャトルに迫る【HMR】 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう) 陸遜 陸遜の考察は三国志ライターろひもと視点ではこんな感じ 関羽 樊城の戦いで起こった関羽の水攻め!そこには計り知れないダメージがあった? 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP