張遼に子孫はいたの?やっぱり子供たちも最強?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

劉備(りゅうび)の息子には劉禅(りゅうぜん)

そして孫権(そんけん)の息子には孫登(そんとう)

また三国志演義(さんごくしえんぎ)では夷陵(いりょう)の戦いで

活躍した関羽(かんう)の息子・関興(かんこう)関索(かんさく)などが登場。

関羽の息子二人は、関羽に似てとても強く凛々しい武将でした。

また同じく三国志演義ですが呂布(りょふ)の娘も登場しています。

このように三国志の君主や名将にも子供達がいました。

では魏の名将として名高い張遼(ちょうりょう)にも息子がいたのでしょうか。

そして張遼の息子も張遼と同じく最強だったのでしょうか。

今回は張遼の息子達をご紹介していきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷

関連記事:合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?


魏最強の張遼にも子孫はいたの!?

 

魏の名将として活躍し、魏の武将の中で最強として名高い張遼。

張遼には果たして子孫がいたのでしょうか。

ちょっと調べてみました。

するとちゃんと張遼にも子孫がいたことが判明。

まず張遼の息子には張虎(ちょうこ)と呼ばれる人物がいました。

そしてこの張虎の息子、張遼にとっては孫にあたる人物で、

張統(ちょうとう)と呼ばれる人物がいます。

また張遼には兄貴がいました。

兄貴の名前は張汎(ちょうはん)といいます。

このように魏の名将・張遼の血脈は途絶えることなく魏に脈づいていました。


張遼の息子・張虎は一体どんな人!?

 

張遼の息子と子孫達をここからご紹介していきましょう。

まずは張遼の息子・張虎からです。

張虎は正史三国志によると父・張遼が亡くなると父の跡を継ぐ事になります。

その後魏の皇帝・曹丕(そうひ)は張遼の合肥での戦ぶりをたたえて、

張虎に侯の位を与えます。

そして張虎は偏将軍(へんしょうぐん)の位を与えられた後、

亡くなったそうです。

張虎の実績が正史三国志にほとんど記載がなく、あまり活躍していない人物なのかと思いきや、

実力で将軍の位を与えられており、それなりに活躍した人物なのでしょう。

三国志演義の張虎は楽進の息子・楽綝(がくちん)とペアを組んで

諸葛亮(りょかつりょう)の軍勢と戦いますが、やられやくとして読者を楽しませています。

しかしやられ役の張虎ですが、

司馬懿(しばい)と一緒に公孫淵(こうそんえん)討伐に参加し活躍。

レンの予想ですが、張虎はそれなりの武将だったのではないのかなと思います。

しかし張遼のように最強の将軍なのかと問われると・・・・。

ちょっと最強には物足りないですね。

 

 三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

張遼の孫・張統とは一体どんな人!?

 

張虎はそれなりに活躍した人物ですが、

父・張遼のような華々しい活躍を戦場ですることなく、最強とは呼べない人物でした。

では張遼の孫・張統は張遼に似て最強の将軍と言えるような活躍をしたのでしょうか。

張統は張虎よりも記載がなく、父・張虎の死後、

張虎の跡を継いで領地を引き継いだとしか記載がありません。

張統の記載がこれだけ少ないということは、あまり活躍した人物ではなく、

とても最強と呼べるような人物ではないでしょう。


張遼の容姿は!?

 

最後に張遼の容姿についてご紹介しましょう。

蒼天航路(そうてんこうろ)の張遼は凛々しくて、カッコよく描かれています。

しかし合肥の戦いでの張遼は冷徹な表情をしており、

孫権を追い詰めている時の表情は恐ろしい顔をしていました。

また張遼は関羽(かんう)と一度は戦ってみたいとのシーンが描かれており、

関羽に何か強い思いがある人物のように思えます。

では横山光輝(よこやまみつてる)三国志の張遼はどのように描かれているのでしょうか。

横山光輝三国志の張遼は黒い鎧が特徴的でヒゲを生やした人物が、

張遼と名前が書かれていないと判別しにくい武将です。

(横山光輝三国志は劉備や関羽、張飛などの蜀の武将以外はちょっと分かりにくい

ところがあるのが残念です。)

レンは横山光輝三国志よりも蒼天航路の方がかっこよくて、イケメンだと思います。


  

三国志ライター黒田レンの独り言

 

張虎・張統は張遼の一族ですが、最強と呼ばれるような活躍をしなかったようです。

父が最強でも息子や孫の代になると弱くなってしまうのは張遼だけでなく、

張飛や孔明(こうめい)、曹仁(そうじん)などの将軍達にも言えることです。

三国志の二世武将達の頑張っている姿が知りたい方は、

はじめての三国志で「二世武将」で検索してみてね。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書 今鷹真訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編

関連記事:遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

 

北伐の真実に迫る

関連記事

  1. 髠刑を受ける劉備
  2. 張飛の男気人生
  3. 城を守り抜く満寵
  4. 袁紹
  5. 孔明インタビュー
  6. 張魯

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP