コメント機能リリース
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張遼に子孫はいたの?やっぱり子供たちも最強?




 

劉備(りゅうび)の息子には劉禅(りゅうぜん)

そして孫権(そんけん)の息子には孫登(そんとう)

また三国志演義(さんごくしえんぎ)では夷陵(いりょう)の戦いで

活躍した関羽(かんう)の息子・関興(かんこう)関索(かんさく)などが登場。

関羽の息子二人は、関羽に似てとても強く凛々しい武将でした。

また同じく三国志演義ですが呂布(りょふ)の娘も登場しています。

このように三国志の君主や名将にも子供達がいました。

では魏の名将として名高い張遼(ちょうりょう)にも息子がいたのでしょうか。

そして張遼の息子も張遼と同じく最強だったのでしょうか。

今回は張遼の息子達をご紹介していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷

関連記事:合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?

魏最強の張遼にも子孫はいたの!?

 

魏の名将として活躍し、魏の武将の中で最強として名高い張遼。

張遼には果たして子孫がいたのでしょうか。

ちょっと調べてみました。

するとちゃんと張遼にも子孫がいたことが判明。

まず張遼の息子には張虎(ちょうこ)と呼ばれる人物がいました。

そしてこの張虎の息子、張遼にとっては孫にあたる人物で、

張統(ちょうとう)と呼ばれる人物がいます。

また張遼には兄貴がいました。

兄貴の名前は張汎(ちょうはん)といいます。

このように魏の名将・張遼の血脈は途絶えることなく魏に脈づいていました。

張遼の息子・張虎は一体どんな人!?

 

張遼の息子と子孫達をここからご紹介していきましょう。

まずは張遼の息子・張虎からです。

張虎は正史三国志によると父・張遼が亡くなると父の跡を継ぐ事になります。

その後魏の皇帝・曹丕(そうひ)は張遼の合肥での戦ぶりをたたえて、

張虎に侯の位を与えます。

そして張虎は偏将軍(へんしょうぐん)の位を与えられた後、

亡くなったそうです。

張虎の実績が正史三国志にほとんど記載がなく、あまり活躍していない人物なのかと思いきや、

実力で将軍の位を与えられており、それなりに活躍した人物なのでしょう。

三国志演義の張虎は楽進の息子・楽綝(がくちん)とペアを組んで

諸葛亮(りょかつりょう)の軍勢と戦いますが、やられやくとして読者を楽しませています。

しかしやられ役の張虎ですが、

司馬懿(しばい)と一緒に公孫淵(こうそんえん)討伐に参加し活躍。

レンの予想ですが、張虎はそれなりの武将だったのではないのかなと思います。

しかし張遼のように最強の将軍なのかと問われると・・・・。

ちょっと最強には物足りないですね。

 

 三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

張遼の孫・張統とは一体どんな人!?

 

張虎はそれなりに活躍した人物ですが、

父・張遼のような華々しい活躍を戦場ですることなく、最強とは呼べない人物でした。

では張遼の孫・張統は張遼に似て最強の将軍と言えるような活躍をしたのでしょうか。

張統は張虎よりも記載がなく、父・張虎の死後、

張虎の跡を継いで領地を引き継いだとしか記載がありません。

張統の記載がこれだけ少ないということは、あまり活躍した人物ではなく、

とても最強と呼べるような人物ではないでしょう。

 

張遼の容姿は!?

 

最後に張遼の容姿についてご紹介しましょう。

蒼天航路(そうてんこうろ)の張遼は凛々しくて、カッコよく描かれています。

しかし合肥の戦いでの張遼は冷徹な表情をしており、

孫権を追い詰めている時の表情は恐ろしい顔をしていました。

また張遼は関羽(かんう)と一度は戦ってみたいとのシーンが描かれており、

関羽に何か強い思いがある人物のように思えます。

では横山光輝(よこやまみつてる)三国志の張遼はどのように描かれているのでしょうか。

横山光輝三国志の張遼は黒い鎧が特徴的でヒゲを生やした人物が、

張遼と名前が書かれていないと判別しにくい武将です。

(横山光輝三国志は劉備や関羽、張飛などの蜀の武将以外はちょっと分かりにくい

ところがあるのが残念です。)

レンは横山光輝三国志よりも蒼天航路の方がかっこよくて、イケメンだと思います。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

張虎・張統は張遼の一族ですが、最強と呼ばれるような活躍をしなかったようです。

父が最強でも息子や孫の代になると弱くなってしまうのは張遼だけでなく、

張飛孔明(こうめい)、曹仁(そうじん)などの将軍達にも言えることです。

三国志の二世武将達の頑張っている姿が知りたい方は、

はじめての三国志で「二世武将」で検索してみてね。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書 今鷹真訳など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編

関連記事:遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

 

北伐の真実に迫る

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 呂布のあっけない最後 呂布の最期、下邳の戦い。もう一度呂布という武将を見直そう
  2. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  3. 張昭 VS 孫権 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  4. 黄月英 諸葛亮の妻・黄月英は伝説だらけのスーパーレディな件
  5. 甘寧 裏切る ゆるキャラ 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?
  6. 【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた?
  7. はじめての三国志 画像準備中 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政…
  8. 蜀の外交官・鄧芝 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 趙雲
  2. 後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎
  3. 蜀の魏延
  4. 庶民、村人の家
  5. 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250

おすすめ記事

  1. 東京五輪終了後、競技施設と選手村はどうなるの?【レガシー問題】 東京五輪のボランティア いだてん
  2. 白帝城はどこにあるの?劉備が星になった場所を紹介 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  3. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる! 蜀の劉備
  4. 樊城の戦いで関羽は○○をすれば死なずに勝利できた【if三国志】 強くなる関羽
  5. 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4 旅馬 三国志
  6. 藤田東湖が「せごどん」を生み出した?水戸学のカリスマの生涯 口うるさい徳川斉昭

三國志雑学

  1. 三国志の地図(州)
  2. 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  3. 孔明による出師の表
  4. 魯粛、孫権、孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏延と姜維
  2. 羅憲
  3. 澶淵の盟 北宋と遼の盟約
  4. 段ワイ、献帝
  5. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国

おすすめ記事

魯粛と関羽の一騎打ちの行方は? 三国志演義が今どき嫌われる理由 劉備 食客 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 解煩督 呉 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの? 曹操 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い! 龐統と的盧 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死 陸遜 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙 蜀の姜維 姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP